いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
気になるキーワード:安倍政府

トランプが「リメンバー・パールハーバー」に込めた意図

 トランプの訪日時の横柄な振る舞いは、日本の主権を牛耳る植民地宗主国の長として、その主従関係をこれ見よがしに見せつけるものだった。それは戦後、日・・・

社会2017.11.14 

米国の奴隷状態こそが国難 トランプ訪日が示したこと

       米大統領トランプがアジア各国を訪問し、属国である日本や「朝鮮半島での武力衝突は許さない」と反発している韓国、さらに北朝鮮情勢で鍵を・・・

政治経済2017.11.11 

投下国を忖度し世界を失望させる 日本政府が提案した核廃絶決議文

 日本政府が27日に国連総会に提出した核兵器廃絶決議案が、例年に比べ大幅に後退していることが国際的な失望と批判を集めている。日本の核廃絶決議案は・・・

平和運動2017.10.30 

Twitterから消えた「♯おまえが国難」

 25日の晩、夕方に首相が「国難突破解散」と発言したことに反応して、SNSのツイッターでは「♯おまえが国難」という言葉がトレンドに急上昇し、突然・・・

コラム狙撃兵2017.9.27 

そもそも対話ができないのでは?

 世界各国が対話による解決しかないと米朝に自制を求めているなかにあって、首相が国連総会で「必要なのは対話ではなく圧力だ」と演説し、外相は北朝鮮と・・・

コラム狙撃兵2017.9.26 

漂流する対米従属国の姿映し出す 大義なき解散劇をどう見るか

モリ&カケをごまかし 緊急事態条項盛り込む    「大義なき解散」「加計ながし解散」「モリ&カケ隠蔽解散」等等のネーミングが飛び交い、・・・

社会2017.9.22 

教育を戦争動員する地ならし 北朝鮮騒動めぐり子どもや学校を弄ぶ意図

 この間のミサイル騒動を巡る日本政府の対応は、「はしゃぎすぎ」の一言に尽きる。逃げる場などないのに、また日本列島には落下するはずなどないとわかっ・・・

社会2017.9.15 

「異次元」を乱用する異次元の男

 北朝鮮情勢を巡って「異次元の圧力」などと叫んでいるのは安倍晋三だけだろう。言葉の選択も含めて、もう少しどうにかならないのだろうか…といつも思う・・・

コラム狙撃兵2017.9.11 

戦争で張り切る軍産複合体 朝鮮危機で潤うのは誰か

高騰続ける軍需関連株    朝鮮半島近辺でアメリカが空母や戦略爆撃機を動員した大規模軍事演習を何度もおこない、それに反発する形で北朝鮮・・・

政治経済2017.9.5 

公邸宿泊は偶然か? 段取りが良すぎたミサイル騒動

 北朝鮮がミサイル発射実験をおこなった8月29日の早朝、落下からわずか12分後に背広姿の首相が登場して「国民の生命を守る」とテレビ中継で訴えた光・・・

社会2017.9.2 

被害妄想の背後に潜んだ意図

 ミサイル騒動の度に違和感を覚えるのは、着弾する可能性などないことをわかっているくせに、政府があまりにも国民を脅かしすぎることだ。詳細な情報が何・・・

コラム狙撃兵2017.8.30 

アベ界隈の警察関係者

 数週間ほど前、某誌の記者が東京からはるばる下関にやってきて、安倍晋三の「腹心の友」こと加計孝太郎と山口4区の関わりを熱心に調べていた。その際、・・・

コラム狙撃兵2017.8.29 コメント(1)

坪単価150万円の衝撃

 建築・設計コンサル等に携わっている人人は、加計学園が今治市につくっている獣医学部の建設費用が坪単価150万円であることに驚きを隠せないでいる。・・・

コラム狙撃兵2017.8.23 

首突っ込み標的に立候補するな ー北朝鮮情勢巡る記者座談会ー

   北朝鮮とアメリカによる一触即発の危機は、中国やロシア、さらにドイツなど各国が「武力衝突に向けて過熱するべきではない」「より強く賢・・・

国際2017.8.18 

いかなる民族の頭上にも原爆投下は許されず ー北朝鮮情勢に際してー

 北朝鮮とアメリカの矛盾がかつてなく激化している。この春先からアメリカは過去最大の米韓軍事演習によって挑発し続け、北朝鮮も負けじと米国本土を射程・・・

社会2017.8.11 

なかなか散らないあだ花

 支持率回復を狙った内閣改造も特効薬にはなり得ず、安倍政府は倒壊寸前まで追い込まれている。このなかで、野党の民進党もボロボロの状態で代表の蓮舫が・・・

コラム狙撃兵2017.8.10 

籠池だけ逮捕はズルいぞ

 世間を賑わせてきた森友学園の籠池夫妻がついに逮捕された。教育勅語を暗唱させ、「安倍首相がんばれ! 安倍首相がんばれ!」と園児たちに叫ばせて応援・・・

コラム狙撃兵2017.8.2 

何も解明されなかった閉会中審査 今度は丁寧なはぐらかし

 森友・加計学園問題をめぐる証人喚問や集中審議の場から逃げ回っていた安倍首相が、歴史的な大敗を喫した東京都議選や内閣支持率の急降下が報じられるな・・・

政治経済2017.7.26 

沈みゆく泥船内閣

 安倍晋三がみずから関与を認めることなどあるものかと思っていた閉会中審査は、案の定、はぐらかしに終始して幕を閉じた。これまでと違ったのは、あれほ・・・

コラム狙撃兵2017.7.26 

社会保障改悪続きだった4年半 バラまき外交とは裏腹

際限ない負担増 高齢者や家族直撃      安倍政府が2018年度予算編成で社会保障費1300億円の削減に乗り出している。 ・・・

社会2017.7.19