いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

「配川がぜ~んぶ悪い!」の大嘘

 桜を見る会の前夜祭を巡って安倍事務所側がホテル代を補填していたことが今になって明るみに出て、にわかに報道が活気づいている。この時期に、また思い出したように再燃しているのは何故なのか不思議でならないし、なにかのスピン報道でも企んでいるのだろうか? という疑念も拭えないが、東京界隈の報道関係者たち曰く、「年内に東京地検特捜部が立件する方向で動いているようだ」「政策秘書だった西山猛と公設第一秘書の配川博之の2人が立件される可能性がある」等々、検察の周辺が急転直下の動きを見せているようなのだ。そして、「配川博之ってどんな人物(存在)ですか?」の問い合わせが、地元下関の政財界関係者のところにも各社から寄せられ、当時首相だった安倍晋三や今井補佐官の問い合わせに嘘をついたことになっている公設第一秘書こと配川博之に光が当たっているのである。


 しかし胡散臭いのは、それらの話すなわち配川単独犯行説はどうも東京で安倍事務所側から流された筋書きのようで、日頃からレッテルを貼られることは大嫌いなくせに、今度の場合「大嘘つきの配川博之」というレッテルを貼ることによって、「秘書が勝手にやった」「秘書がぜ~んぶ悪い」で責任をなすりつけているようにも見えるのである。そして、恐らく当の配川某自身もその後の人生を世話してもらえるなら、汚れ役などお茶の子さいさいで引き受けるだろうと思うのである。「配川が勝手に自分判断でやるわけないじゃないか!」と地元の安倍派の面々ですらみんな思っているだろうし、そのように代議士に対して絶対的に忠実な地元の金庫番という認識なのである。むしろ「散々世襲政治家のために尽くしてきたのに、こんな時だけ汚れ役をさせられて…」という同情論まであり、仮にトカゲの尻尾切りをした場合、それが代議士と筆頭秘書との阿吽(あうん)の呼吸であっても「安倍晋三とはそんなことを平気でやる政治家なのだ」という認識が選挙区内で広がることは避けられない。逆に起訴されようが有罪になろうが、配川某がその後もケロッとして安倍晋三の分身のようなポジションに居座り、選挙区で絶対的な権力を振り回すという場合、「コイツら、ふざけてんな!」という世論が広がることも避けられないのである。「大嘘つきの配川博之」という傷物になる以上、一線から退くことが最低限の落としどころであろう。


 中央のメディアが関心を寄せる「配川とはどんな人物か?」よりも、地元下関において安倍事務所の筆頭秘書とはどんな存在なのか? であろう。誰がどう見ても代議士の分身であり、秘書軍団の最上段に君臨するトップである。だからこそ企業関係や市長、県議や市議、選挙区内外の政財界関係者にとっては絶対的な力を握る存在となり、「配川の意向」=「安倍晋三の意向」なのである。安倍事務所の秘書出身である現在の市長・前田晋太郎を例にとってみても、その関係は父親と息子くらいのもので、前田晋太郎が配川に逆らってなにがしかをするなど誰も思っていないのが現実だ。林派なんて、「(前田晋太郎は)配川の操り人形じゃないか!」と陰口を叩いているくらいである。


 大和町の安倍事務所には幾人もの秘書がいるとはいえ、公設秘書は筆頭秘書の一人であり、その他はみな私設秘書に過ぎない。長く籍を置いているベテラン数人の他は入れ替わりも激しく、それこそ桜を見る会の前夜祭を巡って法曹関係者など600人超が検察に出した告発状で名指しされていた会計責任者の阿立某なんて、下関消防局の出先である東消防の署長を退職して安倍事務所入りした男に過ぎず、「アイツには何の権限もないぞ」「物静かで生真面目な男がどうしてまた安倍事務所の秘書なんかになったんだろう…」「阿立さんも流れ弾に被弾して起訴されるのか?」と役所関係者をはじめとした街のみんなはヒソヒソと話題にしている。


 「配川がぜ~んぶ悪い!」などといったところで信じる者は誰もおらず、「安倍晋三がぜ~んぶ悪い!」に違いないのである。思い上がって前夜祭などやった挙げ句にすべてが跳ね返り、保身のために嘘に嘘を重ねている過程なのだろう。東京地検特捜部が本気で起訴するつもりがあるというのなら、配川や地元支援者のような下っ端ではなく、安倍晋三本人に事情聴取すればよいではないかと思う。すでに嘘で足が絡まって転けているような光景に見えて仕方がない。

吉田充春    

関連する記事

  • 「1週間でリバウンド」「1週間でリバウンド」  3月21日に一都三県の緊急事態宣言が解除されたと思ったら、1週間も経たないうちに首都圏では再び感染拡大の趨勢が強まり、「第四波の到来」とか「 […]
  • 衆院山口3区“林芳正の乱”に暗雲か衆院山口3区“林芳正の乱”に暗雲か  衆院山口3区をめぐる代理戦争と化した萩市長選は、河村建夫元官房長官の実弟・田中文夫の1万3399票に対し、3区横取りを画策する林芳正が支援し […]
  • 「おい林芳正、トラさんが怒るぞ!」「おい林芳正、トラさんが怒るぞ!」  萩市長選で林芳正が推した現職・藤道健二が落選したのを受けて、山口県内の政治にかかわっている人々のなかでは3区鞍替えをめぐる微妙な空気が流れて […]
  • 「打つ手なし」の宣言解除「打つ手なし」の宣言解除  産経新聞に掲載された記事によると、政府が一都三県に発令中の緊急事態宣言を21日に解除する方向で調整しているそうで、政府や専門家のあいだで「現 […]
  • 日本政府の祈祷スタイル日本政府の祈祷スタイル  21日に一都三県の緊急事態宣言も解除となり、「新たな闘い」などといわれているが、新たも何も、これまで日本政府としては新型コロナウイルスと闘っ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。