いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
カテゴリー「書評・テレビ評」の記事

『国のために死ぬのはすばらしい? イスラエルからきたユダヤ人家具作家の平和論』 著 ダニー・ネフセタイ

 1957年にイスラエルに生まれたダニー・ネフセタイ氏は、高卒後に徴兵制によってイスラエル軍に入隊し、3年間空軍に所属した。退役後アジアの旅に出・・・

書評・テレビ評2023.11.7 

『病が分断するアメリカ――公衆衛生と「自由」のジレンマ』 著・平体由美

 公衆衛生とは、地域やコミュニティを病気から防衛し、住民の健康を維持するための公共的なとりくみのことだ。アメリカの理念といわれる自由(市場の自由・・・

書評・テレビ評2023.9.30 

『暁の宇品 陸軍船舶司令官たちのヒロシマ』 著・堀川惠子

 コロナ禍とウクライナ戦争を機にしたサプライチェーンの分断は、食料の確保が国家主権と国民の安全を保障する重要戦略であることを浮かび上がらせること・・・

書評・テレビ評2023.9.30 

『ウクライナ戦争即時停戦論』 著・和田春樹

 著者はロシア史・現代朝鮮史の研究者(東京大学名誉教授)である。ベトナム戦争以来、反戦平和・国際連帯の市民運動にとりくんできたことでも知られる。・・・

書評・テレビ評2023.9.12 コメント(2)

『ラジオと戦争――放送人たちの「報国」』 著・大森淳郎

 著者は1980に年にNHKに入局し、その後ディレクターとしてETV特集『BC級戦犯』『戦争とラジオ』『敗戦とラジオ』などの制作に携わってきた。・・・

書評・テレビ評2023.9.12 

『オートメーションと労働の未来』 著 アーロン・ベナナフ 監訳 佐々木隆治

 AI(人工知能)技術の急速な進歩を前に、「ロボットに仕事が奪われ、大量失業の時代がやってくる」「人間は労働なくしては生きて行けないから、技術革・・・

書評・テレビ評2023.9.7 

『ぼくが生まれた新宿、柏木団の人々と関東大震災。』 著・中條克俊

 9月1日は、10万人以上の死者を出した関東大震災から100年である。この大震災直後に起こった朝鮮人、中国人、そして日本人社会主義者の虐殺事件に・・・

書評・テレビ評2023.9.7 

『古地図と歩く広島―歴史・文化散策ガイド19コース』 著・中道豪一

戦前の広島の記憶掘り起こす    広島といえば原爆が投下された地、その廃虚から復興をなしとげた「平和都市」というイメージが定着している・・・

書評・テレビ評2023.8.1 

『闇バイト――凶悪化する若者のリアル』 著・廣末登

 今年の早春、「ルフィ」や「キム」を名乗る人物を指示役とした広域強盗事件があいついだ。1月19日に東京都狛江市で起きた強盗事件では、事件前日に「・・・

書評・テレビ評2023.7.23 

『毒の水――PFAS汚染に立ち向かったある弁護士の20年』 ロバート・ビロット著 旦祐介訳

 現在、米軍基地が集中する沖縄県内や米軍横田基地のある東京都多摩地域などで、泡消火剤に含まれる有機フッ素化合物PFASによって地下水や河川、水道・・・

書評・テレビ評2023.7.11 

『ロシアとシリア』 著・青山弘之

 ロシアのウクライナ侵攻後、「ウクライナは第二のシリア」という言葉が飛びかうようになった。欧米と日本の政府・メディアは、ウクライナ危機の経緯を顧・・・

書評・テレビ評2023.6.29 

『増税地獄――増負担時代を生き抜く経済学』 著・森永卓郎

収入の48%を上納させられる日本    日本では30年間賃金が下がり続けているのに、税負担や社会保障負担は増え続け、いまや国民負担率(・・・

書評・テレビ評2023.6.20 

ドキュメンタリー映画『飯舘村べこやの母ちゃん――それぞれの選択』 監督・古居みずえ

 「日本一美しい村」とよばれた福島県飯舘村。この村は、「までい」な村と呼ばれた。「までい」とは、この地方の言葉で「手間ひまかけて」「ていねいに」・・・

書評・テレビ評2023.5.27 

『第三の大国 インドの思考』 著・笠井亮平

 世界経済に占めるG7の割合が低下する一方、グローバルサウスと呼ばれる新興国や資源国の比重はますます高まっている。インドはG20の議長国であり、・・・

書評・テレビ評2023.5.13 

『ウクライナ戦争をどうみるか』 著・塩原俊彦

 ウクライナ戦争を一刻も早く停戦させ、和平へと進むことを、世界の大多数の人々が願っている。だがこの間、欧米・日本の政府やメディアが吹聴する「ウク・・・

書評・テレビ評2023.4.27 コメント(1)

『大分断――教育がもたらす新たな階級化社会』 著=エマニュエル・トッド

 フランスのゼネストの大波は為政者が社会の統率力をなくしていること、一方で労働者こそが新しい時代を開き建設する能力を兼ね備えた階級であることを、・・・

書評・テレビ評2023.4.18 

『コソボ 苦闘する親米国家』 著・木村元彦

 アメリカが「自由」「民主主義」を掲げ、国連安保理決議のないまま主権国家に軍事介入した例として、イラクやアフガニスタン以前におこなわれたのが、本・・・

書評・テレビ評2023.4.18 

『ポスト資本主義序説』 著・松下冽

 「今日、われわれは“移行期”の入り口にいる。すなわち、グローバル化の新自由主義段階からポスト新自由主義への移行である」。冒頭、こうした提起から・・・

書評・テレビ評2023.3.16 

映画『妖怪の孫』――安倍晋三がもたらしたのは美しい国か、妖怪が棲む国か? 監督・内山雄人

 あれだけ世間を騒がせたモリカケ桜も統一教会の問題も、今ではまるでなかったかのような空気をメディアが醸し出すなか、安倍晋三元首相やその背景を改め・・・

書評・テレビ評2023.3.6 

ドキュメンタリー『新型コロナが映すいのちの格差』 監督・山口勝則 制作・アジア太平洋資料センター

 2020年に始まった新型コロナ・パンデミックは、これまでに世界全体で6億7200万人以上の感染者と、685万人以上の死者を生み出した。しかし、・・・

書評・テレビ評2023.2.22