いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
気になるキーワード:原発

自民党が原発に固執する理由 核武装願望&米国の核戦略 岸田内閣を歓迎する原子力ムラ

 岸田新内閣が4日召集の臨時国会で発足したが、その陣容をみると原発推進派が要職に就いており、今後のエネルギー政策で「原発回帰」が強まるとの見方が・・・

政治経済2021.10.11 

40年超の老朽原発も再稼働 「脱炭素」掲げ新増設も図る自民党政府 わずか10年で覆る福島の教訓

 福島第一原発の炉心溶融という重大事故から10年目を迎えた今年、菅政府は「2050年までに温暖化ガス排出量ゼロ」「脱炭素」などを掲げて、実際には・・・

社会2021.9.21 

原発汚染水放出に世界で高まる非難 10年後には太平洋全体に拡散 資金投じ処理技術導入せよ

 日本政府が13日、福島第一原発で溜まり続ける放射能汚染水を海洋放出すると決定したことに対し、国内の漁業者の組織や周辺議会があいついで抗議の意志・・・

国際2021.4.25 

「復興五輪」の陰で痕跡を消される故郷に思う 福島県双葉町・大沼勇治

 東日本大震災から9年が経過した中で、いまだ4万人以上もの人々が避難生活を余儀なくされ、生活の再建は置き去りにされたままである。原発立地自治体で・・・

社会2020.3.12 

伊方原発3号機の運転差し止め仮処分決定 阿蘇山噴火や中央構造線の地震を危険視

 瀬戸内海に面した四国電力の伊方原発3号機(愛媛県伊方町)について広島高等裁判所(森一岳裁判長)は17日、運転を認めない仮処分の決定を出した。3・・・

社会2020.1.20 

中電がボーリング調査中断を発表 侵せぬ祝島の漁業権 憲法違反指摘され問題浮き彫りに

 中国電力(本社・広島市、清水希茂社長)は16日、上関原発立地予定地である四代田ノ浦の海域で、11月8日から来年1月30日までの期間で計画し、山・・・

山口県2019.12.19 

原発で私腹を肥やす 原子力村の汚染は醜悪

 関西電力の岩根茂樹社長(電気事業連合会会長)は9月27日の臨時記者会見で、福井県高浜町の森山栄治元助役(今年3月死去)から、役員・社員20人が・・・

社会2019.10.5 

関電幹部の袖下に3億円 キックバックで還流する原発マネー 収賄で逮捕されて然るべき

 関西電力の岩根茂樹社長は27日に臨時の記者会見を開き、同社の八木誠会長や岩根社長ら役員・社員20人が福井県高浜町の森山栄治元助役(今年3月死去・・・

社会2019.10.1 

上関町長選はなぜ無投票になったか 国策に弄ばれ37年 くたびれ果てた住民たち

反対派候補者擁立断念の背景    9月8日投開票の上関町長選は無投票になる公算が高まっている。反対派が前回に引き続いて候補者擁立を断念・・・

山口県2019.8.24 

原発政策に固執する理由 今度は核処分場ビジネスに投機する流れ

 中国電力は6月10日に全国最後の新規立地ともいわれる上関原発建設計画とかかわって、山口県に対して予定地の公有水面埋め立て許可について今年7月の・・・

政治経済2019.7.9 コメント(2)

外国人労働者に廃炉作業させる破廉恥 近隣各国はどう見るか

 東京電力が18日、福島原発などの作業のために、4月から始まった新たな在留資格「特定技能」の外国人労働者の受け入れを決めた。東電は3月28日に開・・・

社会2019.4.24 

完全に破綻した原発政策 海外輸出は頓挫し核燃サイクルも建前崩れる

 フランス政府が日本と共同開発していた高速炉「ASTRID(アストリッド)」開発を凍結することを明らかにしたのをはじめ、東芝が海外の原発事業で大・・・

政治経済2018.12.13 

玄海原発で水蒸気漏れ事故 配管に1センチの穴 再稼働に潜む危険性を暴露

再稼働からわずか7日で    玄海原発3号機(九州電力、佐賀県玄海町、出力118万㌔㍗)で3月30日、蒸気漏れが発生し翌31日発電と送・・・

社会2018.4.3 

広島高裁が伊方3号機の運転差止め判断 阿蘇噴火の危険性指摘

 広島市と松山市の住民が原告となって四国電力伊方原発3号機(昨年8月再稼働、現在定期検査中)の運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島・・・

社会2017.12.16 

電気も作らず廃炉にもできない「高速増殖炉もんじゅ」

 使い物にならない高速増殖炉もんじゅを巡って、廃炉作業の過程で、原子炉容器内の液体ナトリウムの抜きとりを想定した設計になっていなかったと日本原子・・・

社会2017.12.4 

町議選を前にして祝島で反乱 反対派に潜んだ鵺(ぬえ)が始動

分断と自爆を仕掛ける不思議    中国電力の上関原発建設計画が浮上して35年が経過する山口県熊毛郡上関町では、来年2月に町議会選挙が控・・・

山口県2017.11.22 

原子燃料被覆管を製造してきたジルコプロダクツが解散  原発終焉を物語る

 日本の原発のほとんどの原子燃料被覆管を製造してきたジルコプロダクツが福島原発事故以後、原発の長期にわたる停止状態により新規需要が望めないことか・・・

政治経済2017.11.7 

閉じこめられた三時間

  東海村臨界事故を彷彿とさせる事故が茨城県大洗町にある日本原子力研究開発機構の研究施設で起き、5人の作業員が被曝した。1人の作業員の肺から検出・・・

コラム狙撃兵2017.6.12 

原発撤退の世界的潮流と逆行 日米原子力協定に縛られた日本

 福島原発事故の収束の見通しもなく、いまだに10万人以上が避難生活をよぎなくされているなかで、安倍政府は九州電力の川内、玄海、四国電力の伊方、関・・・

政治経済2017.5.26 

受け入れがたい前提

 米朝の軍事的な緊張激化を受けて、日本国内では新聞やテレビが「北朝鮮がミサイルを発射する」「Xデーはいつか」と連日のように煽った。  ・・・

コラム狙撃兵2017.5.5