いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
気になるキーワード:原発

米国が要求する日本の核武装  既に核大国といえる現実

 北朝鮮の核実験やミサイル騒動がくり広げられる一方で、日本政府は柏崎刈羽原発の再稼働手続きを進めたり、イギリスへの原発輸出(日立製作所)に2兆円・・・

社会2017.9.9 

閉じこめられた三時間

  東海村臨界事故を彷彿とさせる事故が茨城県大洗町にある日本原子力研究開発機構の研究施設で起き、5人の作業員が被曝した。1人の作業員の肺から検出・・・

コラム狙撃兵2017.6.12 

原発撤退の世界的潮流と逆行 日米原子力協定に縛られた日本

 福島原発事故の収束の見通しもなく、いまだに10万人以上が避難生活をよぎなくされているなかで、安倍政府は九州電力の川内、玄海、四国電力の伊方、関・・・

政治経済2017.5.26 

福島の痛みなき異常な再稼働 伊方・川内に続き美浜・玄海

 東京電力の福島第1原発事故から5年9カ月が経過するなかで、国による原発再稼働のゴリ押しに拍車がかかっている。地震列島のうえに54基もの原発を林・・・

社会2016.12.14 

故郷奪った福島原発 「原子力明るい未来のエネルギー」標語考案者の大沼勇治氏に聞く

 東京電力福島第1原発の事故から5年半が経過したが、いまだに10万人をこえる人人が故郷を追われたまま避難生活を強いられ、とくに原発立地町である双・・・

社会2016.8.31 

性懲りもなく原発再稼働 国民の生命危険にさらす象徴

 四国電力は12日、国内で最大級の断層帯である中央構造線がすぐそばを走り、「国内でもっとも危険な原発の一つ」と警鐘が鳴らされ、隣接する市町村議会・・・

社会2016.8.19 

地震列島の原発即停止せよ 活動期到来で予測不能

 熊本県や大分県を震源地にした地震が14日からこれまでに600回以上(震度1以上)連続して発生し、九州地方をはじめとした西日本地域を揺るがしてい・・・

社会2016.4.20 

長周新聞社

川内に続き伊方原発も合意 福島の反省ない再稼働

 伊方町長に続いて愛媛県の中村時広知事が26日、四国電力伊方原発3号機の再稼働に同意を表明し、「地元同意手続き完了」として今冬以降に再稼働する見・・・

社会2015.10.28 

長周新聞社

火山列島で原発動かす罪 予知不可能な破局噴火

 口永良部(くちのえらぶ)島の新岳が爆発的噴火を起こし、住民137人全員が島から避難し、いつ島に戻れるかわからない困難に直面している。その矢先、・・・

社会2015.6.3 

長周新聞社

原発再稼働21基で審査進行

 衆院選が終わった直後から、全国の原発で安全申請や再稼働に向けた手続きが進められている。16日には、青森県大間町で建設中の大間原発について、電源・・・

社会2014.12.22 

長周新聞社

嘘だった「電力不足」  供給過剰で送電網はパンク

 九州電力が再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づいた新規契約を中断した問題とかかわって、この間、メガソーラーや太陽光パネルの設置に目の色を・・・

社会2014.10.24 

長周新聞社

島根原発の不備506カ所 原発の管理能力ない中電 二井県政は認可取り消せ

 中国電力の島根原発1、2号機で、機器の点検不備・超過使用が506カ所にのぼることが発覚している。放置していたら点検漏れになっていた“点検不備予・・・

社会2010.5.3 

長周新聞社

伊方原発を早期に停止せよ 温排水が瀬戸内海を温暖化

  山口県内の瀬戸内海側の漁業者のなかで、海の異変が深刻な問題になっている。漁獲量は70年代をさかいに過去最低を更新するばかりで、とりわけ伊方原・・・

山口県2009.12.2