いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

森喜朗がぶっ壊す東京五輪

 「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」発言が問題視された83歳の森喜朗が謝罪会見をするというから中継を見てみたら、例の如くまるで謝罪などするつもりがなく、1ミリも反省していないどころか、むしろ開き直って「おもしろおかしくしたいから聞いてるんだろ?」と記者に逆ギレしたり、横柄な態度ばかりが目についてどうしようもないものだった。あそこまで開き直って「謝罪会見」を「逆切れ会見」にしてしまっては、見ていて笑うしかないではないか。大阪を「痰壺」呼ばわりした20~30年前から何も変わっておらず、その姿は「腐っても鯛」ならぬ、「年老いても森喜朗」なのだった。あれは謝罪会見ではなく、まぎれもない逆ギレ会見である。従ってニュースで扱う場合「謝罪し撤回」という見出しは事実に反し、「反省もなく逆ギレ」と扱う方が正確である。当人には何も改める気などないのである。


 しかしまぁ、東京五輪大会組織委員会の会長という立場もあって、世界的にも女性蔑視発言として報道されるなかで慌てて会見したくせに、むしろ「火に油を注ぐ」どころか「火にガソリンを注ぐ」ような真似をしてさらに炎上させているのだから、手の付けられない83歳たるや、ある意味で清々しいほど正直ではある。恐らく周囲に促されて会見したのだろうが、自民党でも最大派閥・清和会の長老に物申す者などいないという環境そのままに出てきて、記者風情が何を言うかといわんばかりの振る舞いなのである。今や誰も森喜朗に忠告する存在がおらず、あれが菅義偉よりも安倍晋三よりも先輩格にあたる自民党のトップというのであろう。


 それにしても、コロナ感染は世界的に収まる気配がなく、とても五輪など開催できる状況ではないだろうに、この国の為政者はいつまで「今年開催」にこだわるつもりなのだろうか。


 「福島は完全にコントロールされている」の大嘘から始まり、復興をダシにして散々騒動してきたが、コロナ禍まできて結局のところ呪われた東京五輪のようになってしまい、バチが当たったんじゃなかろうか、とも思う。平和の祭典がとても平和な状況で開ける様子でもなく、終いには大会組織委員会トップがオリンピック憲章などどこ吹く風で女性蔑視の思想を丸出しにした発言をして世界中を驚かせ、なんだか全てをぶっ壊しにきているような光景でもある。こうしてウケ狙いの安倍マリオとか、女性蔑視開き直りの森喜朗とか、見たくないものを見せられる五輪などまっぴらゴメンである。彼らの政治的レガシー(遺産)のために五輪があるわけではないのだ。

 

武蔵坊五郎     

関連する記事

  • タダ酒、タダ飯に御用心タダ酒、タダ飯に御用心  駆け出しの頃、「タダ酒、タダ飯には気をつけろ(警戒しろ)!」が先輩記者からの教えで、取材先の知人や他社の記者たちと飲食に行くにしても必ず折半 […]
  • 何事も本気が好き何事も本気が好き  「性根の腐った奴らをガチで言論でしばきにいく」――。山本太郎の参院東京選挙区への出馬会見をネット越しに見ながら、その理由についてもおおいに納 […]
  • エントリー料だけで300万円エントリー料だけで300万円  国政選挙には誰でも出馬がかなうわけではなく、エントリーするためには選挙区で300万円、比例なら600万円もの供託金が必要になる。一定程度の基 […]
  • 罪作りな振り込みミス罪作りな振り込みミス  山口県阿武町が新型コロナウイルスと関わった臨時特別給付金・463世帯分(4630万円)を誤って一人の男性住民に振り込んだ問題で、阿武町は12 […]
  • 消費税20%みたいな世界消費税20%みたいな世界  円安や世界的な食料争奪の激化、コロナ禍を原因とした物流の停滞などと相まって、日常生活を見渡すとなにもかもが値上げラッシュに見舞われている。こ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。