いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

加計の補助金をiPS細胞研究所に回せ

 京都大学・iPS細胞研究所に所属している助教(36歳)が論文不正をおこなっていたことについて、同研究所の山中伸弥所長(2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞)が深刻な面持ちで謝罪していた。再生医療の発展を願うしかない凡人にとっては、だからといって山中教授率いる研究者グループがつまらないのだと評価を加えたり、助教に目くじらを立て、口の先を尖らせて批判するような気にはまるでならない。不正そのものは残念ではあるが、最先端の研究について訳のわからない者として、ただ科学や医療の発展に期待を寄せ続け、「頑張れ、頑張れ」と温かく応援するしか術はないからだ。

 

 以前騒ぎになった理研のSTAP細胞を巡っては、研究員の小保方氏個人を袋叩きにしたり、その上司である研究者が自殺に追い込まれるほど報道が過熱し、悪のりにもほどがあった。問題の本質は、「なぜ科学を探求するものが、自分でもわかっていて嘘や不正に手を染めなければならないのか」だ。名をはせるため、あるいは立身出世のために目先の研究成果をねつ造したとしても、科学の世界では虚飾など通用しない。真理真実こそがたどりつくべき目的地であり、不正などいずれ見抜かれることはわかるはずなのに、どうして研究者たちは追い立てられているのか、何に追い立てられているのか、である。これを「30代助教や准教授の焦り」だけに矮小化しては構造的な問題は何も解決しない。代償はあまりにも大きいのに、なぜやってしまうのかを問うべきだろう。

 

 大学に対する国の予算配分が毎年のように削られ、研究費が満足に得られない状況がどこでも強いられている。そのなかで論文数だけが求められたり、目先の成果主義に追いまくられるようになったと多くの学者たちが指摘してきた。必然的に研究は浅薄なものになり、日本の学術レベルの低下にもつながっている。再生医療の未来を背負っているiPS細胞の研究とて、山中教授が寄付金集めに奔走したり、クラウドファンディングに頼らなければ研究資金すらおぼつかないのが現実だったようだ。そんなことなら、加計学園の「獣医学」とやらに注ごうとしていた補助金等等の類いをみな京都大学・iPS細胞研究所に投入した方が、日本の医療だけでなく世界の医療の発展のためにも、はるかに役立つではないかと思う。

 

 行き過ぎた成果主義やプレッシャーに追いまくられている状況から解放して、科学者がのびのびと研究にうちこめる環境を確保することが大切だ。少なくともiPS細胞については、山中教授が寄付集めに走り回り、資金繰りを心配しなければならないような状況では話にならない。カネの心配に浪費される科学者の脳味噌をiPS細胞に全力集中してもらい、世界の医療の発展のために国が支えるべきものだろう。文科省も加計とか森友を忖度する前に、iPS細胞研究所を忖度せい! と思う。凡人にできることは、外野席から「論文不正」にヤジを飛ばすことではなく、研究者たちが研究に専念できる環境を求めることなのかも知れない。         武蔵坊五郎

 

関連する記事

  • 縫いぐるみ相手の獣医学縫いぐるみ相手の獣医学  同じお友達でも、加計学園の加計孝太郎は大学設置認可までもらったのに、一方の籠池夫妻は詐欺師呼ばわりされたうえに逮捕拘留され、手紙や面会も禁止 […]
  • アベ界隈の警察関係者アベ界隈の警察関係者  数週間ほど前、某誌の記者が東京からはるばる下関にやってきて、安倍晋三の「腹心の友」こと加計孝太郎と山口4区の関わりを熱心に調べていた。その際 […]
  • 実はミサイルよりも恐いモリ&カケ実はミサイルよりも恐いモリ&カケ  安倍政府が解散総選挙に打って出るという。なぜ今? 大義は何? 等等の疑問の声も上がっているが、あまり難しく定義云々を考える必要性を感じない。 […]
  • 坪単価150万円の衝撃坪単価150万円の衝撃  建築・設計コンサル等に携わっている人人は、加計学園が今治市につくっている獣医学部の建設費用が坪単価150万円であることに驚きを隠せないでいる […]
  • 狙撃兵 「愛国」偽装に御用心  17日の衆院予算委員会で「瑞穂の國記念小學院」への国有地払い下げや認可への関与が問われた首相は「私や妻、事務所は一切関わっていない。もし関わ […]
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。