いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

下関市長は誰の市長か

 下関の江島市長はだれの市長であるか。六連島で軍事訓練をやって戦争をしてくれという市民は全然いない。人工島を軍港にするために4車線のでかい道路をつくってくれといった市民もいない。唐戸の埋め立て地あるかぽーとにホテルや大型商業施設をつくってくれといった市民もいない。老人休養ホーム満珠荘をつぶしてくれといった市民もいない。むしろ市民はそんなことはしてくれるなと声を上げている。


 市民ではない別のだれかが求めているものを意地になってごり押ししているのである。市長は選挙で選ばれた市民の代表だということになっているが、現実は安倍総理の子分であり、林芳正代議士の仲間であり、神鋼や三菱、JRやサンデンなど大企業の利益のために粉骨砕身している。かれらのために働くことが、市民のためにならず、市民を苦しめているのである。


 教科書では、戦後の社会は主権在民で地方自治とか民主主義だと習ってきた。しかし安倍総理や江島市長が実際に実行しているのは、アメリカや、大企業や政治家が好きなようにふるまう、まぎれもない専制政治である。イラクや北朝鮮について「独裁国家」といってきたが、いってきた当人らが独裁政治であり、よそのことをいっている場合ではないのだ。


 世の中は、江島市長あっての市民であり、安倍総理あっての国民であり、大企業あっての労働者だといったって、黙ってそれに従って首をくくるわけにはいかないし、仕方がないといって外国に送られて肉弾になるわけにはいかない。


 市民の方は江島市長や安倍総理がクビになってもまったく困らないが、かれらは市民が支持しなければやっていけない、というのは小学生でも分かることである。軍事訓練をやれと安倍総理の官邸がいったところで、市民がその気にならなければできないことである。そもそも、水深が10数㍍しかない六連島に潜水艦が潜ってきて武力上陸したなどといって市民を避難訓練するというバカげたシナリオは、空に漂う官邸のようなものしか考えつかないことである。


 下関では28日の市議会最終本会議に、市民が押しかけて議会を傍聴し、議会に圧力をかけるとみんなが意気込んでいる。市長や議会あっての市民であるか、市民あっての市長・議会であるか、注目である。さらに県議選があり、林芳正大臣が登場する参議院選挙もある。
                          那須三八郎

関連する記事

  • 狙撃兵 昔は公僕といっていた狙撃兵 昔は公僕といっていた  下関市庁舎では朝八時半から1階から最上階までのすべての課で、一斉に「幸せです」とか「運がいいです」とかの大合唱が始まっている。中尾新市長の大 […]
  • <狙撃兵> 中尾市長の複式簿記観念  下関市中尾市長が「市職員以外見せてはならない」、本紙に漏れたら犯人探しという秘密の「市長通信」で、またまた本紙の記事をめぐってエキサイトして […]
  • 狙撃兵 自治労はストをやってもよい狙撃兵 自治労はストをやってもよい    下関市中尾市長の公約破りと共に、職員に対する使用人扱いがあからさまになっている。市長の椅子に着くやいなや挨拶運動と称して朝っ […]
  • <狙撃兵> 工場閉鎖は仕方ない事か  下関の彦島西山地区は三井東圧、三井化学、彦島(三井)製錬など、三井資本の80年にわたる牙城であるが、三井金属の子会社MCSが工場閉鎖を発表し […]
  • <狙撃兵> 下関市議会が全国モデル?  下関市議会の関谷博議長がなんのはずみでか全国市議会議長会の会長になることが決まったと報道されている。下関市議会が全国の市議会のモデルとなるわ […]
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。