いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
カテゴリー「教育・文化」の記事
長周新聞社

教育長は政治家任命方式に  戦争狂いが企む「教育改革」

 自治体の教育行政のトップである教育長は従来、教育委員の互選によって選出されてきた。それがこの春から首長が直接任命する方式へと切り替わり、教育行・・・

教育・文化2015.4.3 

長周新聞社

基地の街から突破した教育運動 岩国の教育巡る歴史的経験

 戦後69年間にわたって米軍による植民地的な支配構造が敷かれてきた岩国において、戦前から戦後にかけて市民は様様な形で斗争を繰り広げてきた。他の都・・・

教育・文化2014.9.19 

長周新聞社

引き継がれる被爆者の思い 広島・小学生から届いた感想文  現代見抜く子供たちの鋭い眼

原爆展を成功させる広島の会(重力敬三会長)は今年4月から7月にかけて修学旅行生をはじめ、広島市内の小中学校で被爆体験の証言活動をおこなってきた。・・・

教育・文化2014.9.1 

長周新聞社

地域発展の芽摘む学校統廃合  下関・中尾市政が新計画

 下関市の市立小中学校の統廃合計画が再び動き始めている。江島市長時代に文科省から天下った嶋倉剛教育長が大規模な統廃合計画をぶち上げ、公立学校の3・・・

教育・文化2014.7.4 

長周新聞社

長崎の衰退打開する力が結集 『雷電』長崎公演実行委

長崎市中央公民館で5日、今月16日におこなわれる劇団はぐるま座『動けば雷電の如く』長崎公演の第2回実行委員会が開かれた。会には原爆展を成功させる・・・

教育・文化2013.5.6 

長周新聞社

「国変える」と青少年が多数観劇 はぐるま座『雷電』倉敷・尾道公演

劇団はぐるま座『動けば雷電の如く――高杉晋作と明治維新革命』の公演が岡山県倉敷市(12日)と広島県尾道市(13日)でおこなわれ、小・中・高校生や・・・

教育・文化2013.2.27 

長周新聞社

本物の高杉に出会った 劇団はぐるま座『雷電』公演

劇団はぐるま座『動けば雷電の如く―高杉晋作と明治維新革命』公演が、下関市豊田町(11日)、美祢市(13日)、宇部市楠町(14日)で、それぞれおこ・・・

教育・文化2012.7.20 

長周新聞社

下関市立大問題 正常化阻む異常な隠蔽や恫喝 「学問の自由」蹂躙

 下関市立大学が独立行政法人に移行して以後、市役所から天下った松藤理事長(報酬1600万円、4年で400万円の退職金)、植田事務局長(報酬120・・・

教育・文化2012.7.6 

長周新聞社

苦学生の授業料にたかる犯罪  下関市立大問題 

 独立行政法人化して以後、 大学事務局が不可解な工事を乱発して利権の道具にしてきたことが問題になっている下関市立大学であるが、 事務方トップや政・・・

教育・文化2012.5.11 

長周新聞社

「農業から世直し」の熱気爆発 『雷電』宮崎公演1000人が観劇

劇団はぐるま座の『動けば雷電の如く―高杉晋作と明治維新革命』公演が、4月28日から5月1日にかけて、宮崎県児湯郡川南町、小林市、東諸県郡国富町の・・・

教育・文化2012.5.4 

長周新聞社

劇団はぐるま座『雷電』岡山公演 「現代変えられる」と強烈な反響

  劇団はぐるま座の『動けば雷電の如く―高杉晋作と明治維新革命』は2008年に旧作を抜本改作して山口県、九州各県、中国地方などで公演を続け、多く・・・

教育・文化2011.12.16 

長周新聞社

礒永秀雄の顕彰運動を 没35周年にあたって

 戦後、日本人民の魂をうたった詩人・礒永秀雄が逝去して35周年を迎える。礒永秀雄は学徒出陣で南方に送られ九死に一生を得た戦争体験から1950年、・・・

教育・文化2011.8.17 

長周新聞社

劇団はぐるま座『原爆展物語』長崎・佐賀公演 「日本の魂取り戻す劇」と深い共感

【はぐるま座通信】『峠三吉・原爆展物語』長崎・佐賀県公演が、7月10日佐世保市江迎町(長崎県)で、11日には伊万里市(佐賀県)で、12日には松浦・・・

教育・文化2011.7.15 

長周新聞社

『原爆展物語』第2次沖縄県内公演 読谷等で地域ぐるみの取組

【はぐるま座通信】 具志川高校全校鑑賞を皮切りに始まった劇団はぐるま座『峠三吉・原爆展物語』第2次沖縄県公演(主催/各地実行委員会)が、24日に・・・

教育・文化2011.6.29 

長周新聞社

各地で維新の誇り蘇らせる 『動けば雷電の如く』全国公演

全国に大きな反響を広げている劇団はぐるま座『動けば雷電の如く――高杉晋作と明治維新革命』の公演は11月には福岡県志摩町(12日、約350人)、群・・・

教育・文化2009.11.30 

長周新聞社

「日本を変える芝居」と期待 『原爆展物語』台本感想交流

広島市西区の三篠公民館で23日、劇団はぐるま座による新作『峠三吉・原爆展物語―広島、長崎、沖縄、戦地の真実』の台本感想交流会が開かれた。交流会に・・・

教育・文化2009.10.26 

長周新聞社

薩長同盟の誇り蘇る鹿児島公演  はぐるま座『動けば雷電の如く』

劇団はぐるま座の『動けば雷電の如くー高杉晋作と明治維新革命』鹿児島県公演(主催・実行委員会)が、8月27日、いちき串木野市民文化センターで幕を開・・・

教育・文化2009.9.9 

長周新聞社

倒幕戦に参加した佐賀の誇り  はぐるま座『雷電』佐賀公演

劇団はぐるま座『動けば雷電の如く』佐賀公演(主催・同公演実行委員会)が18日、同市文化会館中ホールでおこなわれ、約400人が詰めかけた。各場面ご・・・

教育・文化2009.5.20 

長周新聞社

『雷電』長崎公演が大成功  大衆の持つ底力に強い共感

長崎市公会堂で12日、劇団はぐるま座による『動けば雷電の如く―高杉晋作と明治維新革命』公演(主催/同公演実行委員会)がおこなわれ、昼夜2回で80・・・

教育・文化2009.4.15 

長周新聞社

明治維新の原動力となった町衆  『雷電』長崎公演巡る座談会

劇団はぐるま座の『動けば雷電の如く』の長崎公演のとりくみのなかで、意図的に隠されてきた明治維新における長崎の真実が浮き彫りになっている。それは長・・・

教育・文化2009.3.25