いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
気になるキーワード:被災地

五輪狂騒の陰で苦しむ被災地 1年経った広島豪雨災害の現場から

 中四国地方に未曾有の被害をもたらした西日本豪雨災害から1年が経過した。東日本大震災、九州北部豪雨、熊本地震など全国各地で毎年のように災害被災地・・・

社会2019.7.27 

地震から3年、ひどすぎる熊本の現実 綺麗事に包み隠され取り残される被災者

五輪や兵器購入に数兆円が注がれる傍らで…    熊本や大分両県で273人の犠牲者を出した熊本地震の発生から3年を迎えた。メディアから復・・・

社会2019.4.23 

国民の生命と財産を守れ ー日本列島を次々と襲う自然災害ー

 猛烈な風と雨を伴った台風21号が大阪はじめとした関西地方を襲い、6日未明には北海道が震度7の巨大地震に見舞われた。列島の各地が自然の猛威によっ・・・

社会2018.9.7 

ODAやめて被災地に回せ 苦難に置かれた国民を守るのが統治の責務 

災害対応の見直し急務 行政機能麻痺し「自己責任」に委ねられた現状    西日本を襲った豪雨災害の被災地は、1週間を過ぎてもまだ混乱の中・・・

社会2018.7.19 

7万人が仮設住宅で暮らす国

 4月14日、熊本地震から2年を迎えた。仮設住宅で暮らしている避難民がいまだに3万8000人おり、現地では住宅をつくろうにも業者不足が深刻で手が・・・

コラム狙撃兵2018.4.16 

記者座談会 住民生活再建を中心に据えよ 熊本地震と破廉恥な復興利権

 熊本地震の発生から9カ月を迎えるなかで、被災現地では、住民生活を置き去りにして復興が大幅に遅れていることが問題になっている。    ・・・

社会2017.1.13 

人間の生活置き去りの「復興」 知られぬ熊本の実情

   震災発生からまもなく9カ月を迎える熊本被災地は、時間の経過とともにメディアによる報道も減り、あたかも「復興」に動き出したかのよう・・・

社会2017.1.9 

記者座談会 熊本を東北の二の舞にするな 棄民状態に置かれる被災地

  熊本大地震の発生から4カ月が経過した。商業メディアからはほとんど現地の実情は伝わらず、あたかも「復興に向かっている」かのような印象を与えてい・・・

社会2016.8.24 

熊本県益城町 行政麻痺し進まぬ生活再建

4300人が避難 仮設住宅着工はわずか1割    熊本地震の発生から3週間が経った。現地ではいまも大分から鹿児島まで連なる中央構造線の・・・

社会2016.5.9 

熊本地震が示す教訓 東北の二の舞にするな

 熊本・大分地方を震源にして九州全域を巻き込む地震が連続的に起こっており、震度1以上の地震は26日現在までに910回を超えている。東日本大震災か・・・

社会2016.4.27 

長周新聞社

東北現地取材 「邦人の命」語る資格ない政府 いまだ棄民状態の福島

 震災から4年がたちながら、被災地では22万9000人が避難生活を余儀なくされている。この間、民主党政府から自民党の安倍政府に切り替わったなかで・・・

社会2015.3.4 

長周新聞社

福島取材 2年7ヶ月を経て 仮設住宅では自殺や孤独死

 未曾有の原発災害から2年7カ月たった福島県では、いまだに20万人が避難生活を送っており、だれもが故郷に帰ることを望んでいる。しかし復興を望む県・・・

社会2013.10.14 

長周新聞社

福島現地ルポ 農業復興への不屈の努力

 東日本大震災と原発事故から1年6カ月。東北被災地では、政府による放置政策のもとで復興にはほど遠い現実が横たわっている。とりわけ、福島第一原発事・・・

社会2012.9.19 

福島現地ルポ 胸張って安全な桃を出荷 全国の励ましを力に

 東日本大震災と福島原発事故から1年6カ月が経過しようとしている。被災地では、国による復興政策が遅遅として進まないなか、住民による下からの力によ・・・

社会2012.9.7 

長周新聞社

諦めさせ核処分場として奪う意図 福島の復興で何が動いているか

 東日本大震災から8カ月以上が経過した。本紙は震災後、毎月東北の被災地に行き現地取材をおこなってきたが、11月の取材をへて現地がどうなっているか・・・

社会2011.11.25 

長周新聞社

福島 4ヶ月も集団疎開し避難所暮らし 段ボールに囲まれた生活

 福島第1原発の周囲で暮らしていた住民たちが集団疎開や避難所暮らしを強いられてから、もうじき4カ月が経とうとしている。1日も早い故郷への帰還を望・・・

社会2011.7.6 

長周新聞社

福島県双葉町民に聞く 原発に町を委ねてはならぬ メドない避難生活と「加害者」扱いの重圧

  福島第1原発の事故からもうじき4カ月が経過するというのに、半径20㌔圏内は「立入禁止」区域に指定されたまま、6町に住んでいた7万人にのぼる人・・・

社会2011.7.4 

長周新聞社

福島原発20㌔圏内立ち入り禁止 補償もせず故郷から追い出す政府

 福島第1原発の事故をめぐって菅民主党政府は22日、原発から20㌔圏内を住民の立ち入りを禁じる「警戒区域」に指定した。これまでの「避難指示」より・・・

社会2011.4.27 

長周新聞社

福島 見通し立たぬ避難に怒りが充満

 東日本大震災から1カ月を迎えるなか、地震と津波の被害に加えて、収束のメドがない原発問題を抱える福島県内では、放射能汚染のために半径30㌔圏内の・・・

社会2011.4.11 

長周新聞社

破局的な原発大災害 福島第一原発で爆発や炉心溶融

  11日に起きた東北地方太平洋沖を震源とする大地震は、日本列島を未曾有の惨事に陥れている。マグニチュード9・0、最大震度7という、国内では観測・・・

社会2011.3.14