いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

福田正義記念館のご案内

福田正義記念館のご案内

福田静正義記念館の概観

 福田正義記念館は各界の多くの人人の建設拠金、資料提供による大衆の事業として建設されました。「人民に奉仕する」を信条とする福田正義の業績は社会の全分野におよび、現在日本の歴史の発展と深くかかわっています。

 福田正義記念館は、福田正義の全生涯とその業績を紹介する展示・資料を中心に、福田正義がかかわりともに活動した文化芸術、教育、平和運動をはじめ各分野における人人の活動、事業について顕彰できるようになっています。

 それは常設展示されている山口県の優れた詩人・礒永秀雄の世界、広島の原爆詩人・峠三吉と1950年の8・6広島平和闘争をはじめ、朝鮮人運動や児童画教育、書家・道岡香雲の書の軌跡、金子みすゞの詩と人生などのほか、社会の全分野にかかわっています。

 記念館では、多くの映画批評を書き、藤原義江やクラシック音楽を好んだ福田正義の顕彰として、小津安二郎やチャップリンなど国内外の優れた映画フィルム(ビデオ、DVD)やレコード・CDを多数収めており、優れた音楽設備で随時鑑賞することができます。さらに3階には5万冊以上の書籍 や資料を所蔵する図書資料室を備えています。

 福田正義記念館は、各界の人々の多面的な関心に応じて気軽に来館でき、鑑賞・活用できる多目的施設です。また、福田正義の業績とともに日本国内のさまざまな分野における良質で発展的な活動を顕彰し、次の世代に継承する拠点としてその役割を果たすよう、さらに資料の充実、館運営の改善に努めていきます。

2階常設展示

福田正義の生涯

福田正義の業績を時期ごとに、写真・文章・資料・コピー・年表などで紹介。
それぞれの時期、分野について書棚の長周新聞バックナンバーや書籍でくわしく知ることができる。

豊富な所蔵資料

戦前・戦後の社会科学・文学・歴史書などを所蔵。

福田正義ゆかりの人人

少年期から親しく交流した人物を戦前を中心に、福田正義の文章や歴史資料で紹介。

道岡香雲書展

書家・道岡香雲が長周新聞新年号に寄せた多彩な書体の作品30数点などを展示。

礒永秀雄の世界

いまわしい戦争体験に根ざした詩業の発展を福田正義の文芸論とあわせて紹介。
詩誌「駱駝」をはじめ直筆原稿、蔵書なども、峠三吉資料とともにガラスケースに展示。

階段展示

維新発祥の地・戦前の下関

「市民に息づく明治維新」「昭和10年前後のにぎわい」から「戦災」までの郷土の歴史を
写真、地図、金子みすゞの詩などで紹介。

3階図書資料室

第二次世界大戦関係、労働運動、教育運動、内外の共産主義運動に関する図書、文学、歴史書など専門的な研究に役立つ5万冊を超す書籍を所蔵。

「原爆と峠三吉の詩」を展示 ※2017年6月時点での展示。各種展示に貸し出し可。

全国数千ヶ所で展示され反響を広げる下関原爆展事務局作製の原爆展パネルと
峠三吉の詩業を紹介するパネルで構成。

多面的な要求に応える文化施設

映画

100インチの大型スクリーン、32インチテレビ、ビデオ・DVD一体型プレーヤーと
映像を大きく映し出すプロジェクター、16ミリ映写機、大型スピーカーを設置。
よい映画をみる会で鑑賞します。

【所蔵映画】 世界や日本の優れた作品を約200本所蔵。

■日本映画
小津安二郎や山中貞雄の現存する全作品。今井正、新藤兼人、山本薩夫など多彩な監督の作品を所蔵。
■世界映画
チャップリンのほぼすべての作品、エイゼンシュテインを中心とするソ連映画、「怒りの葡萄」などのアメリカ映画、「禁じられた遊び」や「居酒屋」などのフランス映画など各国の作品を所蔵。

音楽

CD、レコードプレーヤーと優れた音響設備で随時鑑賞できます。下関出身の世界的に有名なオペラ歌手・藤原義江の歌った日本の歌曲、クラシックのCD、レコードを所蔵しています。

研修室

会議やうちあわせなどに最適です。(定員20名)

福田正義

21歳頃の福田正義

 1911年下関に生まれる。母親を幼くして亡くすなど、家庭不遇の少年期を過ごすなかで社会的にめざめ、新聞、雑誌の活動を中心に共産主義運動に参加。官憲の弾圧が強まる戦前期、雑誌「展望」を発刊し、門司新報のコラムに痛烈なファシズム批判を展開するなど、人民大衆のなかに渦巻く戦争反対の世論を代表しギリギリのところでたたかいつづけた。

 戦後は満州で日本人帰国運動に尽力し、下関に帰った後は全国初の占領軍労働者ストライキを組織するなど労働運動の基礎をつくった。「かつての戦争において、日本人民がもっとも困難のなかにあるときに共産党が壊滅して人民を導くことができなかった。しかし中国ではたちまちにして全中国を解放した、それはなぜか」という問題意識から出発して、原爆を受けた広島市民の声を代表して戦後アメリカ占領軍のもとではじめて原爆投下の犯罪に抗議した1950年8・6平和闘争を組織。

反修決起当時の福田正義

 人民に奉仕する思想に徹して、人民の苦難を調べ、手助けしていくならばかならず勝利するという信念を得て、1955年に、いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関として長周新聞を創刊した。そこで文化、教育、国際連帯、労働、市政市民、婦人、農漁民、青年の運動など広範な人々と抜き差しならないところでかかわり、平和で豊かな日本を建設するために奮闘した。

 また戦後はびこったあらゆる修正主義裏切り者潮流とたたかい、真の前衛党建設に心血を注ぎ日本共産党(左派)を結成した。日本人民の解放事業だけでなく、戦後の国際共産主義運動にも重大な貢献をした。

開館時間・休館日・入館料・アクセス

■開館時間 10:00~17:00

■休館日 月曜日(祝日の場合は火曜日)

福田正義記念館は、福田正義を顕彰する大衆の拠金によって建築され、運営されます。
入場は無料ですが、来館時に記念館維持のため一口200円のカンパのご協力をお願いします。任意です。

福田正義顕彰会会員募集。年会費一口2000円。

よい映画を見る会会員募集。年会費2000円で、ビデオやDVDを共同購入し、鑑賞します。
上映するさい記念館の設備維持費として一口200円のカンパをお願いします。

福田顕彰会入会のご案内

社会の進歩のため、幾千万大衆と共に生涯を貫いた福田正義を顕彰する記念館の事業は、戦前戦後の日本の歴史、日本の多くの人々の生活とたたかいの歴史を顕彰することになります。福田正義顕彰会は、この記念館の事業を進めるために設立されました。記念館の資料収集、記念館の活用、各分野の顕彰事業、経営面での支援などを通じて、記念館を運営する母体として広く会員を募集しています。顕彰会の年会費は一口 2000円。会員には、年4回発行する『福田記念館だより』をお届けします。

 

福田正義記念館
〒750-0008 山口県下関市田中町10番2号
TEL:0832-32-8250

・新下関駅からバスで20分 / タクシーで15分
・JR下関駅からバスで8分 / タクシーで5分
・唐戸バス停から徒歩5分 / 西の端バス停から徒歩3分