いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

記者雑感 下関市長の報酬はいくら?

 こんなに低調で街の友人知人たちの多くが冷め切った下関市長選は見たことがないが、それはさておいて、「アイツ(前田晋太郎)って、いったいどれだけ報酬もらってんの?」と知人に聞かれたので調べてみた。前田晋太郎が40歳で市長になり、1期目の任期が終わる44歳までにおよそいくら稼いだのか? に興味があるのだそうだ。野球選手の年俸への覗き見趣味と同じようなものだろうか、選挙が完全なる消化試合に終わりそうななかで、せめて同年代としてそのくらいは知っておきたいとのことであった。

 

 そこで調べたところ、市条例で定められた月額報酬は106万円なので、12カ月分の合計が1272万円。加えて昨年支給された夏と冬のボーナスの合計が566万円。これらをひっくるめると年収としては1838万円也。これを4年間に換算すると、7352万円となった。しかしそれだけに止まらない。市長になると1期ごとに3000万円の退職手当が別途支給される仕組みがあり、4年で1億円超を稼いだことがわかる。これを年収換算にすれば、およそ2600万円クラスということになろうか。公式に支給される金額だけ見ても、すごいのである。それにプラスアルファなんて世界を想像してみると、大学町にある元市長の豪邸なんてのも「なるほどね」とつい思ってしまうのである。

 

 送り迎えは運転手つきの公用車。夜飲み会に行けば帰りは公用タクシーチケットが支給され、「あっ、美ら海水族館を見に行きたいな」と思えば「水族館の視察」なんて銘打って沖縄旅行をすることだってできる。韓国に行きたいなと思えば、「釜山が姉妹都市」であることを理由に何泊かの旅行を組むことも可能だ。ブラジルのサンパウロだって、トルコのイスタンブールだって姉妹都市だし、そうやって海外旅行にばかり明け暮れていたのが市長をしていたこともあった。

 

 さて、市長選の投開票は迫っている。前田晋太郎の4年間は1億円の働きにふさわしいものだったのだろうか。その評価が得票となってあらわれるのであろう。

関連する記事

  • 目隠しチャンバラからの卒業目隠しチャンバラからの卒業  広島県が4月1日より、全国に先立って全県民・県内就業者向けの無料PCR検査の実施に踏み出した。菅政府による横やりも入りながら、それでも広島県 […]
  • 「おい林芳正、トラさんが怒るぞ!」「おい林芳正、トラさんが怒るぞ!」  萩市長選で林芳正が推した現職・藤道健二が落選したのを受けて、山口県内の政治にかかわっている人々のなかでは3区鞍替えをめぐる微妙な空気が流れて […]
  • 「1週間でリバウンド」「1週間でリバウンド」  3月21日に一都三県の緊急事態宣言が解除されたと思ったら、1週間も経たないうちに首都圏では再び感染拡大の趨勢が強まり、「第四波の到来」とか「 […]
  • 日本政府の祈祷スタイル日本政府の祈祷スタイル  21日に一都三県の緊急事態宣言も解除となり、「新たな闘い」などといわれているが、新たも何も、これまで日本政府としては新型コロナウイルスと闘っ […]
  • 衆院山口3区“林芳正の乱”に暗雲か衆院山口3区“林芳正の乱”に暗雲か  衆院山口3区をめぐる代理戦争と化した萩市長選は、河村建夫元官房長官の実弟・田中文夫の1万3399票に対し、3区横取りを画策する林芳正が支援し […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。