いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

消される『ウクライナ・オン・ファイヤー』

 本紙でも内容を紹介し、ホームページ閲覧者にも動画サイトにアクセスできるようリンク付きで紹介していた、オリバー・ストーン監督が制作にかかわった『ウクライナ・オン・ファイヤー』(日本語字幕付き)がユーチューブから削除され、その他のいくつかの動画サイトからも次々と削除されるなど閲覧不能な状態に追い込まれている。SNSなど所詮はGAFAのてのひらで踊らされているようなものではあるが、ウクライナ危機を捉えるうえで必須ともいえるそもそもの経緯を描いた動画一つ観るにもGoogleの検閲が入り、観ていい動画と観てはいけない動画が検索八分の振るいにかけられているのだ。

 

 言論封殺に怒ったオリバー・ストーン監督は作品の著作権を放棄したのか、動画サイト「rumble(ランブル)」から自由にダウンロードできるようにアップ(3月9日付)したものの、実際にアクセスしてみるとそれは日本語字幕のない英語版であり、労力を割いて日本語字幕をつけてアップした某氏(日本語訳のバージョンアップのご連絡及び動画サイトのご紹介をいただき、ありがとうございました)による日本語字幕動画にアクセスできるサイトは「Odysee」くらいである。

 

 ネットとは、そのようにいとも簡単にアカウント停止したり、封殺することができ、我こそはインフルエンサー(影響力のある配信者)でございと誇る者がいたとして、みなその首根っこはGAFAに握られていることを証明しているようにも思う。著名なユーチューバーとて、GoogleにBAN(アカウント停止)されればお終いで、決して「自由な言論空間」ではないのである。アホみたいな動画はいくらでも投稿できるが、そうでない鋭い政治的言説や動画になると、運営側のさじ加減一つでいくらでも排除できるし、メディアとしての母体を運営側が握っている以上、それは当たり前なのである。


 『ウクライナ・オン・ファイヤー』は2014年の親米派によるクーデターや、それ以前から引き続くウクライナを巡る欧米ロシアの矛盾に迫り、なぜプーチンが今回の軍事行動に及んだのか、その動機やもう一方の側の主張を知り、視野を広げるうえでも観るべきドキュメンタリーであろう。目下、西側メディアによって「ウクライナ可哀想」一色に染め上げられた大洪水のような情報に対して、そもそもの矛盾の根源を捉え、NATOの東方拡大やアメリカが何をしてきたのかについても客観視するうえで、学ぶべき素材を提供していたといえる。ところが、現行のプロパガンダに反する作品であり、欧米にとっては触れてはならぬ急所だったことから封殺されている。ウクライナ危機を巡る深層について触れてはならぬという力が働き、第三者ぶって引っ込んでいるアメリカの支配層が何をしてきたのか暴いてはならぬという強力な意志が示されているのである。


 このドキュメンタリーを観たさい、「これはすぐに消される動画である」と反射神経が働いてダウンロードしていたため、某氏お手製による日本語字幕版の動画データだけは手元のSSDに確保している。おかげで自分や周囲の知り合いが観る分には困らない。制作者が著作権を放棄したというか、自由に誰でも観賞して事の是非を判断することを望み、それはGoogle幹部が決めることではないと主張しているなかで、日本語字幕版は最終的にどのサイトで生き残るのか、GAFAとのいたちごっこの行方にも注目している。


            吉田充春        

関連する記事

  • タダ酒、タダ飯に御用心タダ酒、タダ飯に御用心  駆け出しの頃、「タダ酒、タダ飯には気をつけろ(警戒しろ)!」が先輩記者からの教えで、取材先の知人や他社の記者たちと飲食に行くにしても必ず折半 […]
  • 何事も本気が好き何事も本気が好き  「性根の腐った奴らをガチで言論でしばきにいく」――。山本太郎の参院東京選挙区への出馬会見をネット越しに見ながら、その理由についてもおおいに納 […]
  • エントリー料だけで300万円エントリー料だけで300万円  国政選挙には誰でも出馬がかなうわけではなく、エントリーするためには選挙区で300万円、比例なら600万円もの供託金が必要になる。一定程度の基 […]
  • 罪作りな振り込みミス罪作りな振り込みミス  山口県阿武町が新型コロナウイルスと関わった臨時特別給付金・463世帯分(4630万円)を誤って一人の男性住民に振り込んだ問題で、阿武町は12 […]
  • 消費税20%みたいな世界消費税20%みたいな世界  円安や世界的な食料争奪の激化、コロナ禍を原因とした物流の停滞などと相まって、日常生活を見渡すとなにもかもが値上げラッシュに見舞われている。こ […]

この記事へのコメント

  1. ヘルヴェティア says:

    『ウクライナ・オン・ファイヤー』は、本日4月13日に、
    以下で英語字幕版が見られました。
    https://www.redvoicemedia.com/video/2022/03/ukraine-on-fire-an-oliver-stone-documentary-2016/

桃子 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。