いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

安心してください はいてますよ!

 室井佑月さんより日刊ゲンダイのコラムで「吉田充春さん、大ファンよ!」と公衆の面前で告げられた吉田充春でございます。あの日、同僚から「オマエ、なんか名前が出てるよ」と聞かされて驚く反面、「いろいろな方がホームページで見てくれてるもんだな」と嬉しくもありました。先日掲載したコラム「いきなり脱ぎ始めた読売新聞」について、「しっくりくる」との感想付きで他媒体の連載コラムにて紹介してくれていたのです。

 

 そこで、名前まで出して頂いたのになにもなかったようにスルーするのも失礼かと思い、さて、どのような公衆の面前返しをキメようかと考えあぐねておりました。そして、ここはコラムの内容とも被せて、とにかく明るい安村のようなとびっきりの笑顔でもって、大きな声で元気よく「安心してください! はいてますよ!」と応えるのが一番だろうと思うに至りました。

 

 まぁ、私自身は全てはいていますし、着ていますし、人様の前でいきなり脱ぎ始めるような破廉恥ではございません。例え苦しいからといって、小汚い振る舞いをしたり、安易に脱ぐようなことはいたしません。だいたい、そんなものを誰が見たいんだよ! とも思うのです。隣でお友だちの記者がそんなことを始めたなら、「オイ、オマエ恥ずかしいからやめろよ!」と注意をしますし、それでも聞かずどうしても脱ぐというのなら、それはもう何十倍ものソーシャルディスタンスを保ち絶交でございます。ジャーナリストでござい、などとイキるつもりなど毛頭ございませんが、何事もいきなり脱ぎ始めて人様のお目汚しをしてはならない――そう考えて気配り心配りを大切に、デリカシーを持ってペンを握りたいと思うのです。

 

 さて、世の中ファンにもさまざまあるなかで、今回の場合、室井佑月さんは小でも中でもなく、それはもう「大ファン」であるということで、少しばかり照れながら有り難く受け止めております。「ファンです!」なんて一度もいわれたことがない者に、いきなり小でも中でもない「大」なわけですから、それはもう恐縮するというものです。

 

 ただ私、ここで心配なこともございます。それは、あくまでネット上のコラムを気に入っていただけただけであり、仮に「ファン」などといってくださる方々にお会いした場合、世の中にはやはり見栄えというものがあるものですから、「え? ただのゴリラじゃん!」などといって「大ファン」の称号がとり消されるのではないか…、ひょっとすると「小ファン」に格下げになるのではないか…という懸念でございます。見かけじゃないよ、中身だよ! と心にいい聞かせてきた四〇年余りの人生、「ファンです!」どころか、幼少期より声をかけてくるお友だちのみんなは「ゴリ」あるいは「ゴリラ」と私に向かって呼称するばかりだったからです。したがって世の中見かけ重視派の皆様に限っては、安易に「ファンです!」なんていってはならないのではないか? それは罪作りなのではないか? とも思っております。

 

 ただ、そんな私にも転機というものがございました。京都大学総長だった山極先生のゴリラ本を読みあさってわかったのです。ゴリラほど心優しい繊細な生き物はいないと――。争いを拒み、目と目を見つめて問題解決にあたることなど、とても新鮮でございました。なんならゴリラを卑下し、争いばかりくり返している人間どもに、爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいと思ったほどです。そして、私はゴリラという称号はむしろ誉れであると確信し、共生していくことを決めたのでした。

 

 そんな心優しきゴリラの大ファンである吉田充春ではございますが、話をグイッと引き戻して、ジャーナリズムの貞操は守らなければならない派の端くれとして、今後ともよじってねじって放り捨てていくイメージのコラム執筆に精進したいと思っております。読者の皆様には、大変くだらない人となりの紹介文章に付き合って頂いたこと、心より御礼申し上げます。要は私自身は「ゴリラさん、大ファンよ!」と思っていることを述べたかっただけなのかもしれません。これをもって、「吉田充春さん、大ファンよ!」へのお返しといたします。  吉田充春

関連する記事

  • 安倍事務所終了のお知らせ安倍事務所終了のお知らせ  下関市東大和町にあった安倍事務所が12月を持ってすべての荷物の整理を終えて看板を下ろし、後援会も県民葬が終わった後に解散になるとかで、職を失 […]
  • 「壺をぶっ壊す!」「壺をぶっ壊す!」  各種世論調査でも半数を上回る人々が国葬実施に反対し、統一教会と自民党の関係について8割もの人々が解明を求めているなかで、「これで開催しなかっ […]
  • 壺と自民党の抱きつき心中壺と自民党の抱きつき心中  自民党政調会長(党三役)の萩生田光一を筆頭に、ネパールで開催された統一教会の催しに参加していた山際大志郎・経済再生担当大臣、参院選で6万~7 […]
  • 清和会は飼い慣らされていたのか?清和会は飼い慣らされていたのか?  統一教会による政界汚染の酷さが徐々に明るみに出て、世間を唖然とさせている。清和会に至っては親分だった安倍晋三にはじまりその手下たちもこぞって […]
  • フタが吹っ飛んだ壺の中フタが吹っ飛んだ壺の中  壺の蓋が吹っ飛んで抑えが効かなくなったのか、中から反共カルト教団及び自民党の熟成された汚物が出てくる、出てくる。放っておいてもすごい勢いで溢 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。