いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
カテゴリー「社会」の記事

倉敷市真備町の小田川決壊 10年以上前から研究者は警鐘 

『水利研究』に掲載されていた内田和子教授の論文    西日本を中心に日本列島の広い範囲を襲った今回の豪雨災害で、岡山県倉敷市真備町は堤・・・

社会2018.7.13 

酷暑の復旧 スコップ抱え住民総出で土砂掻き出す 高校生・大学生ボランティアも貢献

 豪雨災害の発生から1週間を迎えるが、被災現地はまだ災害のまっただ中にある。死者81人、安否不明者37人(12日現在)となった広島県内では、山か・・・

社会2018.7.13 

懸命な復旧続く豪雨被災地 未だ全容つかめぬほど広範囲に及ぶ被害

30度超す蒸し暑さのなかスコップ担いで動き出す住民    西日本を中心に襲った豪雨災害は、広範囲に及ぶ被災地に深刻な爪痕を残した。なか・・・

社会2018.7.11 

西日本襲った前代未聞の豪雨 広範囲に及ぶ深刻な被害 問われる国の対応

死者100人超 なお多数の安否不明者    活発な梅雨前線が停滞したことによる記録的な豪雨で、西日本を中心に日本列島の広範囲にわたって・・・

社会2018.7.9 

子どもの虫歯 過半数が未治療 全国保険医団体連の調査で明らかに

 学校の歯科検診で虫歯が見つかった子どものうち過半数が歯医者で治療をしておらず、虫歯が10本以上ある「口腔崩壊」の子どもがいる学校は3割をこえて・・・

社会2018.7.5 

京都Xバンドレーダー 停波要請に米軍が応じず ドクターヘリ搬送17分遅れる

 京都府京丹後市の米軍経ケ岬通信所に配備されている早期警戒レーダー「Xバンドレーダー」をめぐり今年5月、救急搬送のために運航していたドクターヘリ・・・

社会2018.7.3 

詩人アーサー・ビナードが語る 倫理なき科学と原爆投下の裏側

 科学の軍事化、軍学共同に反対する科学者の運動は、市民各界との連携を広げて発展している。そのなかで原爆の開発と投下をめぐって、科学者が果たした役・・・

社会2018.6.29 コメント(1)

京都大学 立て看規制したはずが… コンテストかと見まがう様相に

 京都大学「名物」として知られる立て看板(タテカン)をめぐり、京都市から屋外広告物(景観)に関する条例に違反するとして行政指導を受けた京都大学が・・・

社会2018.6.20 

世界でも稀なる主権放棄の日米地位協定 沖縄県が独自調査をHPで公表

 日米地位協定の運用について全国的な論議を喚起するため沖縄県が6日、主な米軍駐留国と実態を比較した「ポータルサイト」をホームページに開設した。沖・・・

社会2018.6.12 

米軍艦船の発信電波が原因か? 佐世保で自動車の電子キー不具合あいつぎ物議

 長崎県佐世保市で5月下旬から、自動車の電子キー(スマートキー)が反応しない不具合があいつぎ、同市内の自動車販売会社に約200件の相談が寄せられ・・・

社会2018.6.8 

旧美東(山口県)原種農場を訪ねて ー種子生産の営みを担う現場からー

 今年4月、種子法が廃止された。1952(昭和27)年に制定されたこの種子法は、コメ、麦、大豆などの主要作物について、優良な種子の安定的な生産と・・・

社会2018.6.1 

沖縄 県民投票に向けキックオフ集会 

 米軍普天間基地の移設にともなう新辺野古基地建設の賛否を問う県民投票条例制定請求に向け「『辺野古』県民投票の会」が23日に那覇市のかりゆしアーバ・・・

社会2018.5.26 

種子法廃止や種苗法改定に潜む危険 外資が種子独占し農業を支配する構造

 今年4月に施行された「種子法廃止」や、農水省が検討に入った「種苗の自家増殖の原則禁止」を内容とする種苗法の改定など、農業の根幹をなす種子や苗を・・・

社会2018.5.24 

辺野古釘付けの裏で極東最大と化した岩国基地 120機体制で轟く爆音 

 山口県岩国市の米軍岩国基地では、米軍厚木基地からの空母艦載機60機の移転が3月末に完了し、所属する航空機は120機へと倍増した。これにともなっ・・・

社会2018.5.12 

増え続ける外国人労働者 少子化解決せずに外国人に寄生する本末転倒

 少子高齢化を背景にした人手不足を追い風にして、国内企業で外国人労働者の導入が急速に広がっている。2012年から毎年過去最高を更新し、2017年・・・

社会2018.5.7 

こっそり審議入りした働き方改革法案 「労働者保護」から「生産性向上」への転換

 国会がモリ&カケ問題などで右往左往するなか、安倍政府がこっそりと「働き方改革法案」を審議入りさせた。本来はそれぞれ慎重な審議が不可欠な8法案を・・・

社会2018.5.4 

「♯ME TOO」を巡る2つの路線 女性をか弱い被害者として閉じ込めてよいか

 世界的にセクハラ告発の流れが強まり、日本でも国会内で黒いドレスを着た女性議員が「#Me Too(私も)」のポスターを掲げるまでになっている。こ・・・

社会2018.5.3 

下関の在日朝鮮人の体験 ー故・姜海洙(カン・ヘス)氏の話よりー

 朝鮮戦争の終結に向けて南北対話が進み、歴史的な局面を迎えている。第2次大戦中の日本軍国主義による植民地支配、そして朝鮮戦争から現在まで続く、長・・・

社会2018.5.2 

米国下請け軍隊が叫ぶ「国民の敵」 忘れ得ぬ軍部暴走の果ての国難

第2次大戦の悲劇に反省のない軍国主義の亡霊    現職の幹部自衛官が野党議員に、「おまえは国民の敵だ」などと数回にわたって罵声を浴びせ・・・

社会2018.4.24 

ファシズムと対峙した戦前の政党人 現代に響く浜田国松の「腹切り問答」

 安倍晋三とその閣僚・官僚たちが国会で連日くり広げるみっともない振舞は、マスコミと野党が騒いだ「安倍一強」なるものが、砂上の楼閣でしかなかったこ・・・

社会2018.4.17