いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

頑なにPCR検査をしない理由とは…

 OECD(経済協力開発機構)が新型コロナウイルスとかかわって、加盟36カ国の人口1000人当りのPCR検査数を公表し、その平均が22・9人であるのに対して、日本は1・8人と異常に少ないことが浮き彫りになっている。まず検査しなければ感染の実態がつかめず、陽性率や致死率なども分母(限りなく実態に近い数字を捉えなければならない)がいい加減な状況では次の科学的手段や措置を繰り出すこともできないだろうに、一向にPCR検査が徹底される気配がない。まるであきらめて投げ出しているかのようにも見える。

 

 医療関係者や科学者たちが口を揃えて「PCR検査を拡大せよ」と求め、各国にできることが、なぜ日本にはできないのだろうか。やる気がないのか、はたまた新型コロナウイルスの封じ込めよりも緊急事態宣言の社会実験的な側面だけに興味関心が向いているというのだろうか。検査数が増えない状況で「今日は○人感染者が出ました(検査数が少ない分、実態は反映されない)」を延々とやり、「ひょっとすると既に感染した人はもっといて、抗体ができていたのかも!」みたいなことをいっているのである。コロナは土日だけ休んでくれるわけでもないのに、週末になると検査数が減って週明けは感染者が減るというのも日本特有だ。恐らく世界的にそんな国など存在しないというのは、今回のOECDが発表した数値が如実に物語っている。「たいへんだ~!」「たいへんだ~!」と緊急サイレンだけかき鳴らして、医学的に無防備というのではあまりにもあんまりである。

 

 全国に検査技師は6万人余りおり、そのうち専門性のあるPCR検査に従事できるのは1割にあたる6000人余りといわれている。とりわけ感染者が増大している都市部の保健所や専門機関で、そうした従事者が肉体や精神をすり減らしながら検査にあたっている。しかし、余りにも追いついていないのが現実だ。各国が平均して人口1000人当り22~23人を検査できるのに、その7・8%ほどの能力・体制しか持ち得ていないというのである。したがって、目前の課題としては検査ができない状況を打開する次の一手を講じることが急がれている。韓国や中国に頭を下げて簡易検査キットを回してもらうなり、それこそ最近の各国の研究では唾液でも陽性・陰性のふるい分けが可能であることもわかってきており、そうした簡易検査を用いるとか、できることを先回りして手を打っていくのが政府の責務なはずだ。検査によって新型コロナウイルスの真の姿、感染者の規模や症状を的確に捉えなければ科学的アプローチなどできないのだ。

 

 かたくなにPCR検査を拒否しているのはなぜなのか? できるように動かないのはなぜなのか? その理由が理解できない。そうしてコロナ騒ぎだけが無為無策によって長引き、国民みなが振り回されている状況なのだ。防護服もN95マスクも足りないもとで医療従事者たちにまで犠牲は拡大し、なるべくして医療崩壊が起こっている。医療現場からの悲鳴にも似た叫びは、まさにカオスである。

 

 アビガンの使用しかり、守れる生命を守るために、PCR検査の保険適用であれなんであれ、早急に手を回して対応しないのはなぜなのか? 霞ヶ関にあれだけの頭脳集団が揃っていながら危機対応がまるで機能していないのはなぜなのか? それほどまでに落ちぶれているのか? むしろ感染拡大するにまかせて医療費削減(老人たちが新型コロナウイルスによって淘汰される)や米製薬会社のドル箱にするためのショックドクトリンでも敢行しているのか? だからわざとモタモタしているのか? 等々、まともでない対応の裏側に何があるのかを考えてしまうのである。     武蔵坊五郎

関連する記事

  • ノーベル賞受賞者たちの提言ノーベル賞受賞者たちの提言  安倍政府の後手後手な新型コロナウイルス対応に業を煮やして、ノーベル賞の受賞者である山中伸弥京都大学教授をはじめとした科学者や医学会、医療関係 […]
  • 「今までにない発想」の弊害「今までにない発想」の弊害  ここまでくると、本当にこの国のトップは危機管理能力のない連中揃いなんだろうか…と笑えないものがある。アカデミックな人々のなかで小綺麗に「反知 […]
  • お尻も拭けない世の中なんて…お尻も拭けない世の中なんて…  そろそろ自宅のトイレットペーパーが残りわずかまで追い込まれ、少しピンチかもしれなかった。ただ、まぁ世の中にはウォシュレットもあるし、ペットボ […]
  • 安倍コロナパニックの伝播安倍コロナパニックの伝播  新型コロナウイルスの感染拡大が広がっているなかで、首相が唐突に小・中・高校、特別支援学校の全国一斉休校を決定するものだから、学校関係者や働く […]
  • コロナ禍暗躍する火事場泥棒 持続化給付金事業に寄生する電通やパソナコロナ禍暗躍する火事場泥棒 持続化給付金事業に寄生する電通やパソナ  安倍政府の新型コロナ対策の目玉である持続化給付金をめぐり、経済産業省が業務委託した「一般社団法人サービスデザイン推進協議会」なる団体が、広告 […]

この記事へのコメント

  1. 正義の身方 says:

    その通りです。この様な問題に対処するには科学的な手法が不可欠です。政治的理由で検査数を減らしては、まともな科学的手法は取れません。政治的にバイアスされた感染者の母数では統計的に意味は無くまともな対策が出来ません。

  2. 貴方の仰る通りです
    何故、PCR検査を受けさせようとせず
    感染実態も正確に掴めぬまま
    数的根拠なき場当たり的無策を
    何時迄ノラリクラリと繰り返して
    犠牲者づくりに精を出せば気が済むというのか
    ホンマにツクヅク此の国の政治屋達のアホさ加減に
    反吐が出捲りの毎日です
    「霞ケ関の頭脳集団」と言われてますが
    政権忖度する為の文書偽造能力に長けた
    高級官僚エリートにより
    此の国はコントロールされ続け
    我々の血税を右から左へと
    好い様に差配されているんでしょうね
    その頂点に立つ今井尚哉は
    正しく「君側の奸」の象徴的存在でしょうか
    こうした私欲最優先主義の彼等を産んでしまった
    「日本の偏差値教育」が問われているとも言えるでしょうな~

  3. 小木曽 博 says:

    武蔵坊五郎 様  長州新聞の皆様
    いつも軽快なアベ批判をありがとうございます。PCR検査数を拡大できない理由として、「陽性者急増に対する対策ができていないから、医療崩壊につながる」と危惧されている方が多いのです。テレ朝羽鳥モーニングで、岡田晴恵さんが「PCR検査の拡大により現れる膨大な数の陽性者達の検査後環境として、体育館等を利用した仮設収容施設をつくること」を提案しています。このプランを是非御社でも記事にして広くご紹介して下さい。「岡田プランが日本を救える唯一の道」と思います。

  4. 西居理津子 says:

    都知事選で始めて存在を知りました。
    詳細な記事で分かりやすいですね。
    しかしPCR検査数が韓国の8分の1、
    ギリシャの4分の1という少なさには驚きです。
    SNSで広げていきます。

  5. 全てオリンピックのためではないでしょうか?
    いまだにPCR検査を増やしたくない政治家が居るとtvで見ましたが
    絶対日本は検査能力がない訳では無いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。