いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
カテゴリー「平和運動」の記事

捏造報道で戦争の片棒担ぐ 日米開戦時の大新聞の犯罪 今は米国発の大本営発表

 戦後70年を迎えるなかで、憲法解釈変更、安保法制の改定など安倍政府による戦時体制づくりが着着と進められている。かつての戦争で320万人の親兄弟・・・

平和運動2015.3.21 

被爆70年迎え力こもる取組 広島市安芸区で初の原爆展 意識的な参観者増える

 原爆展を成功させる広島の会(高橋匡会長代行)は11日から15日まで、広島市安芸区民文化センター(安芸区船越)ギャラリーで今年最初となる安芸「原・・・

平和運動2015.3.18 

無惨な殺戮繰り広げた米軍 東京大空襲から70年 中東空爆と重なる姿 

 太平洋戦争末期の1945年3月10日、米軍によって一夜にして10万人が焼き殺された東京大空襲から70年を迎えた。アメリカに抱えられた首相が、「・・・

平和運動2015.3.10 

世論動員した大新聞の犯罪 「暴支膺懲」叫ぶ権力者援護 現代も繰り返す大本営発表

 「積極的平和主義」「邦人保護のための集団的自衛権の行使」を唱えて憲法解釈を変更し、武力参戦を首相が叫び、「明確に日本の立場を主張するのは当然。・・・

平和運動2015.2.27 

長周新聞社

長周新聞創刊60周年記念集会 実行委員会結成の呼びかけ

 敗戦後10年目の1955年、あらゆる言論機関が支配勢力の代弁者をつとめ、大衆は語るべき何らの機関も持たない状況のなかで、真実を泥土にゆだねるの・・・

平和運動2015.2.9 

「気づいたら戦争だった」 現代と酷似する大戦の経験 報道はみな大本営発表

 秘密保護法や集団的自衛権の行使容認など、戦時国家体制づくりを進めてきた安倍政府がイスラム国の人質事件を契機にして自衛隊派遣を口にし始めるなど、・・・

平和運動2015.2.4 

京都大学で反響呼んだ原爆展 衝撃受け鋭く反応する学生たち 総選挙や戦争情勢重ね

 【関西】 京都大学11月祭の屋内企画で「原爆と戦争展」がとりくまれた。22~24日、関西のみならず福島県や愛知県など京大へ進学をめざす高校生、・・・

平和運動2014.11.24 

長周新聞社

街頭原爆展の全国展開を決定 原水禁全国実行委 

 原水爆禁止全国実行委員会は7日、下関市内で全国会議を開き、今年の8・6広島集会を基点とした原水禁運動の総括論議をおこなった。  戦後69年目を・・・

平和運動2014.9.8 

長周新聞社

記者座談会 69年目の敗戦記念日を迎えて  

 69年目の敗戦記念日を迎えようとしている。  かつての大戦で日本は経験したことのない深い痛手を受け、320万人もの国民が殺された。戦地に送られ・・・

平和運動2014.8.13 

長周新聞社

広島「原爆と戦争展」で全国交流会 全国の経験持ち寄り論議白熱

原爆記念日の前日にあたる5日、第13回広島「原爆と戦争展」が開催されている広島市まちづくり市民交流プラザロビーで、原爆展を成功させる広島の会(重・・・

平和運動2014.8.8 

長周新聞社

2013年原水爆禁止8・6広島集会 

 2013年原水爆禁止広島集会(主催・原水爆禁止全国実行委員会)が6日、広島市中区の県民文化センターで開催された。    8月に入り広・・・

平和運動2014.8.7 

長周新聞社

2014年原水爆禁止広島集会  戦争おしとどめる力を確信  平和運動の本流全国に広げ

2014年原水爆禁止広島集会(主催・原水爆禁止全国実行委員会)が6日、広島市中区の県民文化センターで開催された。  戦後69年を迎えた被爆地広島・・・

平和運動2014.8.7 

長周新聞社

広島「原爆と戦争展」が開幕  資料を託す体験者たち

 広島市中区袋町の広島市民交流プラザ4階ギャラリーで7月30日、第13回広島「原爆と戦争展」(主催/原爆展を成功させる広島の会、同長崎の会、下関・・・

平和運動2014.8.1 

長周新聞社

戦争阻止の巨大な力を8・6へ  原爆投下から続く対米従属の帰結 成れの果ての戦後社会 

 広島に世界最初の原子爆弾が投下されて69年目の8月6日が迫ってきた。アメリカは第2次世界大戦末期、日本の敗戦が決定的であったとき、広島・長崎の・・・

平和運動2014.7.18 

長周新聞社

忘れえぬ徴兵制の記憶  現代に警鐘鳴らす体験者

戦地で200万人以上が死亡    安倍政府が集団的自衛権の行使容認へと憲法解釈の変更を閣議決定したのを受けて、戦争体験者のなかで徴兵制・・・

平和運動2014.7.9 

長周新聞社

第10回長崎原爆展閉幕   原爆と大戦の真実語り継ぐ

 長崎市民会館展示ホールで開催されてきた長崎「原爆と戦争展」(主催/原爆展を成功させる長崎の会他)は23日、6日間で約1000人の参観者を集めて・・・

平和運動2014.6.25 

長周新聞社

全市民の期待集め開幕迫る  長崎「原爆と戦争展」主催者会議  戦争阻止し被爆の真実語る

 長崎市中央公民館で8日、今月18日から開催される第10回長崎「原爆と戦争展」(主催/原爆展を成功させる長崎の会、下関原爆被害者の会、原爆展を成・・・

平和運動2014.6.9 

長周新聞社

下関原爆被害者の会が総会  被爆者の使命で結束固める

 下関原爆被害者の会は1日、下関市幸町の下関市勤労福祉会館で平成26年度総会を開催した。平成6年の会再建から今年で20年の節目を迎え、「私利私欲・・・

平和運動2014.6.2 

長周新聞社

戦争情勢に立向かう熱気溢れる 廿日市「原爆と戦争展」開幕

 廿日市市役所に併設する「はつかいち美術ギャラリー」で4月30日、第8回廿日市「原爆と戦争展」(主催/原爆展を成功させる広島の会)が開幕した。広・・・

平和運動2014.5.2 

長周新聞社

要塞都市下関の痛恨の経験  現代に蘇る重要な教訓

 関門海峡を控え大陸の玄関口だった下関は、日清・日露戦争のときから、「戦略的要衝の地」「西日本における国防の拠点」として位置づけられた全国有数の・・・

平和運動2014.2.12