いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
カテゴリー「社会」の記事

太陽光パネル設置規制する条例が急増 全国で138自治体 生活環境破壊する開発が問題に

住民運動の盛り上がりを契機に    再生可能エネルギーの代表格である太陽光発電をめぐり、全国で最低でも138の自治体が、施設の設置を規・・・

社会2021.2.27 

国内最大の陸上風力建設に異議 電源開発が広島県西部に計画 土砂災害の危険性を危惧

 広島県西部地域に国内最大級の風力発電施設を建設する「広島西ウインドファーム(仮称)」計画をめぐり、事業者の電源開発(Jパワー、東京)は1月26・・・

社会2021.2.25 

「営業規模に見合う補償を」 コロナ時短長期化で飲食の苦境増す 広島市流川の繁華街

 昨年12月から県による新型コロナ感染防止の集中対策が続いてきた広島市では、5日に3カ月ぶりに新規感染者がゼロとなり、政府の分科会が示す感染段階・・・

社会2021.2.9 

「カーボンニュートラル」をどう見るか エコロジーに反するCO2削減や再エネビジネス 科学者があいつぎ指摘 

 年明けから「カーボンニュートラル」「カーボンゼロ」と、「脱炭素」に向けた掛け声がかまびすしい。一部商業紙では新年1号から「脱炭素の主役、世界競・・・

社会2021.2.9 

大阪・府市一元化条例案を議会提出へ コロナ禍に「都構想」の焼き直し急ぐ維新に疑念渦巻く コロナ対策に全力注げ

 大阪府と大阪市は昨年11月の住民投票で再否決された大阪市廃止・特別区設置(大阪都構想)の焼き直しとして、大阪市が持つ都市計画や成長戦略など7分・・・

社会2021.2.5 コメント(1)

北九州市議選・自民総崩れで6議席減 コロナ禍での政治要求を反映 国政への怒りも

 次期衆院選の前哨戦となる地方選挙として注目を集めた北九州市議選(定員57)が1月31日に投開票され、国政与党である自民党現職議員が6人落選する・・・

社会2021.2.5 

草の根の力で分断跳ね返す 激戦を制した西之表市長選 馬毛島基地化反対が勝利

 馬毛島への米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)基地建設を最大争点にした西之表市長選と西之表市議選が1月31日に実施され、基地反対を掲げる現・・・

社会2021.2.5 

宮古島感染爆発の真相 「市長選が原因」と報道されるが… 離島医療の拡充が急務

 沖縄県の宮古島市(人口約5万5000人)では、直近1週間(1月22~28日)の新型コロナウイルス感染の陽性者が141人となり、「人口10万人あ・・・

社会2021.2.2 

過剰な期待は禁物だが「ワクチン頼み」で進む接種 実験的でまだ定まらぬ評価

 日本政府がワクチンの早期使用のためにワクチン確保の正式契約(1月28日現在)を結んでいるのは、米モデルナ社(武田製薬による国内での流通のもと今・・・

社会2021.2.2 

感染症法の罰則規定は何を意味するのか―公衆衛生の歴史からみる問題点 日本図書館協会図書館の自由委員会委員長・西河内靖泰氏に聞く

 新型コロナウイルスの蔓延によって世界中の人々の生活や経済が混乱している。日本では国民の命や生活、医療を守るべき政治が機能せず、医療現場で患者の・・・

社会2021.1.25 コメント(1)

馬毛島FCLP基地計画を争点に一騎討ちの様相 西之表市長選の告示迫る 31日投開票

 国主導で米軍空母艦載機陸上離着陸訓練(FCLP)基地計画が動く馬毛島(鹿児島県)の地元・西之表市で1月24日、任期満了にともなう市長選と市議会・・・

社会2021.1.22 

宮古島市長選の痛快な勝利 市民の力束ね政府バックの現職破る 自衛隊ミサイル配備に揺れる島

 沖縄県内で今年最初の首長選となる宮古島市長選が17日に実施され、オール沖縄の推薦を受けて「市政刷新」を掲げた新人の座喜味(ざきみ)一幸氏が、自・・・

社会2021.1.21 

再エネの『不都合な真実』を暴く マイケル・ムーア総指揮の映画「プラネット・オブ・ザ・ヒューマンズ」

ユーチューブが削除し逆に注目高まる    アメリカの映画監督マイケル・ムーアが総指揮し、ジェフ・ギブスが監督したドキュメンタリー映画『・・・

社会2021.1.19 

風力発電建て放題の「地上権設定契約」 外資が儲け撤去費用は住民に 乱開発規制する法整備が必須

 バイデン米大統領の登場とともに「コロナ禍からの脱炭素な経済復興」が叫ばれ、日本では菅内閣が2050年までの「カーボン・ニュートラル(脱炭素社会・・・

社会2021.1.15 

罰則規定は感染症法の理念に反する 感染者の社会的不利への補償充実を 日本医学会連合等が緊急声明

 菅政府が新型コロナ感染症対策として感染症法やコロナ特措法に罰則規定をもうけることを検討していることについて、日本医学会連合などの関係学会は14・・・

社会2021.1.15 

コロナワクチンをめぐる二つの問題 名古屋大学名誉教授・池内了

 新型コロナウイルスのワクチンの開発競争が熾烈になっており、多国籍製薬メーカーが完成を宣言して、イギリスでは早くも接種を開始するという慌ただしい・・・

社会2021.1.6 

食と農から世界変える本物の農業への挑戦――下から新しいモデル創造する時代へ 日本の種子を守る会幹事長・山本伸司

はじめに    種子島に移住して5年が過ぎた。新型コロナウィルス感染症は今の時点ではこの島での感染者は出ていないとされている。しかし隣・・・

社会2021.1.5 

小規模漁業が輝く未来づくりをめざして 全国沿岸漁民連絡協議会(JCFU)事務局長・二平章

日本における小規模漁業    2018年の漁業統計によれば日本の漁業経営体は全体で7万9142経営体。そのうち沿岸近くで操業する10㌧・・・

社会2021.1.4 

政治による分断統治から市民による共同体自治へ――「大阪市廃止」構想否決にみる一筋の光 立命館大学教授・森裕之

 もり・ひろゆき 1967年大阪府生まれ。2003年から立命館大学政策科学部助教授。2009年より同教授。財政学とくに地方財政と公共事業を専攻。・・・

社会2021.1.3 

公共財産守る力を束ね――食と農の転換を地方から 日本の種子を守る会アドバイザー・印鑰智哉

 いんやく・ともや アジア太平洋資料センター(PARC)、ブラジル社会経済分析研究所(IBASE)、Greenpeace、オルター・トレード・ジ・・・

社会2021.1.2 コメント(2)