いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
カテゴリー「コラム狙撃兵」の記事

狙撃兵 戦争狂いに与えた旭日大綬賞

 秋の叙勲で旭日大綬章を与えられる者のなかにイラク戦争の首謀者の一人として知られる元米国防長官のラムズフェルドや、ジャパン・ハンドラーとして安倍・・・

コラム狙撃兵2015.11.6 

狙撃兵 日本の「一人っ子」も心配せよ

 中国が「一人っ子政策」の廃止を決定したのを受けて、日本国内のメディアの取り上げ方は、その人口抑制策が如何に資本主義社会ではあり得ない異常なもの・・・

コラム狙撃兵2015.11.2 

狙撃兵 中国挑発に使われる自衛隊

 南沙諸島の岩礁に中国が造成している人工島から12カイリ(約22㌔)以内に米海軍のイージス駆逐艦「ラッセン」が27日に進入して哨戒活動を実施し、・・・

コラム狙撃兵2015.10.30 

狙撃兵 愚か者が進める人文系廃止

 全国にある86の国立大学が来年度から六年間の中期目標の素案を文部科学省に提出し、うち33の大学が文学部や経済学部など人文社会科学系の学部や研究・・・

コラム狙撃兵2015.10.23 

狙撃兵 募金に丸投げされる貧困対策

 安倍政府が子どもの貧困対策を強化するといって、首相官邸で国民運動の発起人会議を開き、子どもの支援を行うNPOなどを財政的に支援する「子供の未来・・・

コラム狙撃兵2015.10.21 

狙撃兵 標的にされる「十字軍の一員」

 バングラデシュで農業開発に関わっていた日本人男性が「イスラム国」を名乗る組織に射殺された事件は、日揮襲撃事件や今年初めに起きたシリアでの2人の・・・

コラム狙撃兵2015.10.12 

狙撃兵 「1億総活躍社会」って何だ?

 安保法案の強行採決に批判世論が冷めやらぬなか、安倍政府が唐突に“新3本の矢”なる政策を持ち出して人気とりに励んでいる。内閣支持率が下降線をたど・・・

コラム狙撃兵2015.9.28 

狙撃兵 自民党の終わりの始まり

 国民の視線にさらされている国会が、安保法制の強行採決をめぐって茶番劇を演じてきた。いかにも揉めているような素振りをして「攻防」に時間を費やし、・・・

コラム狙撃兵2015.9.18 

狙撃兵 法的瑕疵は中心問題か?

 沖縄県の翁長知事が名護市辺野古沖の埋め立て承認取り消しを表明し、手続きに入ったことを明らかにした。昨年末の知事選から1年近くを経て、ようやく正・・・

コラム狙撃兵2015.9.16 

狙撃兵 新陳代謝が止まった自民党

 自民党総裁選は無投票で安倍晋三の再選が決まった。衆参合わせて400人以上もの国会議員を抱えながら、対抗馬の側はたかだか20人の推薦人が集められ・・・

コラム狙撃兵2015.9.14 

狙撃兵 米国がシリア難民に責任を負え

 戦乱が続くシリアから400万人もの難民が欧州各国に押し寄せ、この受け入れ先をめぐって大騒動がくり広げられている。沿岸に漂着した幼児の溺死体を抱・・・

コラム狙撃兵2015.9.7 

狙撃兵 総選挙惨敗よりも大切な約束

 安保法制に反対する世論と行動が日を追う毎に熱気を帯び、国会の行方が重大な関心を集めている。ついには歴代の内閣法制局長官だけでなく、最高裁元長官・・・

コラム狙撃兵2015.9.4 

狙撃兵 離れが燃えても消せない現実

 アメリカの“離れ”というか相模総合補給廠(米陸軍施設)が爆発炎上したので、日本の消防が14台も駆けつけた。ところが米軍側の規制で現場に近づけず・・・

コラム狙撃兵2015.8.26 

狙撃兵 利己的なのは武藤貴也だった

 これは悲劇なのか喜劇なのか、最終的に「利己的だったのは武藤貴也だった」が話のオチになるようだ。国会前で安保法制に反対する学生たちに向かって、「・・・

コラム狙撃兵2015.8.21 

狙撃兵 オマエが行ってこい!

「メディアを懲らしめろ」「沖縄2紙をつぶせ」で有名になった自民党若手集団の一員である武藤貴也(滋賀4区・36歳)が、国会前で安保法案に反対するS・・・

コラム狙撃兵2015.8.10 

狙撃兵 盗聴に抗議すらできぬ為政者

 アメリカの情報機関である米国家安全保障局(NSA)が日本の内閣府の電話交換台や内閣官房長官の秘書室長、政府の要人専用回線、日本銀行幹部(黒田総・・・

コラム狙撃兵2015.8.5 

狙撃兵 「いったい何の例え話だよ…」

 「いったい何の例え話なのか…」。首相がいきなりテレビに生出演して驚かせた。安保法制について説明不足を指摘され、やっと「丁寧な説明」が始まったと・・・

コラム狙撃兵2015.7.24 

狙撃兵 低支持率を自覚している小心者

 安保法制について「国民の理解は得ていない」といいながら強行採決し、今後「丁寧に説明」していくのだと、順序がひっくり返ったことを安倍政府がいって・・・

コラム狙撃兵2015.7.20 

狙撃兵 安倍晋三は正々堂々とのべよ

 対日工作の先兵として知られるジェラルド・カーティス(コロンビア大学)が、「アメリカでいったことと日本でいっていることが違う」といって、安倍政府・・・

コラム狙撃兵2015.7.13 

狙撃兵 授業やり直しになった柳井高校

 山口県立柳井高校の2年生が主権者教育の一環で安保法制について考え、模擬投票(賛成3、反対29)したことに安倍派県議が難癖をつけている問題が県内・・・

コラム狙撃兵2015.7.10