いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

「1週間でリバウンド」

 3月21日に一都三県の緊急事態宣言が解除されたと思ったら、1週間も経たないうちに首都圏では再び感染拡大の趨勢が強まり、「第四波の到来」とか「リバウンド」などと騒いでいる。感染力の強い変異株も各地で見つかり始め、これまでとは様相も異なってきそうな気配である。

 

 それにしても1週間でリバウンドって、それはダイエットに例えても一番ダメダメで情けない類いの話ではないか。実は脂肪など減っておらず、実体としては何も変わっていないのに、ただ水分量の変化で2~3㌔㌘程度「減った」のに一喜一憂しているだけなのと似ている。実質的には何もしていない中途半端なダイエットの典型といおうか、その場合、太りやすく痩せにくい体質は何ら変わっていないのだ。

 

 経年劣化で誰しも30代過ぎれば年間1%ずつ筋肉は落ち始めるという。何もしなければ40代になると10%、50代になると20%というように、あれよあれよと筋肉量は本人の想像以上に落ちていき、その分若いときと比べて基礎代謝量が落ちていくため、それまでと同じように食事をしていたら当然にも太る。だから最近では、筋トレに励んで筋肉量を増量させ、基礎代謝量を上げることで、太りにくく痩せやすい身体へと改善させる筋トレダイエットなんてものが流行っている。バルクアップや引き締めることによって、強靱な肉体を獲得することが健康にとってもよいというのである。

 

 当編集部の男性記者たちのなかでも、近年は筋トレにがっつりと嵌まっていることもあってか、「1週間でリバウンド」なんて事態を目前にしてしまうと、もう我が事のように情けなくなって、「追い込みが足りん!」などと思ってしまう。実質的には何の追い込みも防疫対策も施していないくせに、目先の数値が少し変動したのを受けて「リバウンド」なんて大騒ぎしているのを見ると、ちゃんちゃらおかしいように思えてしまうのである。努力もせずになにがリバウンドかと--。徹底的にPCR検査を実施してコロナを囲い込み、隔離、治療をしているならまだしも、お願い(祈祷)ベースで放置するにまかせている者、つまり何もやっていない怠け者が「宣言」→「解除」を弄ぶだけで「リバウンド」に慌てているのだとしたら、笑止千万だろう。それはもう、トレーニーたちに言わせると、パワーベルト貸してやるからスクワットなりデッドリフトしてこい! と思うレベルなのである。

 

 ところでダイエットと筋トレから話を引き戻して、今回のコロナ感染の「リバウンド」を真面目に考えてみると、無症状の感染者を野放しにして検査をまともにやっていない(むしろ検査数は減っている)以上、「感染者数」をいくら毎日発表しても実体はつかみきれていないし、そもそも比較する前提となる数字があてにならないという問題もはらんでいる。それは、不真面目なダイエッターが毎日風呂場で恐る恐る体重計に乗り、その数値に喜んだり悲しんだりしているのだけど、実はたいして努力もしていないし、乗っている体重計も壊れていてポンコツだった、みたいな話でもあるように思う。「リバウンド」も何も、やってます感だけでは何も変わらないし、しかも計測が正確でないという意味において、何らあてにならないのだ。こんなことで変異株にどう対処するのだろうかと心配でならない。

 

 テレビでキャスターが「マンボー、マンボー」といい始めたので何の事かと思っていたら、緊急事態宣言の地域バージョンこと「まん延防止等重点措置」の略だそうで、そのふざけた響きに唖然とするよりはイラッとする昨今である。そうして果てしもなくコロナ禍が続き、PCR検査を拡充するでもなく、ノックダウンされるまでノーガードといった政府の無能っぷりに、多くの人が苛立っているのだと思う。弱った細胞をリカバリーするための栄養補給、すなわちコロナ禍で困窮した国民一人一人への十分な補償と同時に、リバウンドしないための努力、つまりまともな防疫対策がこの国には必要だ。今時はダイエットですら科学的なのに、非科学的なコロナ対応の末にリバウンド騒ぎをしているなど、本当にどうかしている。このコロナ禍はいったい何回リバウンドすれば気がすむのだろうか。 武蔵坊五郎

関連する記事

  • 狙撃兵 「1億総活躍社会」って何だ?  安保法案の強行採決に批判世論が冷めやらぬなか、安倍政府が唐突に“新3本の矢”なる政策を持ち出して人気とりに励んでいる。内閣支持率が下降線をた […]
  • 目隠しチャンバラからの卒業目隠しチャンバラからの卒業  広島県が4月1日より、全国に先立って全県民・県内就業者向けの無料PCR検査の実施に踏み出した。菅政府による横やりも入りながら、それでも広島県 […]
  • 「おい林芳正、トラさんが怒るぞ!」「おい林芳正、トラさんが怒るぞ!」  萩市長選で林芳正が推した現職・藤道健二が落選したのを受けて、山口県内の政治にかかわっている人々のなかでは3区鞍替えをめぐる微妙な空気が流れて […]
  • 衆院山口3区“林芳正の乱”に暗雲か衆院山口3区“林芳正の乱”に暗雲か  衆院山口3区をめぐる代理戦争と化した萩市長選は、河村建夫元官房長官の実弟・田中文夫の1万3399票に対し、3区横取りを画策する林芳正が支援し […]
  • 日本政府の祈祷スタイル日本政府の祈祷スタイル  21日に一都三県の緊急事態宣言も解除となり、「新たな闘い」などといわれているが、新たも何も、これまで日本政府としては新型コロナウイルスと闘っ […]

この記事へのコメント

  1. 正義の味方 says:

    全くその通り。政府は何もせず、飲食店を悪者にして自粛強要しているが、全く見当違い。飲食店が悪いのではなく、感染者を野放しにしている政府の無策が感染拡大の原因。徹底的PCR検査の実施で感染者を隔離すべき。台湾はこの手法で見事に押さえ込んでいる。それどころか、すきあらばGotoなんていう感染拡大策を狙っている。正しく政府はコロナの味方という日本はとんでもないダメな国になってしまった。

  2. 記事の通りです。同感です。
    対策について日頃から科学的根拠があるのか?と疑念を持っていました。

    このままでは、日本は5年後も10年後も、コロナ、コロナと騒ぎつづけ、
    海外ではコロナが封じ込められる中、世界で唯一日本が感染国!!として
    逆鎖国の状態に陥っているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。