いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

12年で進行した岩国の軍事要塞化 市民から遊離した消化試合のような市長選 記者座談会

 極東最大規模の米軍基地を抱える山口県岩国市は、1月26日に市長選の投開票を迎える。現在のところ立候補予定者は、4選を目指す現職市長の福田良彦(・・・

山口県2020.1.19 

億単位のカネを弄ぶ労組幹部の腐敗と堕落 ー住友重機労連の積立金横領と関わってー 

 住友重機械労働組合連合会の会計担当をしていた元書記が、組合員の積立年金の資金を横領していたことが発覚し、逮捕された。容疑者の女性は、積立年金用・・・

社会2020.1.19 

記者座談会 豊北病院で何が起こっているのか スタッフ一斉退職で過疎地医療崩壊の危機

 下関市豊北町粟野にある医療法人豊愛会が運営する豊北病院(入船龍也院長・法人理事長)で、看護師の一斉退職により入院機能を維持できなくなるというニ・・・

山口県2020.1.16 

アマゾン森林火災を印鑰智哉氏(日本の種子を守る会アドバイザー)の発言から考える 

 ゲノム食品や種子法などの問題で発言を続ける印鑰(いんやく)智哉氏(日本の種子を守る会アドバイザー)が最近、ブラジルのアマゾンの森林火災の実態に・・・

国際2020.1.16 

豚コレラの防疫対策と浮かび上がる課題  国際ヨーネ病学会理事・百溪英一

百溪英一(ももたにえいいち)一般社団法人比較医学研究所所長を務める。また、東都医療大学客員教授、国際ヨーネ病学会理事、順天堂大学医学部協力研究員・・・

社会2020.1.16 

人類の歴史刻むイランの貴重な文化遺産 非文明の攻撃発言で脚光

(アイキャッチ画像に使用しているイスラム建築の写真は『旅パレット』 https://decorate-my-trip.com/iran-real・・・

国際2020.1.14 

各国軍がイラクから撤退 韓国は軍の派遣を拒否

 米軍によるイラン革命防衛隊ソレイマニ司令官の殺害に端を発するイランと米国の緊張激化を受けて、米国主導の連合軍や「対IS(イスラム国)」などテロ・・・

国際2020.1.14 

戦争と破滅の淵へと出航する日本の自衛隊 ―アメリカのイラン挑発と自衛隊の中東派遣 千葉大学教授・栗田禎子

暴挙の背景――トランプ政権のイラン敵視政策    米トランプ政権によるバグダードでのイラン司令官殺害事件(1月3日)は、世界を震撼させ・・・

国際2020.1.14 

中東情勢巡る記者座談会 自衛隊派遣しアラブの恨みを買うな 米国の侵略が問題の根源

 米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことに端を発して、世界中が第三次世界大戦突入を懸念するような緊張した局面が続いている。あから・・・

社会2020.1.12 コメント(1)

ネオニコチノイド(農薬)に起因 宍道湖のウナギ・ワカサギ激減 研究グループが論文

 島根県の松江、出雲両市にまたがる宍道湖のウナギやワカサギの漁獲量が激減していることをめぐり、1993年ごろから周辺の水田で使用されているネオニ・・・

社会2020.1.12 

『スノーデン独白 消せない記録』 著:エドワード・スノーデン 訳:山形浩生

 エドワード・スノーデンが2013年、アメリカのNSA(国家安全保障局)が一般市民も含め世界中の人人の個人情報を大量・無差別に収集し保存している・・・

書評・テレビ評2020.1.12 コメント(1)

自衛隊の中東派遣見直しを 現代イスラム研究センター理事長・宮田律氏が発信

 アメリカがイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことが引き金になって、第三次世界大戦に発展しかねないきわめて緊張した情勢があらわれ、安倍・・・

国際2020.1.9 コメント(1)

「中東の泥沼化に拍車かける愚行」 海外メディアの見解にみる中東情勢 

全アラブの反米世論に火付けた宣戦布告    米国政府がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した問題を巡って、海外メディアやジャーナ・・・

国際2020.1.9 コメント(1)

ソレイマニ司令官の葬列に数百万人の群衆 イラン各地で過去最大規模 「米軍は中東から撤退せよ」

 米軍の空爆で殺害されたソレイマニ司令官の葬儀が6日(日本時間)、イランの首都テヘランでおこなわれ、市街地を数百万人の大群衆が埋め尽くした。その・・・

国際2020.1.9 

『癒やされぬアメリカ 先住民社会を生きる』 著・鎌田遵

 安倍首相が2017年2月に訪米したときの夕食会で、トランプ大統領が米カジノ大手ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長を安倍にひきあわせ・・・

書評・テレビ評2020.1.8 

在韓米軍は細菌実験施設を無条件撤去せよ 韓国・釜山で住民の抗議強まる

 在韓米軍が昨年12月20日、釜山港8埠頭の基地から生物化学兵器用の細菌の持ち込みを認め、同基地に設置された実験施設「生物化学防御プログラム(セ・・・

国際2020.1.8 

友好国を敵に回す愚かな対米追従 アラブで歴史的に培われた親日感情 中東研究者が警鐘

 中東を舞台にアメリカとイランとの一触即発、全面戦争の危機が高まり、そこに安倍政府が自衛隊を派遣しようとするなか、日本とイランとの歴史的な関係を・・・

国際2020.1.7 

米軍によるイラン司令官殺害で情勢緊迫 世界を泥沼に巻き込む危険な道

米軍に殺害されたソレイマニ司令官の葬儀に集まった人々(テヘラン、youtubeライブ:RTより)     自衛隊の中東派遣を・・・

国際2020.1.6 コメント(1)

『生きるための図書館』から、私が思っていること 滋賀県多賀町立図書館長・西河内靖泰

 にしごうち・やすひろ 1953 (昭和28 )年大阪市生まれ。立正大学文学部卒業。東京都荒川区役所に勤務。荒川区内の図書館に18年間勤務し、2・・・

教育・文化2020.1.6 

「漁業法」全面改正の意味するもの 全国漁業協同組合学校漁業法講師・田中克哲

 たなか・かつのり 1955年静岡県生まれ。東京水産大学卒業後水産庁に入庁し、沿岸課調整一班係長(漁業法、密漁対策担当)、企画課課長補佐(マリン・・・

社会2020.1.5