いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

記者雑感 下関市長の報酬はいくら?

 こんなに低調で街の友人知人たちの多くが冷め切った下関市長選は見たことがないが、それはさておいて、「アイツ(前田晋太郎)って、いったいどれだけ報酬もらってんの?」と知人に聞かれたので調べてみた。前田晋太郎が40歳で市長になり、1期目の任期が終わる44歳までにおよそいくら稼いだのか? に興味があるのだそうだ。野球選手の年俸への覗き見趣味と同じようなものだろうか、選挙が完全なる消化試合に終わりそうななかで、せめて同年代としてそのくらいは知っておきたいとのことであった。

 

 そこで調べたところ、市条例で定められた月額報酬は106万円なので、12カ月分の合計が1272万円。加えて昨年支給された夏と冬のボーナスの合計が566万円。これらをひっくるめると年収としては1838万円也。これを4年間に換算すると、7352万円となった。しかしそれだけに止まらない。市長になると1期ごとに3000万円の退職手当が別途支給される仕組みがあり、4年で1億円超を稼いだことがわかる。これを年収換算にすれば、およそ2600万円クラスということになろうか。公式に支給される金額だけ見ても、すごいのである。それにプラスアルファなんて世界を想像してみると、大学町にある元市長の豪邸なんてのも「なるほどね」とつい思ってしまうのである。

 

 送り迎えは運転手つきの公用車。夜飲み会に行けば帰りは公用タクシーチケットが支給され、「あっ、美ら海水族館を見に行きたいな」と思えば「水族館の視察」なんて銘打って沖縄旅行をすることだってできる。韓国に行きたいなと思えば、「釜山が姉妹都市」であることを理由に何泊かの旅行を組むことも可能だ。ブラジルのサンパウロだって、トルコのイスタンブールだって姉妹都市だし、そうやって海外旅行にばかり明け暮れていたのが市長をしていたこともあった。

 

 さて、市長選の投開票は迫っている。前田晋太郎の4年間は1億円の働きにふさわしいものだったのだろうか。その評価が得票となってあらわれるのであろう。

関連する記事

  • 中身はそのままのイメチェン中身はそのままのイメチェン  自民党総裁選がようやく終わり、安倍・麻生といったキングメーカーたちの目論み通りに岸田文雄が新総裁の座に就き、総選挙直前の衣替えが完了した。メ […]
  • 尻ぬぐい選びに口を出す放り投げ尻ぬぐい選びに口を出す放り投げ  誰がなっても同じなのに、来る総選挙の「顔」を巡ってにわかに自民党が総裁選の前哨戦をくり広げ、メディアも大騒ぎしている。コロナ禍で政権を放り投 […]
  • 選挙期間4週間の自民党選挙期間4週間の自民党  林芳正参院議員が辞職し、衆院山口3区に鞍替えすることにともなって、山口県では10月7日告示、24日投開票の日程で参議院議員の補欠選挙が実施さ […]
  • 河村たかしの噛み癖河村たかしの噛み癖  他人の金メダルを本人の了解もないのに、なんのためらいもなく噛む――。衝撃の光景をニュースで見て、デリカシーのなさに唖然呆然とし、汚れたものを […]
  • 「日本モデル」ならず「日本モデル」ならず  アフガン戦争の終結は、いかなる民族であれ屈服しなければ大国の侵略支配など成し遂げられないことを証明した。第二次大戦からこの方、朝鮮戦争、ベト […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。