いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
長周新聞社

高杉への山口県民の強い思い 突然の東行記念館閉館騒動に憤り

 高杉晋作の墓が奇兵隊士の墓とともにある下関市吉田の東行庵から、突如として高杉関連資料が持ち出され東行記念館がつぶれるという事態になり、地元の吉・・・

山口県2003.2.11 

長周新聞社

500万円以上も競争入札に 下関市の公共事業 中小潰しの全国モデル

 下関市(江島潔市長)は4月1日から、電子入札と条件つき一般競争入札を500万円以上の中小公共事業にも導入する方針を明らかにした。2000万円以・・・

山口県2003.1.31 

長周新聞社

私の読んだみすゞの詩 悲しみを素直に美しく 母の人生と二重写しに  下関市中之町 さろんどルワ店主 

 不思議私は不思議でたまらない、黒い雲からふる雨が、銀にひかっていることが。私は不思議でたまらない、青い桑の葉たべている、蚕(かいこ)が白くなる・・・

教育・文化2003.1.30 

長周新聞社

私の読んだみすゞの詩 汚れのない美しい詩心 見たままを素直に歌う  下関・路の会 吉本 幸子      

 みすゞさんは、あのご年齢であのような純真な詩をよく書かれたと思います。そこには家庭の問題などいろんな苦労をされたこともありましょうが、子どもの・・・

教育・文化2003.1.23 

私の読んだみすゞの詩 あたたかく強い眼差し 実人生の生き方を投影  下関・教員 有澤 祐紀子       

 わたしは一八歳で結婚して三人の子どもを生み育て、その後文学を学ぶために高校生といっしょに大学を受験しました。そして、文学のおもしろさを子どもた・・・

教育・文化2002.12.24 

長周新聞社

日朝国交正常化と拉致問題 

 日朝首脳による9月の「平壌宣言」で国交正常化の道が開け、両国民に歓迎された。戦後半世紀以上もつづいた敵対的な交戦状態を終結して国交を正常化する・・・

国際2002.11.21 

長周新聞社

下関市・江島市政の中身 市民に冷酷、アメリカを崇拝 グローバル政治に投機

 来年四月の下関市長選まで半年を切ったが、現職の江島潔氏への批判は市民のなかで渦巻いているのに、対抗勢力はなしという事態となっている。世の中は「・・・

山口県2002.11.19 

<論壇> 日朝人民の団結を阻害する排他的な民族利己主義  

 日朝首脳会談によって、共同宣言がかわされ国交正常化することが約束された。戦前において日本に併合し、乱暴な植民地支配をつづけたことを謝罪もせず、・・・

国際2002.10.5 

<論壇>誇りある日本民族として重要な日朝国交正常化

 小泉首相が訪朝し、金正日総書記と会談して、国交正常化交渉を再開する共同宣言をした。日朝間の国交を正常化させ、善隣友好関係を発展させることは、日・・・

国際2002.9.19 

長周新聞社

2002年原水爆禁止広島集会 全広島を代表した集会デモ

 「峠三吉の時期の運動をめざす二〇〇二年原水爆禁止広島集会」が六日午後一時から広島市中区のアステールプラザで開かれ、山口、広島、岡山など中国地方・・・

平和運動2002.8.8 

長周新聞社

原水禁全国実行委員が広島宣伝  広島の底力が動き始めた

 アメリカ政府に謝罪させ全国民的規模の運動を起こそう」とアピール署名と宣伝活動は、第三週目を迎え広島市民のなかで確実に反響が広がっている。三、四・・・

平和運動2002.8.6 

加害責任論の不思議

 広島では「軍都だから原爆を落とされた」「真珠湾攻撃や中国侵略など悪いことをしたから落とされた」ということが、山口県などからみたら不思議なほど浸・・・

コラム狙撃兵2002.8.3 

長周新聞社

戦時国家作りの市町村合併  地方自治の形もなくす

 日本中の県庁や市役所、町村役場ではいま、市町村合併問題で大騒ぎをしている。住民のほとんどは、合併の要求などしていないし、「なぜ騒ぐのか」という・・・

山口県2002.7.6 

<論壇> 戦争の反省覆す地方自治の破壊・市町村合併 

 地方自治の原則は、かつて天皇を主権者とする中央集権国家のもとで、民主主義を否定して犯罪的な戦争をひき起こしたという反省に立って、戦後、憲法で主・・・

社会2002.7.2 

長周新聞社

下関原爆被害者の会総会 私心なく語る使命で団結 

 下関原爆被害者の会(吉本幸子会長)の平成14年度総会が26日、下関市の西部公民館で開催された。総会は被爆体験を若い世代に語りつぐことを社会的な・・・

平和運動2002.5.30 

長周新聞社

有事法反対東京集会 命かけた戦争阻止課題 下からの共斗で4万人集会

航空労組を先頭に団結 意気盛んに国会デモ  有事法三法案にたいして大多数の人人が「新たな軍靴の足音が聞こえる」と危惧(ぐ)を強めているなかの24・・・

平和運動2002.5.18 

長周新聞社

民族の恥さらす有事法制 なぜ米国の為に死ぬか

 小泉政府が、アメリカの「テロ撲滅」のための「永遠の正義」と称するアフガン戦争に自衛隊を派遣したのにつづいて、今国会で有事法制関連法をとおそうと・・・

政治経済2002.5.2 

林宮司解任策動の全貌  神社地奪い取るヤクザ的手口

   中国電力のすすめる上関原発建設計画は今年で21年目をむかえる。昨年4月に二井関成山口県知事が計画への同意を表明したのをうけて国の電源開発基・・・

山口県2002.4.25 

長周新聞社

旧日銀広島原爆展閉幕式 参観者4000人 被爆者のべ42人語る

広島の心が伝わった  『原爆と峠三吉の詩――原子雲の下よりすべての声は訴える』の下関原爆展パネルを使用し、11月23日から12月2日の日程で被爆・・・

平和運動2001.12.4 

金子みすゞ 『話の関門』を探し出そう 昭和12年、本紙・福田正義主幹が評論  全部の遺稿読み、詩と人生を紹介

 山口県が生んだすぐれた詩人・金子みすゞ。彼女が薄幸で倒れた1930年から長いあいだ、彼女の作品はおおやけになることができなかったが、最近になっ・・・

教育・文化2001.4.12