いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

狙撃兵 正直に言いなさい

 急激な円高が進行して、ついに為替は1㌦=107円台に突入した。ところが連動して日経平均株価が下がるかというと1万6000円前後を保ったままで、怪しげな買い支えでもやっているのではないか? まさか玉砕覚悟で年金資金を突っ込んでいるのではあるまいか? と疑いたくなるような状況だ。
 このところ株式運用する資産を持ちあわせていない者も含めて、株価が下がるたびに年金資金(GPIF)の損失を心配する声が強まっている。株主がどうなろうがあまり関心はないが、われわれの老後の支えはどうなるのか   というのが大半ではないだろうか。官製相場で運用して膨らませるつもりが見事にカモにされ、巨額の資金をドブに捨てたことは疑いないからだ。安倍政府は選挙後に運用実績を発表するといって隠蔽し、実際には困り果てている。本当のことを正直に明かしたら、激怒されることがわかっているからである。
 バドミントンの男の子が違法カジノで溶かしたのは自分で稼いだカネだった。それで泣いて「ごめんなさい」といわれても、「うん、いいよ」といって私たちが許すとか許さないという筋合いではない。一方で、国民の財産である年金資金で博打をしてスッカラカンにした運用責任ははるかに重大で、泣いて謝ったところで許されるものではない。首相の安倍晋三や財務大臣の麻生太郎、厚労大臣の塩崎を筆頭に、GPIF投入に賛成した自民党議員や公明党議員にいたるまで、彼らの全財産を没収して償わせなければ世論は納得しない。
 後は野となれで誰も逮捕されず責任を負わないのは、福島第一原発がまさにそうだった。安倍人脈の右傾化仲間は日頃から「日本の誇り」とか「伝統」を口にしてきたが、過ちに対して潔くケジメをつけ切腹する伝統も引き継いだらどうかと思う。       武蔵坊五郎

関連する記事

  • 昔は公僕といっていた昔は公僕といっていた  下関市庁舎では朝八時半から1階から最上階までのすべての課で、一斉に「幸せです」とか「運がいいです」とかの大合唱が始まっている。中尾新市長の大 […]
  • <狙撃兵> 下関市議会が全国モデル?  下関市議会の関谷博議長がなんのはずみでか全国市議会議長会の会長になることが決まったと報道されている。下関市議会が全国の市議会のモデルとなるわ […]
  • <狙撃兵> 中尾市長の複式簿記観念  下関市中尾市長が「市職員以外見せてはならない」、本紙に漏れたら犯人探しという秘密の「市長通信」で、またまた本紙の記事をめぐってエキサイトして […]
  • <狙撃兵> 色あせた議会制民主主義  野田政府が内閣改造をした。岡田克也を副総理にして消費税増税をなにがなんでもやる態勢だという。衆議院選挙の公約をみな破棄して、TPPにせよ、普 […]
  • <狙撃兵> 工場閉鎖は仕方ない事か  下関の彦島西山地区は三井東圧、三井化学、彦島(三井)製錬など、三井資本の80年にわたる牙城であるが、三井金属の子会社MCSが工場閉鎖を発表し […]
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。