いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
気になるキーワード:原発

原発政策に固執する理由 今度は核処分場ビジネスに投機する流れ

 中国電力は6月10日に全国最後の新規立地ともいわれる上関原発建設計画とかかわって、山口県に対して予定地の公有水面埋め立て許可について今年7月の・・・

政治経済2019.7.9 

外国人労働者に廃炉作業させる破廉恥 近隣各国はどう見るか

 東京電力が18日、福島原発などの作業のために、4月から始まった新たな在留資格「特定技能」の外国人労働者の受け入れを決めた。東電は3月28日に開・・・

社会2019.4.24 

完全に破綻した原発政策 海外輸出は頓挫し核燃サイクルも建前崩れる

 フランス政府が日本と共同開発していた高速炉「ASTRID(アストリッド)」開発を凍結することを明らかにしたのをはじめ、東芝が海外の原発事業で大・・・

政治経済2018.12.13 

玄海原発で水蒸気漏れ事故 配管に1センチの穴 再稼働に潜む危険性を暴露

再稼働からわずか7日で    玄海原発3号機(九州電力、佐賀県玄海町、出力118万㌔㍗)で3月30日、蒸気漏れが発生し翌31日発電と送・・・

社会2018.4.3 

広島高裁が伊方3号機の運転差止め判断 阿蘇噴火の危険性指摘

 広島市と松山市の住民が原告となって四国電力伊方原発3号機(昨年8月再稼働、現在定期検査中)の運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島・・・

社会2017.12.16 

電気も作らず廃炉にもできない「高速増殖炉もんじゅ」

 使い物にならない高速増殖炉もんじゅを巡って、廃炉作業の過程で、原子炉容器内の液体ナトリウムの抜きとりを想定した設計になっていなかったと日本原子・・・

社会2017.12.4 

町議選を前にして祝島で反乱 反対派に潜んだ鵺(ぬえ)が始動

分断と自爆を仕掛ける不思議    中国電力の上関原発建設計画が浮上して35年が経過する山口県熊毛郡上関町では、来年2月に町議会選挙が控・・・

山口県2017.11.22 

原子燃料被覆管を製造してきたジルコプロダクツが解散  原発終焉を物語る

 日本の原発のほとんどの原子燃料被覆管を製造してきたジルコプロダクツが福島原発事故以後、原発の長期にわたる停止状態により新規需要が望めないことか・・・

政治経済2017.11.7 

閉じこめられた三時間

  東海村臨界事故を彷彿とさせる事故が茨城県大洗町にある日本原子力研究開発機構の研究施設で起き、5人の作業員が被曝した。1人の作業員の肺から検出・・・

コラム狙撃兵2017.6.12 

原発撤退の世界的潮流と逆行 日米原子力協定に縛られた日本

 福島原発事故の収束の見通しもなく、いまだに10万人以上が避難生活をよぎなくされているなかで、安倍政府は九州電力の川内、玄海、四国電力の伊方、関・・・

政治経済2017.5.26 

受け入れがたい前提

 米朝の軍事的な緊張激化を受けて、日本国内では新聞やテレビが「北朝鮮がミサイルを発射する」「Xデーはいつか」と連日のように煽った。  ・・・

コラム狙撃兵2017.5.5 

加害者免罪する原賠制度 福島事故の国民負担既に21・5兆円

負担をみな転嫁して逃げ切る東電  安倍政府は昨年12月、福島原発の事故処理費用が、それまでの11兆円から21・5兆円に膨れ上がることを明らかにし・・・

社会2017.5.1 

ババ抜きで掴まされた東芝  WHの原発撤退戦略の尻拭い

 日本の有数の原子力メーカー・東芝が実質上倒産の憂き目にあっている。  契機となったのは2006年にアメリカの巨大原子力メーカー・ウェスチングハ・・・

政治経済2017.2.3 

福島の痛みなき異常な再稼働 伊方・川内に続き美浜・玄海

 東京電力の福島第1原発事故から5年9カ月が経過するなかで、国による原発再稼働のゴリ押しに拍車がかかっている。地震列島のうえに54基もの原発を林・・・

社会2016.12.14 

痛快な新潟県民の勝利 知事選挙で揺るがぬ再稼働反対の力示す

 柏崎刈羽原発の再稼働の是非を最大の争点とした新潟県知事選挙が16日投開票され、現職泉田氏の不可解な撤退表明の後に「再稼働阻止」を掲げて急遽出馬・・・

社会2016.10.17 

もんじゅ廃炉が示す事 対米従属の原子力政策破綻

     安倍政府は14日、高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の廃炉も視野に検討をおこなっていることを明らかにし、26日・・・

社会2016.9.16 

故郷奪った福島原発 「原子力明るい未来のエネルギー」標語考案者の大沼勇治氏に聞く

 東京電力福島第1原発の事故から5年半が経過したが、いまだに10万人をこえる人人が故郷を追われたまま避難生活を強いられ、とくに原発立地町である双・・・

社会2016.8.31 

性懲りもなく原発再稼働 国民の生命危険にさらす象徴

 四国電力は12日、国内で最大級の断層帯である中央構造線がすぐそばを走り、「国内でもっとも危険な原発の一つ」と警鐘が鳴らされ、隣接する市町村議会・・・

社会2016.8.19 

地震列島の原発即停止せよ 活動期到来で予測不能

 熊本県や大分県を震源地にした地震が14日からこれまでに600回以上(震度1以上)連続して発生し、九州地方をはじめとした西日本地域を揺るがしてい・・・

社会2016.4.20 

長周新聞社

福島県双葉郡 住民追い出され核処分場へ

 東日本大震災からもうじき五年が経過する。東北沿岸を襲った未曾有の地震・津波災害に加えて、東京電力の福島第1原発では史上最悪の原発災害を引き起こ・・・

社会2016.2.24