いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

森喜朗がぶっ壊す東京五輪

 「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」発言が問題視された83歳の森喜朗が謝罪会見をするというから中継を見てみたら、例の如くまるで謝罪などするつもりがなく、1ミリも反省していないどころか、むしろ開き直って「おもしろおかしくしたいから聞いてるんだろ?」と記者に逆ギレしたり、横柄な態度ばかりが目についてどうしようもないものだった。あそこまで開き直って「謝罪会見」を「逆切れ会見」にしてしまっては、見ていて笑うしかないではないか。大阪を「痰壺」呼ばわりした20~30年前から何も変わっておらず、その姿は「腐っても鯛」ならぬ、「年老いても森喜朗」なのだった。あれは謝罪会見ではなく、まぎれもない逆ギレ会見である。従ってニュースで扱う場合「謝罪し撤回」という見出しは事実に反し、「反省もなく逆ギレ」と扱う方が正確である。当人には何も改める気などないのである。


 しかしまぁ、東京五輪大会組織委員会の会長という立場もあって、世界的にも女性蔑視発言として報道されるなかで慌てて会見したくせに、むしろ「火に油を注ぐ」どころか「火にガソリンを注ぐ」ような真似をしてさらに炎上させているのだから、手の付けられない83歳たるや、ある意味で清々しいほど正直ではある。恐らく周囲に促されて会見したのだろうが、自民党でも最大派閥・清和会の長老に物申す者などいないという環境そのままに出てきて、記者風情が何を言うかといわんばかりの振る舞いなのである。今や誰も森喜朗に忠告する存在がおらず、あれが菅義偉よりも安倍晋三よりも先輩格にあたる自民党のトップというのであろう。


 それにしても、コロナ感染は世界的に収まる気配がなく、とても五輪など開催できる状況ではないだろうに、この国の為政者はいつまで「今年開催」にこだわるつもりなのだろうか。


 「福島は完全にコントロールされている」の大嘘から始まり、復興をダシにして散々騒動してきたが、コロナ禍まできて結局のところ呪われた東京五輪のようになってしまい、バチが当たったんじゃなかろうか、とも思う。平和の祭典がとても平和な状況で開ける様子でもなく、終いには大会組織委員会トップがオリンピック憲章などどこ吹く風で女性蔑視の思想を丸出しにした発言をして世界中を驚かせ、なんだか全てをぶっ壊しにきているような光景でもある。こうしてウケ狙いの安倍マリオとか、女性蔑視開き直りの森喜朗とか、見たくないものを見せられる五輪などまっぴらゴメンである。彼らの政治的レガシー(遺産)のために五輪があるわけではないのだ。

 

武蔵坊五郎     

関連する記事

  • 消費税の実質税率は上がっている消費税の実質税率は上がっている  岸田政府がコロナ禍や急激な円安に伴った物価高騰に対する国民生活への緊急支援として、総額29兆円の総合経済対策に乗り出すと大風呂敷を広げている […]
  • 右から左へ聞き流す力右から左へ聞き流す力  岸田文雄を見ていると、ムーディ勝山の『右から来たものを左へ受け流すの歌』を見せられているような気分になって仕方がない。目を潤ませ哀愁を漂わせ […]
  • 山際一人で誤魔化すな山際一人で誤魔化すな  国会で統一教会との関係について質問が集中していた山際経済再生担当大臣が24日、唐突に辞任を表明し、岸田首相による実質的な更迭だったことが報じ […]
  • 安倍事務所終了のお知らせ安倍事務所終了のお知らせ  下関市東大和町にあった安倍事務所が12月を持ってすべての荷物の整理を終えて看板を下ろし、後援会も県民葬が終わった後に解散になるとかで、職を失 […]
  • 「安倍晋三万歳(マンセー)」の異様「安倍晋三万歳(マンセー)」の異様  世論の6割近くが反対しているなかで、27日に安倍晋三の国葬が実施された。会場となった武道館周辺は2万人もの警察官を動員して厳重な警備体制が敷 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。