いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
気になるキーワード:下関市立大学

市長の縁故採用が学長に 意向投票すらない学長選考 変貌した下関市立大学の現状

 市長や政治家、市幹部職員OBの介在による私物化や恣意的な大学運営が問題視され、昨年から今年にかけて3分の1の教員が幻滅して退職していった下関市・・・

山口県2021.9.2 

下関市大・飯塚靖先生の理事解任に抗議し撤回を求める 「大学自治」の恢復を求める会が声明

 下関市立大学の学部長を務め理事でもあった飯塚靖教授が、昨年秋におこなわれた大分でのシンポジウム「大学の権力的支配を許すな!」のなかで同大学の現・・・

山口県2021.4.4 

変貌する下関市立大学への危惧 2年間で3分の1の教員去る 前田市長ごり押しの教員採用が契機

 市長や政治家、市幹部職員OBの介入による私物化や独裁的な大学運営が問題視されてきた下関市立大学で、今年度末に12人の教員が退職することが明らか・・・

山口県2021.4.4 

下関市立大学の度外れた私物化 市長の縁故採用教員が副学長に 学内の民主的手続き軒並み廃止

 以前から市長や政治家、市幹部職員OBの介入による私物化や独裁的な大学運営が問題視されていた下関市立大学で、その後さらに学内の矛盾が激化している・・・

山口県2020.12.5 

下関市立大学内部告発者様へ

下関市立大学内部告発者様へ     「下関市立大学 取材担当記者様」宛てのお手紙をいただき、心より御礼申し上げます。名前のわからない匿・・・

コラム狙撃兵2020.3.31 コメント(13)

「公金で市長お気に入り教員を養ってよいのか」 下関市議会で本池市議が反対討論

 下関市議会令和2年第1回定例会が23日に閉会した。今議会には来年度予算を含む68議案が提出されており、最終本会議では市議会はすべてを賛成多数で・・・

山口県2020.3.26 

下関市立大学 副学長に砂原事務局長と韓教授を任命 

 下関市立大学(理事長・山村重彰)は、4月から新たに副学長ポストを設け、韓昌完(ハン・チャンワン)教授と同大学事務局長の砂原雅夫氏の2人を副学長・・・

山口県2020.3.19 

下関市立大学の名誉教授ら7人が意見書提出 新専攻科設置と定款改訂で 大学運営の在り方を危惧

 下関市立大学名誉教授ら有志7人が「下関市立大学の新専攻科設置並びに定款改訂に関する意見書」を2月27日、前田晋太郎市長と下関市立大学・山村重彰・・・

山口県2020.3.5 

記者座談会 「ずっと私物化じゃないか」 独法化でタガが外れた下関市立大学

理事長、事務局長には市幹部OBが天下り     桜を見る会を巡って安倍首相界隈による私物化が問題になっているなかで、下関市立大学で起こ・・・

山口県2020.2.6 

下関で“桜を見る会疑惑”&“下関市立大学私物化”シンポジウム 「桜」と同じ私物化構図

 「緊急集会! 下関版モリカケ問題を考える! “桜を見る会疑惑”&“下関市立大学私物化”シンポジウム」(主催/同実行委員会)が1日、下関市民会館・・・

山口県2020.2.5 

「学問の自治」「大学の自治」を考える 下関市立大学でシンポジウム

 下関市立大学で13日、「シンポジウム 大学改革の潮流と下関市立大学の将来」が催され、郷原綜合コンプライアンス法律事務所・郷原信郎氏、明治学院大・・・

教育・文化2019.12.27 

下関市議会がなんなく定款変更議案を可決 市立大学の縁故採用やりたい放題に加担

 下関市議会9月定例会の最終本会議が26日にあり、提出議案の採決がおこなわれた。今議会では市立大学をめぐり、前田市長が推薦する琉球大学のH教授以・・・

山口県2019.9.28 

下関市立大学を私物化するな 市長による教員の縁故採用は許されるのか モリカケに通じる問題の性質

本紙記者・本池涼子市議の一般質問          下関市議会9月定例会で本紙記者でもある本池涼子市議は・・・

山口県2019.9.21 

下関市立大学の新理事長に山村重彰氏 江島市政時代の元副市長が復権

 下関市は18日、下関市立大学の新理事長に下関市の元副市長だった山村重彰氏が就任すると発表した。任命権者は前田晋太郎市長。山村氏は江島潔市長の時・・・

山口県2019.3.19 

びっくり仰天する学長選挙の顛末 下関市立大学 10対40(意向投票)で敗北した現職が続投

 新年度も迫った3月5日にようやく下関市立大学の学長選考会議の結果が公表され、川波洋一現学長の続投が決まった。本来なら昨年12月末までに結論を出・・・

山口県2019.3.12 

下関市立大学の来し方を思い、行く末を憂う 下関市立大学教授・西田雅弘

 昨年8月1日から始まった本紙「下関市立大学トイレ改修工事損害賠償請求事件についての調査報告書」の連載は、半年近くにわたって全20回を数え、昨年・・・

山口県2019.1.10 

下関市立大学の新学長はいったい誰に? 学長選から1ヶ月経過 選考会議の結論に注目集まる

 下関市立大学の学長選の行方に注目が集まっている。来年3月で川波洋一学長の任期が切れるため、11月に学内で学長選挙(意向投票)がおこなわれていた・・・

山口県2018.12.21 

620万円は本当に返済されたのか? 下関市立大学トイレ改修損害賠償事件 ますます深まる疑問

総務委員会における市大執行部の対応    下関市議会総務委員会が19日に開かれ、下関市立大学(市出資法人)の決算審査がおこなわれた。そ・・・

山口県2018.9.25 

彼らは何を隠しているのか? 下関市立大学トイレ改修工事損害賠償事件の調査報告書より (3)

1、市民からの主要な意見等   ・この件は市大での出来事なのに、どうして市大が議会に出て説明しないのか。その方が話が早い。・市大は法律・・・

山口県2018.9.19 

下関市立大学トイレ改修事件に思う 読者から寄せられた連載への感想

 8月から連載してきた『下関市立大学トイレ改修工事損害賠償事件の調査報告書』を読んだ読者のみなさんから、いくつもの感想やお手紙、メールを頂きまし・・・

山口県2018.9.17