いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
気になるキーワード:米軍

狙撃兵 離れが燃えても消せない現実

 アメリカの“離れ”というか相模総合補給廠(米陸軍施設)が爆発炎上したので、日本の消防が14台も駆けつけた。ところが米軍側の規制で現場に近づけず・・・

コラム狙撃兵2015.8.26 

長周新聞社

基地の街から突破した教育運動 岩国の教育巡る歴史的経験

 戦後69年間にわたって米軍による植民地的な支配構造が敷かれてきた岩国において、戦前から戦後にかけて市民は様様な形で斗争を繰り広げてきた。他の都・・・

教育・文化2014.9.19 

岩国市長選 候補者縛る市民の力結集へ―裏切り者揃いの各陣営

 米軍再編問題を最大争点とする岩国市長選が29日に迫っている。岩国市では、民主党政府のあからさまな公約裏切りのもとで、二井知事、福田市長が愛宕山・・・

山口県2012.1.13 

長周新聞社

米高官が原爆投下を正当化する発言 「日本救う慈悲深い行為」と 

 広島、長崎の原爆投下は「戦争を終結させた」「しょうがない」「アメリカを恨むつもりはない」と発言した久間が防衛大臣を辞任に追い込まれたが、それは・・・

政治経済2007.7.6 

長周新聞社

米軍再編中間報告発表 日本人民の生命を米国に売飛ばす

 極まる日本の乗取り 日米政府は10月29日、外務・防衛担当閣僚による日米安保協議委員会(2プラス2)を開き、在日米軍再編の中間報告を発表した。・・・

政治経済2005.11.1 

3 / 3123