いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
カテゴリー「社会」の記事

がっぷり四つの力示した名護市議選 2月の市長選に続く攻防

自・公の過半数狙いならず ひどかった争点隠しと誹謗中傷    辺野古新基地建設の行方をめぐる世論動向が注目された名護市議会議員選挙が9・・・

社会2018.9.12 

被災地ルポ 豪雨災害2ヶ月の岡山県真備町はいま…

 7月上旬の豪雨災害で岡山県倉敷市真備町では川が増水し、堤防が決壊して一帯が湖のような状態になった。住宅は泥水に浸かってとても人が住める状態では・・・

社会2018.9.12 

沖縄本島全域に号外を配布 

   本紙は7~9日にかけて沖縄県内の読者・支持者とともに、今月30日におこなわれる沖縄県知事選の争点と展望を描いた号外『オール沖縄v・・・

社会2018.9.10 

国民の生命と財産を守れ ー日本列島を次々と襲う自然災害ー

 猛烈な風と雨を伴った台風21号が大阪はじめとした関西地方を襲い、6日未明には北海道が震度7の巨大地震に見舞われた。列島の各地が自然の猛威によっ・・・

社会2018.9.7 

オール沖縄vs東京司令部の真っ向勝負 沖縄県知事選の争点と展望

対米隷属日本の進路問う    名護市辺野古への米軍新基地建設を最大の争点とした沖縄県知事選が、9月30日に迫っている。辺野古新基地建設・・・

社会2018.9.6 コメント(1)

沖縄県が辺野古埋め立て承認を撤回 翁長知事が遺した「公約」貫く

 日米政府が進める米軍普天間基地の「辺野古移設」をめぐり沖縄県は8月31日、辺野古公有水面埋め立て承認を撤回した。これにより2013年の仲井真弘・・・

社会2018.8.31 

「翁長知事の遺志引き継ぐ」玉城デニー氏が出馬表明 オール沖縄の布陣固め挑む

動き出した沖縄県知事選    辺野古新基地建設を最大の争点としてたたかわれる沖縄県知事選(9月30日投開票)をめぐり、基地建設阻止を掲・・・

社会2018.8.31 

米軍守るため郷土を捨て石にするな 反対圧倒するイージス・アショア防衛省説明会

何度やっても地元理解は困難    安倍政府が陸上自衛隊むつみ演習場にイージス・アショアの配備計画を進めている萩市と阿武町で、3回目とな・・・

社会2018.8.30 

佐賀県・山口知事の大裏切り オスプレイ20年100億円で「合意」 知事選前にした保身と自民党への忖度

用地買収進まぬなかでの勇み足    佐賀空港へのオスプレイ配備計画をめぐって山口祥義知事が24日に記者会見をおこない、「県は国防政策に・・・

社会2018.8.28 

「豪雨被災地に人手を求む」 自助努力に委ねられる現状

なぜ国が動員しないのか    7月の集中豪雨によって甚大な被害に見舞われた被災地では、連日35度をこすような酷暑のなか、住民や全国各地・・・

社会2018.8.22 

歯科技工士がいない 診療報酬抑制で志願者減少 17年で3分の1に

   国民の健康と生命を維持していくうえで歯は決定的な役割を担っている。ところが日本では低医療・低福祉のもとで入れ歯・差し歯・被せ物な・・・

社会2018.8.20 コメント(1)

科学的根拠なきIPCCの気温上昇予測 利権争いで事実ねじ曲げ

 日本をはじめ世界各地が記録的な猛暑に見舞われるなか、国連の「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)が、「現状の温暖化ガスの排出ペースが続く・・・

社会2018.8.11 

跳ね上がるイージス・アショアの配備費用 6000億円を超える恐れも

 防衛省が7月30日、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」に最新鋭レーダー「LMSSR」(ロッキード・マーティン社製)を搭載する・・・

社会2018.8.2 

勝ち組と負け組作った国鉄分割民営化 廃線・減便ラッシュのJR

全国を繋いだ鉄道網が… 放り出される儲からない地方    正確な発着時間、安全運行で全国を結んだ鉄道で廃線や減便があいついでいる。経営・・・

社会2018.7.28 コメント(1)

沖縄県民投票求める署名 8万人に到達の見込み

 沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設の是非を問う県民投票の実現に向けて、「辺野古」県民投票の会(元山仁士郎代表)は、23日に県民投票条例の制定を・・・

社会2018.7.25 

ODAやめて被災地に回せ 苦難に置かれた国民を守るのが統治の責務 

災害対応の見直し急務 行政機能麻痺し「自己責任」に委ねられた現状    西日本を襲った豪雨災害の被災地は、1週間を過ぎてもまだ混乱の中・・・

社会2018.7.19 

豪雨災害から1週間 身内だけでは限界の復旧作業 広島被災地の現場から

 豪雨災害から1週間が経過したが、甚大な被害を受けた被災地はまだ復興の入口にも立てない状態が続いている。広島県内では、死者は100人を超え、今も・・・

社会2018.7.17 

隠れて進む漁業権の民間開放 9月臨時国会で法改定の動き

水揚げ漁港の集約化も    国民が生きていくうえで不可欠な日本の食料生産が、今重大な危機に直面している。農業はこの間、TPP(環太平洋・・・

社会2018.7.17 

倉敷市真備町の小田川決壊 10年以上前から研究者は警鐘 

『水利研究』に掲載されていた内田和子教授の論文    西日本を中心に日本列島の広い範囲を襲った今回の豪雨災害で、岡山県倉敷市真備町は堤・・・

社会2018.7.13 

酷暑の復旧 スコップ抱え住民総出で土砂掻き出す 高校生・大学生ボランティアも貢献

 豪雨災害の発生から1週間を迎えるが、被災現地はまだ災害のまっただ中にある。死者81人、安否不明者37人(12日現在)となった広島県内では、山か・・・

社会2018.7.13