いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
カテゴリー「教育・文化」の記事

「遅すぎた目覚め」(抄)――山口県が生んだ詩人・礒永秀雄の戦後出発 

 現在、ウクライナ戦争を契機にして、軍事力強化や敵基地攻撃能力の保持、武力行使を可能にするための憲法改定が声高に叫ばれている。米中対立の火種がく・・・

教育・文化2022.6.16 

日露戦争の風刺画にみる現代につながる教訓 ウクライナ問題考える材料に

 ロシアのウクライナ侵攻が長期化するなかで、この戦争が事実上、ロシアvs.アメリカ・NATO諸国との戦争であり、西側がウクライナに火中の栗を拾わ・・・

教育・文化2022.5.23 

ウクライナ問題と生きたメディアリテラシー 子どもたちと今、何を考えるか 日本図書館協会図書館の自由委員会委員長・西河内靖泰氏に聞く

 ロシアとの戦闘が続くウクライナをめぐるメディア報道が連日くり返されるなかで、「ウクライナ頑張れ」「プーチンつぶせ」と叫ぶ以外に別の意見を持てな・・・

教育・文化2022.4.28 

「国籍を理由に排除せず」 国際図書館連盟が表明 “戦争中にこそ知識と異文化間の対話を促進する義務がある”

 ウクライナ情勢をめぐって、文化・学術界からロシアの芸術家や研究者を排斥する動きに反対する声が国際的に高まっている。とくに、図書館界では戦争・政・・・

教育・文化2022.4.18 

米映画監督マイケル・ムーアが批判するウクライナ報道 「戦争に巻き込もうとする背後勢力に抵抗を!」

 アメリカの映画監督マイケル・ムーアは16日、インターネットのポッドキャスト(音声番組)でウクライナをめぐるマスコミ報道を批判し、「アメリカ人を・・・

教育・文化2022.3.25 コメント(2)

岸田政府 10兆円規模の大学ファンド計画 大学独法化に続く学術研究の破壊

 岸田政府は1日、総合科学技術・イノベーション会議を開き、「新しい資本主義」の柱として大学ファンド(基金)計画を決定した。これは政府が支出する1・・・

教育・文化2022.2.13 

日本の学術の地位 急激に低下 大学法人化後の惨憺たる崩壊 借金地獄で研究者育たず

 2004年の小泉純一郎政権のもとでの国立大学法人化以降、声高に「大学改革」なるものが叫ばれ、「社会に開かれた大学」などという耳に心地良いフレー・・・

教育・文化2021.11.20 

大阪市の現役校長が市長に提言 豊かな学校文化を取り戻し、学び合う学校にするために

 大阪市の市立木川南小学校の久保敬校長が17日、「豊かな学校文化を取り戻し、学び合う学校にするために」という提言を大阪市・松井一郎市長にあてて送・・・

教育・文化2021.5.27 

新自由主義と公教育の危機 教育研究者・鈴木大裕

すずき だいゆう 16歳で米国に留学し、大学、大学院で教育学を学ぶ。帰国後、通信教育で教員免許を取得し、6年半、千葉の公立中で教壇に立つ。200・・・

教育・文化2021.2.21 コメント(1)

自由を失った日本の科学の凋落 武蔵野学院大学特任教授・島村英紀

 しまむら・ひでき 1941年東京都生まれ。東京大学理学部卒業。北海道大学地震火山研究観測センター長、国立極地研究所所長を経て武蔵野学院大学特任・・・

教育・文化2021.1.6 

京都・紙芝居屋ヤッサン一座の挑戦 人の温もりつなぎつづけたい

コロナで中断、そして再開    「紙芝居が始まるぞー!!」。腹の底から発せられた大きな声と拍子木の音が館内外に響きわたる。その声に引き・・・

教育・文化2020.11.30 

ベートーヴェン生誕250周年 時代先取りした音楽とその源泉 フランス革命下を生きたヘーゲルとの対比

 ベートーヴェン生誕250周年にあたる今年、コロナ禍の逆境に抗してこの偉大な音楽家の作品と業績を顕彰するさまざまなとりくみがおこなわれている。ベ・・・

教育・文化2020.11.5 

劇団はぐるま座が動画配信『原子雲の下からあなたへ』 峠三吉の詩で伝える原爆

 山口県下関市に本拠を置く劇団はぐるま座が、被爆75年の夏によせて広島の詩人・峠三吉や子どもたちの原爆詩を題材にした作品『原子雲の下からあなたへ・・・

教育・文化2020.8.9 コメント(1)

「コロナ禍の公共図書館と知性の力」 日本図書館協会図書の自由委員会委員長・西河内靖泰氏に聞く

 世界中が新型コロナウイルスの蔓延によって震撼している。日本国内でも全国で緊急事態宣言が出るなど、経験したことのない疫病への対処に社会全体が翻弄・・・

教育・文化2020.5.10 コメント(1)

図書館蔵書大量廃棄に抗議 梅光学院大学図書館を守る会が声明

 下関市の梅光学院大学で、選定基準が不明なまま図書館の蔵書が大量廃棄されている問題をめぐって、「梅光学院大学図書館を守る会」の文学者や研究者など・・・

教育・文化2020.3.19 コメント(1)

全国一斉休校で学校は大混乱 科学的根拠なき思いつきでパニックに拍車

 「3月2日から春休みに入るまで、全国すべての小・中学校、高校、特別支援学校に臨時休校を要請する」という安倍首相の発言がニュースで報道され、全国・・・

教育・文化2020.3.3 

大学入学共通テスト 作問教授らが対策本を出版する異常

 来年1月に実施される大学入学共通テストで、当初導入が予定された国語の記述式問題の対策本を、入学テストの国語問題を作成する大学教授らが民間の出版・・・

教育・文化2020.3.3 

親日感情溢れたイラン巡回交流展 群炎美術協会前会長・盛山重信氏に聞く

 1961年に創立された群炎美術協会は、現在全国に数百人の会員を擁し、東京都美術館において年1回の公募美術展を開催している在野の美術団体である。・・・

教育・文化2020.2.16 

「メルヘンを現代にいかす 実は深い『白雪姫』の世界」 児童文学作家・村中李衣氏が講演

 下関市の読み聞かせグループ「あかね会」の50周年記念行事として1月下旬に村中李衣氏(児童文学作家)が『メルヘンを現代に生かす』と題して講演した・・・

教育・文化2020.2.10 

子どもの言語獲得と早期英語教育の盲点  福岡大学・山田英二教授[博士(言語学)]に聞く

 ひとがことばを理解できるのは、お互い同じものを持っているからだ。発音や単語の組み立て方、言葉の仕組みなどに共通したものがある。その共通性に着目・・・

教育・文化2020.1.27