いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

「できちゃった」を祝福せよと迫られても…

 小泉進次郎・38歳と滝川クリステル・41歳の「できちゃった婚」についてまず思うことは、特に「おめでとう」とも思わないが「けしからん」とも思わない。「どうでもいいし、好きにすればいいじゃないか」の一言に尽きる。唯一同世代として感じることとすれば、それほどの年齢にもなりながら物事の順序や計画性を吹っ飛ばして「できちゃった」をできることへのある種の驚きだろうか。実に本能的なお2人なのだろう。とはいえ、恋愛なり結婚なりは人それぞれであって、家族でも友だちでもない外野席が口を挟むような代物でもない。何歳であろうと本人たちが好きにすればいいと思う。

 

 むしろ異常だと思うのは、その後のメディアを総動員したプロパガンダだろう。「政界のプリンス」「将来の総理大臣候補」「滝川クリステルがファーストレディーになったら」などと持て囃して、たかだか一人の国会議員の結婚をお祝いムード一色に染め上げ、それこそ小泉・竹中改革によって日本社会を貧困の奈落に突き落としてきた政治家・小泉純一郎の息子、米共和党系のシンクタンクとして知られるCSIS仕込みともいわれる男を「将来の総理大臣」として、国民の脳味噌にこれでもかと刷り込んでいるのである。まるで郵政劇場や小泉フィーバーを作り出していったあのときの空気とそっくりなのだ。なんなら「お祝いしないのはけしからん!」といった同調圧力すら感じさせる。そうなると、前述したように特に「おめでとう」とも思わないが「けしからん」とも思わないような関係のない人間としては、38歳と41歳の「できちゃった婚」の祝福を、家族でも友だちでもない者がなぜ迫られないといけないのか? とそれだけを思うのである。2人の本能の赴くままに好きにすればいいではないかと--。

 

 自民党の一国会議員の結婚発表会見を首相官邸でやることなど、公私混同について問題視する評論が見当たらないのが不思議である。こうしてれいわ新選組の台頭などへっちゃらで黙殺する商業メディアが、目下、小泉進次郎の総理実現プロモーションについては全力で腕まくりしてやっている。長時間を割いて、何度も何度も映像を映し出している。特定の人間の結婚をこれほどメディアあげて取り上げる意味について考える必要があると思う。そして、本能の赴くままに「できちゃった」ような無計画な人間が将来の総理大臣候補なのだと大騒ぎしていることについて、「ちょっと待てよ!」の声が出てきても良いように思う。異論や多様性あっての民主主義社会だというならなおさらだ。特定の政治家一族を崇め奉るような風潮は宗教のようにも見えて異様である。 

 吉田充春                     

関連する記事

  • 2度目の放り投げ2度目の放り投げ  1回目の放り投げをやった後、選挙区でもある下関で地域の夏祭りにまで人気取りに来ていた安倍晋三に向かって、支援者とおぼしきご老人が「この恥さら […]
  • 長周新聞創刊65周年祝賀集会中止のお知らせ長周新聞創刊65周年祝賀集会中止のお知らせ    長周新聞は1955(昭和30)年4月に山口県下関市で創刊され、今年で65年を迎えました。当初、この春に創刊65周年記念祝 […]
  • カネを配った理由カネを配った理由  昨年参院選をめぐる買収事件で逮捕されていた河井克行前法務大臣(広島選出)と妻の河井案里参院議員の公職選挙法違反を問う百日裁判がはじまった。夫 […]
  • 経済活動再開と感染拡大のループ経済活動再開と感染拡大のループ  新型コロナウイルスの感染が首都圏を中心に再び拡大したことで、全国の地方都市でも連動するようにちらほらと感染者が出始めている。第一波と比較して […]
  • コロナ禍の敵前逃亡コロナ禍の敵前逃亡  コロナ禍がますます深まりを見せるなかで、安倍政府ときたら首相みずからが1カ月半以上も表舞台から雲隠れしてしまい、もっぱら対応は都道府県知事に […]

この記事へのコメント

  1. 山本 博美 says:

    できちゃった婚のコラム、楽しく拝見しました。
    何でも政局の材料にしてしまう政治屋さんのたくましさにはびっくりです。
    純粋に国を国民の事を考えて、何十倍もお仕事している
    山本太郎さんが報われて欲しいと切に願います。

  2. 田口正喜 says:

    まず、ふざけた、マスゴミです。そのまま、ニュースにしますかね?こんなニュースをみんなが待っているのでしょうか?
    今本当に国民に伝えるものが沢山あります。子どもの貧困。一部若者の職業問題もちろん高齢者問題。などなど。こんなニュースをトップに据えて関心?をよそに向ける現政権。恐ろしい将来が心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。