いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
カテゴリー「コラム狙撃兵」の記事

対話しか解決の道はなし

   北朝鮮が3日にICBM(大陸間弾道ミサイル)搭載用の水爆実験に成功したと発表したのを受けて、メディアは例の如く「北朝鮮けしからん・・・

コラム狙撃兵2017.9.4 

被害妄想の背後に潜んだ意図

 ミサイル騒動の度に違和感を覚えるのは、着弾する可能性などないことをわかっているくせに、政府があまりにも国民を脅かしすぎることだ。詳細な情報が何・・・

コラム狙撃兵2017.8.30 

アベ界隈の警察関係者

 数週間ほど前、某誌の記者が東京からはるばる下関にやってきて、安倍晋三の「腹心の友」こと加計孝太郎と山口4区の関わりを熱心に調べていた。その際、・・・

コラム狙撃兵2017.8.29 コメント(1)

坪単価150万円の衝撃

 建築・設計コンサル等に携わっている人人は、加計学園が今治市につくっている獣医学部の建設費用が坪単価150万円であることに驚きを隠せないでいる。・・・

コラム狙撃兵2017.8.23 

なかなか散らないあだ花

 支持率回復を狙った内閣改造も特効薬にはなり得ず、安倍政府は倒壊寸前まで追い込まれている。このなかで、野党の民進党もボロボロの状態で代表の蓮舫が・・・

コラム狙撃兵2017.8.10 

籠池だけ逮捕はズルいぞ

 世間を賑わせてきた森友学園の籠池夫妻がついに逮捕された。教育勅語を暗唱させ、「安倍首相がんばれ! 安倍首相がんばれ!」と園児たちに叫ばせて応援・・・

コラム狙撃兵2017.8.2 

沈みゆく泥船内閣

 安倍晋三がみずから関与を認めることなどあるものかと思っていた閉会中審査は、案の定、はぐらかしに終始して幕を閉じた。これまでと違ったのは、あれほ・・・

コラム狙撃兵2017.7.26 

臭すぎる物に蓋はできず

 明治期に広がった女子教育の伝統を継いできた下関市の梅光学院(大学、中高校)が学校崩壊ともいえる事態に直面し、教育関係者や父母、同窓生のなかで心・・・

コラム狙撃兵2017.7.21 

山口4区の私物化

 「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」が仮に現実になると、次期衆院選の山口四区は俄然面白みが増してくる。それこそ「・・・

コラム狙撃兵2017.7.14 

逃亡か対決かはっきりしろ

 共謀罪のアクロバット的採決と国会閉幕は森友学園や加計学園を巡る疑惑で針のむしろ状態だった安倍政府にとって逃亡劇の始まりだった。   ・・・

コラム狙撃兵2017.6.28 

「しつこい人」の本領発揮

 21日の晩、森友学園問題とかかわって検察に強制捜査を受けていた籠池理事長が、安倍昭恵の経営する居酒屋「UZU」や富ヶ谷にある首相の私邸におしか・・・

コラム狙撃兵2017.6.23 

閉じこめられた三時間

  東海村臨界事故を彷彿とさせる事故が茨城県大洗町にある日本原子力研究開発機構の研究施設で起き、5人の作業員が被曝した。1人の作業員の肺から検出・・・

コラム狙撃兵2017.6.12 

取り締まられるべきは誰か

  最近のテレビは昼も夜も警察モノのドラマで溢れ、公安や捜査一課、所轄などの関係も絡めながら、事件を解決していくヒーローたちの作り話を垂れ流して・・・

コラム狙撃兵2017.6.9 

文科相は不当な支配に服すな

 加計学園をめぐる問題はついに文科省の前次官が名乗りを上げ、「首相のご意向」と記した文書の存在を暴露する事態に発展した。    官邸は・・・

コラム狙撃兵2017.5.26 

人治主義国家への転落

 加計学園の獣医学部新設をめぐる問題がようやくメディアに浮上し始めた。    「第二の森友学園疑惑」などといわれてきたが、こちらは首相・・・

コラム狙撃兵2017.5.19 

「私、日本人で“なかった”」

 目をつぶってにっこりと白い歯を見せる若い女性の顔に日の丸らしきチークを施し、さらに背景に日の丸を配置して、「私日本人でよかった」「誇りを胸に日・・・

コラム狙撃兵2017.5.10 

受け入れがたい前提

 米朝の軍事的な緊張激化を受けて、日本国内では新聞やテレビが「北朝鮮がミサイルを発射する」「Xデーはいつか」と連日のように煽った。  ・・・

コラム狙撃兵2017.5.5 

法務大臣が知らぬ法案の審議

 共謀罪の実質審議が始まった19日の衆院法務委員会では、金田法相について使い物にならないと判断したのか、ついに慣例を破って自民党をはじめとした与・・・

コラム狙撃兵2017.4.21 

三代目が自民党を潰す

 18日付朝刊で「止まらぬ閣僚の失言 一強が緩みに」(毎日新聞)「放言のち撤回 閣僚相次ぐ」(朝日新聞)と各紙が閣僚たちの問題発言を取り上げ、毎・・・

コラム狙撃兵2017.4.19 

狙撃兵 戦争狂いの死にあがき

 シリアに59発のトマホークを撃ち込んだのに続いて、アフガニスタンには通常兵器のなかで最強といわれる大規模爆風爆弾・モアブを投下するなど、トラン・・・

コラム狙撃兵2017.4.17