いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
カテゴリー「社会」の記事

金融資本の袋小路から人間主体の真っ当な社会へ ー年頭にあたってのご挨拶ー

 2019年の新年を迎えて、読者・支持者の皆様に謹んでご挨拶申し上げます。   □       □     全世界を揺さぶっ・・・

社会2019.1.1 

注目される練馬区「図書館司書のストライキ」 企業ではなく区民の為の図書館を

 東京都練馬区の石神井・練馬の両図書館に指定管理制度を導入する区の計画に対し、図書館業務を担っている図書館専門員(非常勤司書)が、提案の撤回を求・・・

社会2018.12.21 

放置される住民の生活再建 豪雨災害から5ヵ月の広島県・坂町小屋浦地区

 7月の西日本豪雨からまもなく半年が経過するなか、もっとも被害が大きかった広島県内の被災地では多くの住民たちが家を失い、生活再建の見通しもたたぬ・・・

社会2018.12.18 

諦め狙った辺野古土砂投入 民主主義も地方自治もない暴挙

 日米政府が進める沖縄県名護市の辺野古新基地建設をめぐり、安倍政府は14日、米軍キャンプ・シュワブのある辺野古崎の埋め立て区域に土砂を投入した。・・・

社会2018.12.17 

資源管理に名を借りた公的資源(海)の私物化 浜の視線から見た漁業法改正・水産政策改革 三重県鳥羽磯部漁協監事・佐藤力生

 さとう・りきお 昭和26年12月、大分県大分郡庄内町(現・由布市)生まれ。昭和49年3月に東京水産大学(現・東京海洋大学)を卒業し、昭和51年・・・

社会2018.12.15 

米軍需産業のカモにされる日本 防衛予算はつかみ取り 兵器ローンで借金漬けに

 高齢者の介護や医療費、教育費など国民生活関連予算を削りながら、一方では安倍政府がばく大な国家予算を投じて米国製兵器を買い込み続けている。借金で・・・

社会2018.12.6 コメント(1)

アジアの緊張煽る米国 南シナ海や台湾海峡で露骨な軍事挑発

 朝鮮戦争終結にむけた和平交渉が進行するなか、アメリカが今度は中国などアジア一帯をにらんだ軍事挑発をエスカレートさせている。領有権問題で緊張して・・・

社会2018.12.1 

営利優先で電力不安定化招く本末転倒 再エネビジネスが引き金となるブラックアウト

 電気を安定的に供給することは、国民生活と生産活動を維持するために国と電力会社が負っている社会的な責任である。先日、北海道でブラックアウトが起き・・・

社会2018.11.27 

高額報酬得る外国人経営者 グローバル化で進んだ富の一極集中 カルロス・ゴーン逮捕を巡って

 日産会長のカルロス・ゴーンが役員報酬を過少申告していた容疑で逮捕され、その金額が実は2倍の年間20億円近くだったことに衝撃が走っている。今回の・・・

社会2018.11.25 

日弁連がGPS捜査の中止を求める意見書 秘密裏に進む国民監視に警鐘

 日本弁護士連合会(日弁連)は10月24日、警視庁と最高検察庁に対して、GPS捜査を中止し、これまで実施したGPS捜査に関して調査・公表するなど・・・

社会2018.11.24 

「人口の多い住宅地への建設やめよ」 長崎大学が進めるBSL4施設に募る市民の不安

 長崎大学が進める危険度の高い病原体を扱う研究施設である「バイオ・セーフティー・レベル(BSL)4」施設の建設をめぐり、建設予定地周辺の住民のあ・・・

社会2018.11.24 

オスプレイ配備反対で強まる地元住民の結束 佐賀市川副町で4回目の町民集会 

 佐賀空港へのオスプレイ配備をめぐり地元・佐賀市川副町では根強い住民の反対運動がおこなわれている。17日には中川副公民館で「自衛隊・オスプレイ等・・・

社会2018.11.23 

全額補償させたナホトカ号事件の例 

 ドイツの海運会社が所有する貨物船「エルナ・オルデンドルフ」が山口県の大島大橋に衝突して広域水道の送水管を切断し、周防大島町はいまだに全島断水が・・・

社会2018.11.17 

高すぎるガソリン代 本体1000円+税金750円=代金1750円になるカラクリ

 国民生活に欠かせないガソリンや灯油をはじめとする石油製品が、乱高下をくり返しながら値上がりしている。1990年代は1㍑100円を切っていたガソ・・・

社会2018.11.8 

海洋国家なのに船員がいない… 国内養成機関は縮小続きで外国人依存に 大島大橋事故の背景にあるもの

 ドイツの海運会社が所有する貨物船「エルナ・オルデンドルフ」(2万5431㌧)が10月22日、山口県の周防大島町と大畠町を結ぶ大島大橋の橋梁に衝・・・

社会2018.11.3 

国交相が承認撤回の効力停止 辺野古工事強行の横暴な手法

 石井啓一国土交通大臣は10月30日、沖縄県による辺野古埋立承認撤回の執行を停止し、沖縄県の同意のないまま埋め立て工事を再開させる意向を発表した・・・

社会2018.11.1 

相模総合補給廠にミサイル司令部を配備 地元自治体の同意も得ぬまま進める米軍

 米陸軍のミサイル司令部である第38防空砲兵旅団司令部が、10月16日から相模総合補給廠(神奈川県相模原市)へ段階的に兵員駐留を開始した。首都圏・・・

社会2018.11.1 

真実貫く知識人の気骨ある抵抗 ー「横浜事件」が示すこと 控訴棄却に当たってー

 戦時中、治安維持法のもとで「拷問による自白強要」でねつ造された「横浜事件」の元被告の遺族が「国家賠償」を求めた裁判で、東京高裁は24日、第一審・・・

社会2018.10.30 

「ミサイル基地はいらない」 萩市むつみでイージス・アショア配備に反対する住民集会

 ミサイル防衛イージス・アショアを陸上自衛隊むつみ演習場(山口県萩市)に配備する計画の撤回を求める住民の会(森上雅昭代表)は10月28日、「羽月・・・

社会2018.10.30 

「辺野古」賛否を問う県民投票条例成立 来春までに実施へ

 辺野古米軍基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票をめぐり、沖縄県議会米軍基地関係特別委員会(仲宗根悟委員長)は24日、県が提出した県民投・・・

社会2018.10.27