いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

潔さなきタックルとその後

 ひどいタックルをかまして物議を醸している日大アメフト部の学生は、その後「監督の指示だった…」と周囲に漏らしているのだという。一方で、試合前にこの選手に対して「相手QBを壊してこい」「やるなら(試合に)出してやる」と反則行為を促すような発言をしたとされる監督は、「反則行為を意図的に指示したことはない」と主張し、大学側は「指導と選手の受け止め方の乖離が問題の本質」なのだとコメントを出した。立場の弱い学生が真相を表だって口にすることもできぬまま処分され、指示を出したとされる側は知らぬ存ぜぬをやっている光景が、何だか国会とそっくりのように思えてならない。組織の統治の在り方や、危機管理への対応、自己防御の反射神経に共通のものを感じるからだ。

 

 これが安倍政府なら、「私や妻がこの国有地払い下げ(タックル)に、もちろん事務所(大学)も含めて、一切かかわっていないということは明確にさせていただきたいと思います。もしかかわっていたのであれば、まさに私は、それはもう間違いなく総理(監督)も国会議員(日大理事)もやめるということははっきりと申し上げておきたい」と言い出すのだろうと、言葉を置き換えて想像してしまう。そして、権力を持っている者の言動に合わせてナンバー2あたりが「どの組織だって改ざん(タックル)はありえる話だ。会社だってどこだって、ああいうことをやろうと思えば個人の問題でしょうから」「改ざん(悪質なタックル)が組織全体で日常茶飯事で行われているということは全くない。そういった意味では、個人の資質とか、そういったものが大きかったのではないか」などと開き直りそうな気すらさせるのである。つくづく、あの手のはぐらかしの作法が蔓延してはならないと思う。

 

 どの組織においても、トップの自己防衛にために「あいつ(選手)が勝手にやった」で処理される下部の気持ちやいかばかりかと察する。とはいえ実行したのは本人で、試合に出たいがためにあのような危険なタックルをかましたのであれば批判は免れない。「監督の指示だったから」といって何ら思考することなく盲目的に実行したのであれば、それもまた上意下達の産物として考え物である。

 

 日大には、末端選手の尻尾切りではなく、スポーツ精神に則って誠実な対応をしてもらいたいものである。あの後ろから不意を突くタックルそのものが卑怯だが、まず第一に相手選手を気遣うことができなければはじまらない。学生スポーツに首を突っ込んで、外野席からやんやと騒ぎ立てるつもりはないけれど、潔さも大切であると思う。 吉田充春

関連する記事

  • 杉田水脈はいくらでも嘘をつける杉田水脈はいくらでも嘘をつける  ここ数日、自民党の杉田水脈衆院議員が性暴力被害をめぐる党会合のなかで、被害女性について「女性はいくらでも嘘をつける」と発言したことが物議を醸 […]
  • 放り投げられた「オモチャ」の争奪放り投げられた「オモチャ」の争奪  放り投げの末、にわかに始まった自民党総裁選と新内閣発足劇――。それはまるで安倍晋三が遊び飽きて投げ出したおもちゃを、それまでうだつの上がらな […]
  • 「山口3区が欲しい…」 林芳正の憂鬱「山口3区が欲しい…」 林芳正の憂鬱  林芳正の衆院山口3区鞍替え報道がにわかに観測気球のように上がり、その後、本人がメディア取材に対して含みを持たせつつも、それを打ち消すような曖 […]
  • 2度目の放り投げ2度目の放り投げ  1回目の放り投げをやった後、選挙区でもある下関で地域の夏祭りにまで人気取りに来ていた安倍晋三に向かって、支援者とおぼしきご老人が「この恥さら […]
  • 少子化とスポーツの機会均等少子化とスポーツの機会均等  下関市の人口減少数は全国に1724ある自治体のなかでも、ワースト4位に位置するほどひどい。「首相お膝元」などと持て囃され、支持者が桜を見る会 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。