いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

夏の京都彩る鱧(ハモ)の産地 宇部岬で密着

 山口県宇部市にある山口県漁協宇部統括支店(宇部岬)ではこの時期、底引き網漁でとれるハモの水揚げがおこなわれている。ハモといえば夏の京都の味覚を・・・

山口県2018.8.9 

女性が活躍できる社会へ

 「女性活躍社会」が叫ばれるなかにあって、巷では東京医科大学の女子減点問題が物議を醸している。勉強のできない男が加点されて、勉強のできる女性がそ・・・

コラム狙撃兵2018.8.8 

被爆者や学生、沖縄や萩からも力強い決意 原水爆禁止8・6広島集会の発言から

■平和の大切さと核兵器の廃絶を世界に発信        原爆展を成功させる広島の会 眞木 淳治  被爆73年目の夏を迎えた。広島、長崎への原爆投・・・

平和運動2018.8.8 

武力衝突ではなく平和を実現せよ 2018年原水爆禁止広島集会

 アメリカによる原爆投下から73年目を迎えた広島で、2018年原水爆禁止広島集会(主催・原水爆禁止全国実行委員会)が開かれた。この間、中区袋町の・・・

平和運動2018.8.8 

「為政者の嘘を暴く展示だ」 広島原爆と戦争展 原水爆禁止を世界に発信

 広島市中区袋町の「ひと・まちプラザ」で開催中の第17回広島「原爆と戦争展」は、広島市内をはじめ全国や海外からも参観者が訪れ、会場では熱気を帯び・・・

平和運動2018.8.4 

跳ね上がるイージス・アショアの配備費用 6000億円を超える恐れも

 防衛省が7月30日、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」に最新鋭レーダー「LMSSR」(ロッキード・マーティン社製)を搭載する・・・

社会2018.8.2 

島ぐるみの力で10万人突破 「辺野古」県民投票条例求める署名

怒濤の勢いだった残りの4週間    「『辺野古』県民投票の会」は7月30日に沖縄県庁で記者会見を開き、県民投票条例の制定を求める署名の・・・

平和運動2018.8.1 

第17回広島「原爆と戦争展」が開幕 かつてなく充実した市民提供の資料 

 毎年広島市民の手によってとりくまれる広島「原爆と戦争展」(主催/原爆展を成功させる広島の会、同長崎の会、下関原爆被害者の会)が7月29日、広島・・・

平和運動2018.7.31 

勝ち組と負け組作った国鉄分割民営化 廃線・減便ラッシュのJR

全国を繋いだ鉄道網が… 放り出される儲からない地方    正確な発着時間、安全運行で全国を結んだ鉄道で廃線や減便があいついでいる。経営・・・

社会2018.7.28 コメント(1)

猛暑への過剰反応

 熱中症で倒れる人人があいついでいるのを反映してか、クーラー論争みたいなものがヒートアップしている。子どもが熱中症で亡くなったことや、学校行事や・・・

コラム狙撃兵2018.7.27 

住民の総意はミサイル基地撤回 イージス・アショア配備巡り阿武町福賀地区で説明会

購入費を被災地の復興に回せ    安倍政府がイージス・アショアの配備計画を進めている陸上自衛隊むつみ演習場に隣接する阿武町福賀地区で2・・・

山口県2018.7.26 

沖縄県民投票求める署名 8万人に到達の見込み

 沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設の是非を問う県民投票の実現に向けて、「辺野古」県民投票の会(元山仁士郎代表)は、23日に県民投票条例の制定を・・・

社会2018.7.25 

被爆治療阻むGHQと京大研究者たちの抵抗 1951年の京都大学総合原爆展の背景

 1945年9月、枕崎台風が原爆の惨禍に苦しむ広島を襲い2400人もの人命が奪われた。原爆が幾十万もの市民を焼き殺しただけでなく、広島はその後も・・・

平和運動2018.7.24 

29日に第17回広島「原爆と戦争展」開幕 次世代に被爆地の心繋ぐ

 第17回広島「原爆と戦争展」の主催者会議が22日、広島市東区の二葉公民館で開かれた。被爆者、戦争体験者、主婦、社会人、大学生などが参加し、今月・・・

平和運動2018.7.23 

住民の抗議は刑事罰になるのか 安岡沖洋上風力巡る刑事裁判 住民3人が証言に立つ

10万人の署名賛同者が重大な関心寄せる    下関市の安岡沖洋上風力発電建設をめぐり、前田建設工業(東京)が実施しようとした2014年・・・

山口県2018.7.20 

『ブラックボランティア』著・本間龍

 開催まであと2年となった東京五輪。これまでも開催費の暴騰、エンブレム盗用疑惑、新国立競技場建設をめぐる混乱など、さまざまな問題が露呈してきた。・・・

書評・テレビ評2018.7.19 

ODAやめて被災地に回せ 苦難に置かれた国民を守るのが統治の責務 

災害対応の見直し急務 行政機能麻痺し「自己責任」に委ねられた現状    西日本を襲った豪雨災害の被災地は、1週間を過ぎてもまだ混乱の中・・・

社会2018.7.19 

『「防災大国」キューバに世界が注目するわけ』著・中村八郎、吉田太郎

 西日本豪雨の被災地の実態が伝わるなかで、政府・行政の対応が後手後手に回ったことや、歴史的豪雨による災害が予想された5日夜に危険地域にあらかじめ・・・

書評・テレビ評2018.7.18 

選挙妨害を発注したのは誰か?

 カジノ法案の審議とかかわって、国会で20年前(1999年)の下関市長選において、「総理が(反社会勢力に)選挙妨害を発注したのではないか」(山本・・・

コラム狙撃兵2018.7.18 

萩市と阿武町に本紙号外配布 イージス・アショア配備巡り

 本紙は14日、萩市むつみに計画されているイージス・アショア配備問題について特集した『郷土をミサイルの標的にするな--なぜ今イージス・アショア配・・・

山口県2018.7.17