いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

嘘と隠蔽たいがいにせよ モリカケ疑惑新たな展開

はじまりはいつも安倍    森友学園への国有地払い下げとかかわって、新たに財務省が国会に4000枚もの交渉記録を公開した。さらに愛媛県・・・

政治経済2018.5.26 

NNNドキュメント『南京事件Ⅱ 歴史修正を検証せよ』

   近年、 中国侵略戦争における南京虐殺をめぐって、 近年「大量殺りくはなかった」「自衛のための発砲であり虐殺ではなかった」などの言説が書籍や・・・

書評・テレビ評2018.5.24 

種子法廃止や種苗法改定に潜む危険 外資が種子独占し農業を支配する構造

 今年4月に施行された「種子法廃止」や、農水省が検討に入った「種苗の自家増殖の原則禁止」を内容とする種苗法の改定など、農業の根幹をなす種子や苗を・・・

社会2018.5.24 

非を詫びたタックル選手

 日大のタックル選手は二十歳にして公衆の面前に出てきて、しっかりと非を詫びた。相手選手や関西学院大学のチームに対しては当然だろうが、それを公開リ・・・

コラム狙撃兵2018.5.23 コメント(1)

長崎 第14回「原爆と戦争展」の取り組み始まる

 長崎市中央公民館で20日、6月下旬に長崎市民会館でおこなわれる第14回長崎「原爆と戦争展」(主催/原爆展を成功させる長崎の会など)の主催者のつ・・・

平和運動2018.5.22 

『高校生ワーキングプア』 著・NHKスペシャル取材班

 大阪のある高校のクラスでは、生徒の約7割が居酒屋、焼き鳥屋、うどん屋、スーパー、コンビニ、コールセンターなどで週4回か5回アルバイトをしており・・・

書評・テレビ評2018.5.19 

許されぬパレスチナ人大量虐殺 世界中で怒りの抗議行動

 中東・パレスチナ自治区のガザ地区では、イスラエル建国でパレスチナ人70万人以上が故郷を追われたナクバ(大破局。1948年5月15日)70周年を・・・

国際2018.5.18 

潔さなきタックルとその後

 ひどいタックルをかまして物議を醸している日大アメフト部の学生は、その後「監督の指示だった…」と周囲に漏らしているのだという。一方で、試合前にこ・・・

コラム狙撃兵2018.5.18 

『ルポ ニッポン絶望工場』 著・出井康博

 少子高齢化で労働力不足が深刻となっている日本社会では今、外国人労働者の増加が続いている。しかし、彼ら留学生や技能実習生たちがなにを思って来日し・・・

書評・テレビ評2018.5.17 

米国覇権体制の終焉を反映 激動する朝鮮半島情勢の背景

置き去りにされる対米従属国家    トランプと金正恩による初の米朝首脳会談が6月12日にシンガポールでおこなわれることが決まった。そこ・・・

国際2018.5.16 

南北対話導いた民衆の運動 ー広島で朝鮮情勢巡り交流ー

 原爆展を成功させる広島の会は13日、広島市東区の福祉センターで、広島大学講師の李容哲(イヨンチョル)氏を招いて「韓国の民衆運動と朝鮮半島情勢」・・・

平和運動2018.5.15 

人口減少数が全国ワースト4位の下関 少子化が著しい中心市街地

 人口減少数が全国の自治体のなかでもワースト4位の下関市では、現役世代の流出にともなって少子化がかつてなく深刻なものになっている。空洞化している・・・

山口県2018.5.15 

辺野古釘付けの裏で極東最大と化した岩国基地 120機体制で轟く爆音 

 山口県岩国市の米軍岩国基地では、米軍厚木基地からの空母艦載機60機の移転が3月末に完了し、所属する航空機は120機へと倍増した。これにともなっ・・・

社会2018.5.12 

山口県における民族教育擁護運動 ー米軍占領下の在日朝鮮人運動ー 瀬上幸恵

 戦後、在日朝鮮人は日本の植民地支配のもとで奪われた民族の言葉や歴史、文化を子どもたちに教え、胸を張って生きていくよう全国各地に学校を建設してい・・・

山口県2018.5.11 

増え続ける外国人労働者 少子化解決せずに外国人に寄生する本末転倒

 少子高齢化を背景にした人手不足を追い風にして、国内企業で外国人労働者の導入が急速に広がっている。2012年から毎年過去最高を更新し、2017年・・・

社会2018.5.7 

写真記録『関門港の女沖仲仕たち』 著・林えいだい

 本書は、昨年83歳で逝去した筑豊の記録作家・林えいだい氏が1975年から83年にかけて門司港で撮影した「女ごんぞう」と呼ばれた女沖仲仕たちの姿・・・

書評・テレビ評2018.5.5 

『国体論 菊と星条旗』 著・白井聡

 最近、北朝鮮と韓国の南北首脳会談がおこなわれ、65年間休戦状態であった朝鮮戦争を終結させ、朝鮮半島の非核化と平和体制実現に向けて進むことで合意・・・

書評・テレビ評2018.5.5 

こっそり審議入りした働き方改革法案 「労働者保護」から「生産性向上」への転換

 国会がモリ&カケ問題などで右往左往するなか、安倍政府がこっそりと「働き方改革法案」を審議入りさせた。本来はそれぞれ慎重な審議が不可欠な8法案を・・・

社会2018.5.4 

在日朝鮮人の友人たち

 6年生の頃、同じクラスの在日朝鮮人の女の子に向かって、隣のクラスの男子生徒が「朝鮮、パカするな!」と叫んでふざけ、もめたことがあった。女の子は・・・

コラム狙撃兵2018.5.4 

「♯ME TOO」を巡る2つの路線 女性をか弱い被害者として閉じ込めてよいか

 世界的にセクハラ告発の流れが強まり、日本でも国会内で黒いドレスを着た女性議員が「#Me Too(私も)」のポスターを掲げるまでになっている。こ・・・

社会2018.5.3