いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
カテゴリー「コラム狙撃兵」の記事

狙撃兵 ネギを背負って出かけるカモ

 米大統領のトランプに気に入られるためには、いまや何でもやりかねないのが安倍政府だ。10日におこなわれる日米首脳会談の手土産として、米国で70万・・・

コラム狙撃兵2017.2.8 

狙撃兵 再選挙の背景に見える事

 米空母艦載機の発着訓練の移転先として挙がっている馬毛島を抱える鹿児島県西之表市の市長選が1月29日に投開票を迎え、6人の候補者が誰一人として法・・・

コラム狙撃兵2017.2.1 

狙撃兵 なにをいまさら…

 最近は小池百合子の都民ファーストといい、トランプのアメリカ・ファースト=米国第一といい、「○○ファースト」という言葉が氾濫している。せめて日本・・・

コラム狙撃兵2017.1.25 

狙撃兵 猿の尻

 米大統領になるトランプがテレビ画面に出てくると、口の悪いお年寄りが「サルの尻(ケツ)」呼ばわりして周囲を驚かせた。興奮し、顔を紅潮させてまくし・・・

コラム狙撃兵2017.1.16 

狙撃兵 大山鳴動して3000億円

 大山鳴動して鼠一匹どころか3時間近く遅刻したうえに3000億円の経済支援を手土産にしてプーチンはロシアへ帰っていった。その後、首相みずからが晩・・・

コラム狙撃兵2016.12.19 

狙撃兵 「不時着」と「墜落」と「堕落」

 朝起きてテレビをつけると、NHKのアナウンサーが「オスプレイ不時着」を伝えていた。ところが次の瞬間目に飛び込んできた映像は、海岸の浅瀬に沈み込・・・

コラム狙撃兵2016.12.16 

狙撃兵 軽々しい真珠湾慰霊

 米大統領選の最中にヒラリーに面会したのが裏目に出て、慌てて就任前のトランプに会いに行き、今度はそれがオバマの逆鱗に触れてホワイトハウスから叱ら・・・

コラム狙撃兵2016.12.7 

狙撃兵 ゴルフクラブを握りしめて…

 まだ就任すらしていない次期米大統領に一番乗りで面会に行ったのが安倍晋三だった。ヒラリー当選を確信して高をくくっていたのから一転、属国の傀儡政府・・・

コラム狙撃兵2016.11.21 

狙撃兵 大成建設はモグラになるな

 博多駅前の陥没事故は、日頃からあの通りを利用している人人だけでなく、地下構造物が張り巡らされた市街地に暮らす人人にとって、背筋が凍るような出来・・・

コラム狙撃兵2016.11.9 

狙撃兵 「土人」扱いされながら…

 大阪府警の機動隊員が沖縄県高江の米軍ヘリパッド建設に反対する沖縄県民に向かって「触るなクソ、どこつかんどんじゃボケ、土人が!」「黙れこら、シナ・・・

コラム狙撃兵2016.10.31 

狙撃兵 怠け者たちの目くら判

 まともな審議もないまま、与党の「強行採決」発言に反発する格好で野党が欠席し、「空転国会」を演出したうえでTPPの強行採決が迫っている。与党も野・・・

コラム狙撃兵2016.10.28 

狙撃兵 米国揺さぶるウィキリークス

 2010年に米外交公電を暴露したことで有名になった内部告発サイト「ウィキリークス」創始者のジュリアン・アサンジが、政治亡命していた英国のエクア・・・

コラム狙撃兵2016.10.19 

狙撃兵 子どもが腹を空かせた「美しい国」

 「子ども食堂」といわず「老人食堂」も欲しいという声に混じって、「一人もん食堂もお願いします…」と男たちの遠慮がちな声まで聞こえてくる。50~6・・・

コラム狙撃兵2016.9.30 

狙撃兵 屈服する必要などない判決

 辺野古への米軍基地建設を巡って、埋立承認を取り消した翁長知事が処分を撤回しないのは違法だとして国が沖縄県を訴えた裁判で福岡高裁那覇支部が全面的・・・

コラム狙撃兵2016.9.19 

狙撃兵 汚れているのは土壌だけか?

 東京都が進めていた築地市場の豊洲移転が土壇場になって大騒動に発展している。あるはずの盛り土がなく地下が空洞化していることや、青果棟の地下になる・・・

コラム狙撃兵2016.9.16 

狙撃兵 不可解な豊浦支店長の自殺

 山口銀行豊浦支店のU支店長はなぜ自殺したのかーー。生真面目で地域からの信頼も厚かった同氏の人柄を知っている関係者のなかで、悶悶とした思いが募っ・・・

コラム狙撃兵2016.9.7 

狙撃兵 苦労も痛みも伴わない博打

 国民年金や厚生年金を運用している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、その運用損失が今年4~6月期は5兆2342億円にのぼったことを発・・・

コラム狙撃兵2016.8.29 

狙撃兵 安倍マリオ「僕を見て!」

 リオ五輪のクライマックスで、アベマリアならぬ安倍マリオが土管から出てきて、世界に向かって「僕を見て!」をやったのには絶句した。都市開催の五輪に・・・

コラム狙撃兵2016.8.24 

狙撃兵 右を装う親米派

 米副大統領のバイデンが、「日本国憲法は我々が書いたものだ」と発言して物議を醸している。元も子もないというより、そんなことくらい学術的証拠や生き・・・

コラム狙撃兵2016.8.19 

狙撃兵 劇場型とシラケ型の使い分け

 東京都知事選はまるで郵政選挙を彷彿とさせるような劇場型選挙だった。序盤に鳥越俊太郎が女性スキャンダルを騒がれてシュン太郎になったと思ったら今度・・・

コラム狙撃兵2016.8.3