いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
気になるキーワード:沖縄

おじい、おばあが見た沖縄戦 「無抵抗の民の皆殺しだった」 占領目的の明確な意図

 米軍駐留の起源は、第二次大戦において県民の4人に1人の命が奪われた沖縄戦であり、すべての米軍基地は、その殺戮のうえにブルドーザーと銃剣によって・・・

社会2018.9.20 

沖縄の不屈の魂に連帯する =甘くない選挙情勢 揺さぶる県民の力=

 沖縄県知事選が告示を迎えた。翁長知事逝去を受けて弔い合戦の様相を帯び、のっけから「玉城デニーがリード」等等のフワフワした情報が飛びかっている。・・・

社会2018.9.17 

基地ない沖縄の未来かけた闘い 県知事選は大激戦必至の情勢

 翁長雄志知事の死去にともなって9月30日に投開票を迎える沖縄県知事選が13日に告示され、17日間の選挙戦に突入した。翁長知事の遺志を引き継ぎ辺・・・

社会2018.9.17 

何ら真相解明進まぬ普天間のヘリ部品落下事件 緑ヶ丘保育園の父母らが会見

傲慢な米軍、放置し続ける隷属政府 「普天間の危険」除去する気なし    米軍普天間基地のそばにある緑ヶ丘保育園(沖縄県宜野湾市野嵩)の・・・

社会2018.9.14 

沖縄本島全域に号外を配布 

   本紙は7~9日にかけて沖縄県内の読者・支持者とともに、今月30日におこなわれる沖縄県知事選の争点と展望を描いた号外『オール沖縄v・・・

社会2018.9.10 

オール沖縄vs東京司令部の真っ向勝負 沖縄県知事選の争点と展望

対米隷属日本の進路問う    名護市辺野古への米軍新基地建設を最大の争点とした沖縄県知事選が、9月30日に迫っている。辺野古新基地建設・・・

社会2018.9.6 コメント(1)

揺るがぬ基地撤去の決意 翁長知事の遺志継ぐ 辺野古新基地建設断念を求める8・11沖縄県民大会

 沖縄県那覇市の奥武山陸上競技場で11日、「土砂投入を許さない! ジュゴン・サンゴを守り、辺野古新基地建設断念を求める8・11県民大会」(主催/・・・

平和運動2018.8.17 

島ぐるみの力で10万人突破 「辺野古」県民投票条例求める署名

怒濤の勢いだった残りの4週間    「『辺野古』県民投票の会」は7月30日に沖縄県庁で記者会見を開き、県民投票条例の制定を求める署名の・・・

平和運動2018.8.1 

沖縄県民投票求める署名 8万人に到達の見込み

 沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設の是非を問う県民投票の実現に向けて、「辺野古」県民投票の会(元山仁士郎代表)は、23日に県民投票条例の制定を・・・

社会2018.7.25 

対米隷属の下で主権を放棄する日本社会 沖縄国際大学教授・前泊博盛

 東京都千代田区の専修大学神田キャンパスで5月26日、沖縄国際大学の前泊博盛教授による講演「沖縄と憲法―日米地位協定と安保、憲法の現実」(主催/・・・

政治経済2018.6.6 

沖縄 県民投票に向け署名開始 辺野古新基地建設に明確な民意示そうと動きが活発化

 辺野古基地建設をめぐって安倍政府との臨戦状態にある沖縄県で、基地建設の是非を問う県民投票の実施に向けた動きが下から活発化している。秋に控える知・・・

社会2018.4.12 

議長・副議長選めぐり紛糾する名護市議会 官邸采配の市政運営に危惧高まる

与党会派は副議長の選出を拒否 市長の「助言」を受け    辺野古への米軍基地建設問題を抱える名護市議会では20日、市長選後初めての臨時・・・

社会2018.2.25 

沖縄全島に号外を配布 来る知事選でオール沖縄の本領発揮を

名護市長選の解明に大きな関心    本紙は17、18日の両日、沖縄県内の支援者の方方の協力を得て、沖縄県内の各都市で本紙号外『名護市長・・・

政治経済2018.2.20 

名護市長選の全貌を解明 現地取材から見えてきたこと

 辺野古への米軍基地建設をめぐって日米政府との激突が続く沖縄県名護市(人口6万2000人)における市長選挙は、自民・公明与党をはじめとする政府が・・・

社会2018.2.14 

虚実ないまぜで酷かった誹謗中傷 名護に襲いかかった権力の実相に迫る

 辺野古への新基地建設を最大の争点としてたたかわれた沖縄県の名護市長選挙は、自民・公明両党が推す渡具知武豊氏(前名護市議)に、基地建設反対の立場・・・

政治経済2018.2.9 

名護市に対する政府の露骨な買収選挙 公職選挙法すら超越した“飴と鞭”の使い分け

 安倍政府は5日、名護市長選で自民党と公明党が推した渡具知武豊氏が当選したことを受けて、稲嶺前市長時代にうち切っていた米軍再編交付金を再開する方・・・

政治経済2018.2.8 

名護市長選 稲嶺落選の解明を 陣営切り崩した外部勢力の選挙介入 

 全国的な注目を集めていた名護市長選が4日に投開票を迎え、大激戦の末に辺野古基地建設反対を唱えた現職の稲嶺進氏が敗れる結果に終わった。選挙は一地・・・

政治経済2018.2.6 

「日本を守る」という欺瞞

 沖縄で連日のように空から欠陥ヘリコプターが舞い降りたり部品が落下して、県民の暮らしが脅かされている。県知事をはじめ各自治体や議会があれほど飛行・・・

コラム狙撃兵2018.1.10 

今度は米軍ヘリが墜落炎上 対北朝鮮の訓練激化の中 沖縄県東村高江

高まる米軍の脅威 抗議もできない日本政府    米軍普天間基地所属の大型輸送ヘリCH53Eが11日午後、北部訓練場のある東村高江の集落・・・

社会2017.10.13 

書評『米軍基地がやってきたこと』(デイヴィッド・ヴァイン著)

 デイヴィッド・ヴァイン著『米軍基地がやってきたこと』は、世界70カ国以上に約800の軍事基地を持つアメリカと、基地が置かれた国の政府や現地住民・・・

書評・テレビ評2017.9.21 

1 / 41234