いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする
カテゴリー「国際」の記事

記者座談会 東アジアで戦争の危機煽るな 緊迫する北朝鮮情勢

トランプが繰り広げる恫喝外交 標的にされる日本列島  トランプ登場後のアメリカがシリアにトマホークを打ち込んだのに続いてアフガニスタンには大規模・・・

国際2017.4.24 

ルポ「ウガンダ北西部、南スーダンとの国境から」 日本学術振興会特別研究員PD   飛内悠子

 カジョケジ(Kajo―keji)崩壊のニュースを聞いたのは1月の末、まだ日本にいるときだった。旧中央エクアトリア州カジョケジ郡、現在イエイ川州・・・

国際2017.3.1 

記者座談会 トランプ登場をどう見るか 

米国の階級矛盾激化を反映  アメリカではトランプが大統領に就任し、選挙公約で掲げていた政策を次次に大統領令で発令して物議を醸している。TPP離脱・・・

国際2017.1.30 

軍事的従属と文化的従属 氏名の英語表記から見る「日本の家畜化」

国際教育総合文化研究所 寺島隆吉       *1  いま沖縄は米軍基地の辺野古移転問題をめぐって深刻な状況を迎えています。翁長知事が・・・

国際2017.1.6 

韓国 大統領退陣求め230万人がデモ

グローバル化への民衆の反撃  隣国の韓国で朴大統領の退陣を求める大規模なデモが連日くり広げられ、11月末に辞任を表明した後も首都ソウルでの150・・・

国際2016.12.7 

南スーダンの自衛隊派遣と駆けつけ警護を巡って

大阪大学 栗本英世   紛争が激化する南スーダンへ、安保法制の強行採決によって可能になった「駆けつけ警護」「宿営地の共同防衛」の新任務を付与され・・・

国際2016.11.23 

記者座談会 米大統領選が示したこと

資本主義揺さぶる大衆の反撃    アメリカ大統領選の結果を受け、今後の世界と日本の進路について強い関心が注がれている。大統領選は、候補・・・

国際2016.11.23 

戦地を生きる人からのメールから思うこと

日本学術振興会特別研究員PD 飛内悠子    ジュバに住む知人からEmailが届いた。ウガンダ北西部のアジュマニ県で出会った南スーダン・・・

国際2016.11.11 

トランプが大統領選に勝利 グローバリズム震源地の破綻示す

 注目されていた米大統領選は、蓋を開けてみると当初の「ヒラリー優勢」報道を覆してドナルド・トランプが勝利し次期大統領への就任が決まった。 &nb・・・

国際2016.11.11 

ヒラリー・クリントンとは誰か ー米大統領選を目前にしてー 国際教育総合文化研究所・寺島隆吉

 アメリカの選挙情勢は11月8日の投票日を目前にしながら混沌としています。  というのは、オバマ大統領や民主党幹部・特権階級だけでなく金融街や大・・・

国際2016.11.2 

唯一の被爆国が米国に同調 核兵器禁止条約に反対した日本

世界に恥を晒す  ニューヨークの国連本部(国連総会第1委員会)で27日、2017年から核兵器禁止条約に向けた交渉開始を定める決議が、123カ国の・・・

国際2016.10.31 

南スーダンの歴史と現状  日本学術振興会特別研究員PD 飛内悠子

 紛争が激化する南スーダンをめぐって、国連PKO部隊に派遣されている自衛隊の派遣期間延長が決まり、新安保法制にもとづいて「駆け付け警護」や「宿営・・・

国際2016.10.26 

TPPの未来示す中南米の経験 

 安倍政府が今臨時国会で環太平洋経済連携協定(TPP)承認を強行しようとしている。その内容については国民には秘密主義を貫き、6000㌻にものぼる・・・

国際2016.10.21 

1%の強欲資本に国境超え反撃 決裂した欧州TTIP

 安倍政府が今臨時国会で環太平洋経済連携協定(TPP)批准を強行しようとしている。しかし世界的に見ると、TPPのヨーロッパ版ともいえる環大西洋貿・・・

国際2016.10.12 

最貧国搾取する資本への恨み バングラ・テロ事件の背景  人道支援と裏腹な海外進出

 バングラデシュの首都ダッカの飲食店で起きたテロ事件で、日本人7人を含む20人が犠牲となった。バングラデシュは親日的な国といわれてきたが、これま・・・

国際2016.7.8 

グローバリズムの破綻 英のEU離脱が示すこと  先鋭化する資本主義の矛盾

 欧州連合(EU)からの離脱か残留かを問うイギリスの国民投票が23日におこなわれ、予想を覆して離脱が1741万742票(51・9%)、残留が16・・・

国際2016.6.27 

続・世界に恥ずべきアメリカの選挙制度 これでどうして、民主主義を世界に押し売りできるのか?   国際教育総合文化研究所 寺島隆吉 

 アメリカ大統領選挙の予備選が激しく闘われています。しかし通信社ロイター(Reuters)と調査会社イプソ(Ipsos)の調査によると、アメリカ・・・

国際2016.5.4 

タックスヘイブンに有り余った資産溜め込む金持ち

 「パナマ文書」の衝撃とともに、これまで一般市民とは無縁の世界であったタックス・ヘイブン(租税回避地)の実態に注目が集まっている。  ・・・

国際2016.4.15 

世界に恥ずべきアメリカの選挙制度  これでどうして民主主義を世界に押し売りできるのか?   国際教育総合文化研究所 寺島隆吉

   アメリカでは大統領選挙の予備選が過熱しています。3月22日(火)に終わったばかりのアリゾナ州民主党予備選では、ヒラリー女史が「勝・・・

国際2016.4.1 

米国の変化映し出す大統領選  サンダース旋風が示すもの  まともな社会求める世論

 アメリカ大統領選挙が、当初の予想を覆す動きに発展している。「革命」や「社会主義」を唱える候補者が若者たちの熱狂的な支持を集めて躍進しており、虚・・・

国際2016.2.5