いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

カネを配った理由

 昨年参院選をめぐる買収事件で逮捕されていた河井克行前法務大臣(広島選出)と妻の河井案里参院議員の公職選挙法違反を問う百日裁判がはじまった。夫はおよそ2900万円、妻は170万円を選挙区内の首長や地方議員、あるいは有力者たち100人に配り回していた前代未聞の大規模買収事件であるが、夫婦揃って「選挙運動を依頼する趣旨ではありません」(克行)「選挙運動の報酬として現金を渡したことはありません」(案里)と無罪を主張し、全面的に争う姿勢を見せている。買収を認めれば議員辞職ものなので、傍から見ても少々無理はあるが、ここは「買収の意図はなかった」で押し通すよりほかに術がないのだろう。政治生命は絶たれたといっても過言でない状況のなかで、二人して3000万円超を配り回していた「理由」について、今後の裁判のなかで真顔で検察や弁護士とともにやりとりをくり広げ、裁判所がお裁きを下すのだそうだ。まるでシュールな漫才でも始まったのかと思わせるような光景である。

 

 では、なぜ現金をそれほどばらまいたのか? などと野暮なことを考える人が果たしてどれだけいるというのだろうか。これだけあからさまな買収をしておいて、地元政界でも受けとったばっかりに100人が道連れにされて、申し開きなどできない状態である。疑問なのは、むしろなぜそれほど大胆に現金をばらまけたのか? である。時の総理大臣に仕える安倍事務所の秘書軍団が複数体制で応援に乗り込み、その指南のもとにたたかった選挙で、二人して心を大きくしてばらまき上げていた背景には、やはり権力側にいる者の奢りといおうか、なにをしても捜査は及ばぬという確信みたいなものがあったのではないだろうか。公文書改ざんをしても出世した佐川某とか、国有地売却を首相夫人に成り代わって問い合わせていた谷某の出世とか、モリカケ桜もすべて誤魔化し続けて逃げ切るとか、なんでもありな政治風景が常態化していた延長線上に、河井夫妻の大胆極まりない買収選挙があったように思えてならないのである。タガが外れた安倍自民党体制の象徴みたいな事件なのである。

 

 それにしても、原資として自民党本部から支部に1億5000万円もの資金が送金されており、残りのおよそ1億2000万円はどこに消えたのか? 自民党本部、あるいは首相官邸の関与はどのようなものだったのか等等、決して曖昧にしてはならない点がある。溝手陣営への1500万円と比べて、河井陣営には10倍の1億5000万円を選挙資金として渡していたというのは、「カネを使え!」といっているのに等しい。その辺りの疑問に蓋をしたまま、「カネを配り回した理由」だけが裁判の争点となって問題を矮小化するというのでは話にならない。「安倍総理からです」といわれて受けとった人物もいるのである。 武蔵坊五郎

関連する記事

  • 放り投げられた「オモチャ」の争奪放り投げられた「オモチャ」の争奪  放り投げの末、にわかに始まった自民党総裁選と新内閣発足劇――。それはまるで安倍晋三が遊び飽きて投げ出したおもちゃを、それまでうだつの上がらな […]
  • 2度目の放り投げ2度目の放り投げ  1回目の放り投げをやった後、選挙区でもある下関で地域の夏祭りにまで人気取りに来ていた安倍晋三に向かって、支援者とおぼしきご老人が「この恥さら […]
  • 少子化とスポーツの機会均等少子化とスポーツの機会均等  下関市の人口減少数は全国に1724ある自治体のなかでも、ワースト4位に位置するほどひどい。「首相お膝元」などと持て囃され、支持者が桜を見る会 […]
  • コロナ禍の敵前逃亡コロナ禍の敵前逃亡  コロナ禍がますます深まりを見せるなかで、安倍政府ときたら首相みずからが1カ月半以上も表舞台から雲隠れしてしまい、もっぱら対応は都道府県知事に […]
  • 長周新聞創刊65周年祝賀集会中止のお知らせ長周新聞創刊65周年祝賀集会中止のお知らせ    長周新聞は1955(昭和30)年4月に山口県下関市で創刊され、今年で65年を迎えました。当初、この春に創刊65周年記念祝 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。