いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
カテゴリー「社会」の記事

研究費打ち切りの恐怖 地震学者・島村英紀

 砂糖の取りすぎの有害性について指摘しようとした研究を米国の砂糖業界(糖類研究財団。現在の砂糖協会)が打ち切ってしまったために結果を公表できなか・・・

社会2018.1.5 

軍学共同に反対して 軍学共同反対連絡会共同代表・池内了

 防衛装備庁が創設した「安全保障技術研究推進制度」は、大学・公的研究機関(独立行政法人が設立する研究機関)・企業の研究者に向けて、軍事装備品開発・・・

社会2018.1.4 

年頭にあたってのご挨拶

   2018年の新年を迎えて、読者・支持者のみなさんに謹んでご挨拶申し上げます。    昨年は世界全体が激動、分化、再編の・・・

社会2018.1.1 

人類の幸福めざす科学者の生き方 湯川秀樹の日記公表と関連して

 日本人として、初のノーベル賞を受賞した物理学者・湯川秀樹(1907~81年)が1945年の敗戦前後に書いた日記を21日、京都大学基礎物理学研究・・・

社会2017.12.28 

広島高裁が伊方3号機の運転差止め判断 阿蘇噴火の危険性指摘

 広島市と松山市の住民が原告となって四国電力伊方原発3号機(昨年8月再稼働、現在定期検査中)の運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審で、広島・・・

社会2017.12.16 

「防衛」隠れ蓑にした攻撃拠点化 イージス・アショア配備の意味

米軍の浮沈空母と化す日本列島    米トランプ大統領が北朝鮮のミサイル問題をめぐって「迎撃するべきだ」と露骨な圧力をかけるなか、安倍政・・・

社会2017.12.16 

電気も作らず廃炉にもできない「高速増殖炉もんじゅ」

 使い物にならない高速増殖炉もんじゅを巡って、廃炉作業の過程で、原子炉容器内の液体ナトリウムの抜きとりを想定した設計になっていなかったと日本原子・・・

社会2017.12.4 

『君たちはどう生きるか』を読む 80年の時を経て現代に響くのはなぜか

 戦前からの児童文学者であり、戦後は月刊誌『世界』の初代編集長となった吉野源三郎の『君たちはどう生きるか』が全国の書店で売れ行きを伸ばし、話題に・・・

社会2017.11.29 

会計検査院「算定の根拠確認できず」 森友学園への値引き実際は3~7割と指摘

 森友学園への国有地払い下げをめぐる財務省・国交省の値引きについて、国会の要請を受けて値引きの適正性を調べていた会計検査院(河戸光彦院長)が調査・・・

社会2017.11.25 

疑惑晴れぬ加計学園問題 認可後も問題点続々と

   安倍首相の「腹心の友」が理事長を務める学校法人・加計学園(岡山市)の岡山理科大学獣医学部が14日、「総理のご意向」通り文科省によって認可さ・・・

社会2017.11.20 

トランプが「リメンバー・パールハーバー」に込めた意図

 トランプの訪日時の横柄な振る舞いは、日本の主権を牛耳る植民地宗主国の長として、その主従関係をこれ見よがしに見せつけるものだった。それは戦後、日・・・

社会2017.11.14 

米軍肩代わりの日本版海兵隊 東アジアの緊張下で進む日本全土の米軍基地化

 トランプ大統領来日と時を同じくして、安倍政府が離島侵攻専門部隊である水陸機動団(日本版海兵隊)配備の動きを本格化させている。来年3月には朝鮮半・・・

社会2017.11.4 

品質二の次の生産現場 神戸製鋼のデータ改ざんはなぜ起きたか 下関で話題に

過剰ノルマと経費削減 労働者は長期に疑問    国内鉄鋼3位の神戸製鋼で発覚した品質に関するデータの改ざんが国際的な問題となっている。・・・

社会2017.10.26 

対北朝鮮に乗じて段階画す米軍の横暴 ヘリ墜落や火炎弾訓練

国民生活を脅かすのは誰か    総選挙結果を巡って商業メディアが「自民圧勝」と宣伝するなか、安倍政府が日米同盟重視や改憲などの「選挙公・・・

社会2017.10.19 

安倍首相を山口地検に告発 今治加計獣医学部めぐる詐欺幇助罪で

モリ&カケ疑惑追及の2市民団体    「今治加計獣医学部問題を考える会」の黒川敦彦共同代表(衆院山口4区から出馬)と「森友学園問題を考・・・

社会2017.10.18 

今度は米軍ヘリが墜落炎上 対北朝鮮の訓練激化の中 沖縄県東村高江

高まる米軍の脅威 抗議もできない日本政府    米軍普天間基地所属の大型輸送ヘリCH53Eが11日午後、北部訓練場のある東村高江の集落・・・

社会2017.10.13 

失速する日本の科学力 ー英科学誌『NATURE』の指摘ー

 イギリスの科学誌『ネイチャー』が今年3月、日本の科学力がこの10年間で失速していることを浮き彫りにする特集を組んだ。『ネイチャー』は、各国の研・・・

社会2017.9.26 

無所属議員に質問時間を与えない北九州市議会  「言論の府」の驚くべき実態

   北九州市9月議会で1人会派の議員が、質問時間が極端に短くなったことについて、それが「事実上の欠席裁判」で決まったものであり「民主・・・

社会2017.9.23 

漂流する対米従属国の姿映し出す 大義なき解散劇をどう見るか

モリ&カケをごまかし 緊急事態条項盛り込む    「大義なき解散」「加計ながし解散」「モリ&カケ隠蔽解散」等等のネーミングが飛び交い、・・・

社会2017.9.22 

教育を戦争動員する地ならし 北朝鮮騒動めぐり子どもや学校を弄ぶ意図

 この間のミサイル騒動を巡る日本政府の対応は、「はしゃぎすぎ」の一言に尽きる。逃げる場などないのに、また日本列島には落下するはずなどないとわかっ・・・

社会2017.9.15