いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

狙撃兵 「土人」扱いされながら…

 大阪府警の機動隊員が沖縄県高江の米軍ヘリパッド建設に反対する沖縄県民に向かって「触るなクソ、どこつかんどんじゃボケ、土人が!」「黙れこら、シナ人!」と叫んでいた問題は、警備に動員された末端の機動隊員が基地建設に反発する沖縄県民だけでなく、そもそも「土人」や中国人を侮蔑しきっている事、権力機構に巣くっている支配者意識がそのように末端にまで浸透していることを赤裸裸に暴露した。「土人」や中国人を自分たちよりも劣る人種と見下しながら、一方で頭の上がらない米軍のために日本の警察機構が犬馬の労をとってヘリパッド建設を守っている。そんなオマエたちはいったい何人なのか? と思わせている。「上見て暮らすな下見て暮らせ」の世界そのものなのである。
 かつて「チャンコロ」とか「シナ」などと蔑んで中国大陸に攻め込み、叩き出されたのが日本帝国主義の為政者どもだった。同時に、その日本に原爆を投げつけ、全国を空襲で火の海にしたり、赤紙で引っ張られた若者たちを南方の島島で殺戮し尽くしたのが米軍だった。「イエローモンキー」(黄色い小猿)と侮蔑し、「シラミ駆除」「黄色い害虫を駆除せよ」などといって硫黄島や沖縄戦で住民や兵士を火炎放射器で焼き払ったり、まさに「土人」や虫けら扱いをして殺していった。太平洋戦争の最中には、アメリカの店頭に“ジャップ狩り解禁”の貼り紙がされ、日系アメリカ人の強制収容の最中には“ジャップ狩猟免許証”が配られたこと、戦場では海兵隊員が競い合って日本兵の死体の耳を削いだり、頭蓋骨を記念として収集する行為が流行したことなどは、アメリカの歴史学者ジョン・ダワーの著『忘却のしかた、記憶のしかた』に生生しく綴られている。
 単独占領から70年以上が経過したもとで、さらに新規の基地を建設して100年以上居座ろうとしているのが米軍である。このアメリカには「土人」扱いされても卑屈で、その他の民族を侮蔑することで心を満たしている思考こそが、対米従属の鎖につながれた為政者どもの鬱屈した世界観であり、戦後レジームであろう。そんな権力機構の一角を為す警察が、犯罪米兵に対して「触るなクソ、どこつかんどんじゃボケ、土人が!」「黙れこら、アメリカ人」と叫んでいるような姿を日本国民は一度も見たことがない。                 武蔵坊五郎

関連する記事

  • 狙撃兵 法的瑕疵は中心問題か?  沖縄県の翁長知事が名護市辺野古沖の埋め立て承認取り消しを表明し、手続きに入ったことを明らかにした。昨年末の知事選から1年近くを経て、ようやく […]
  • 狙撃兵 屈服する必要などない判決  辺野古への米軍基地建設を巡って、埋立承認を取り消した翁長知事が処分を撤回しないのは違法だとして国が沖縄県を訴えた裁判で福岡高裁那覇支部が全面 […]
  • 狙撃兵 「不時着」と「墜落」と「堕落」  朝起きてテレビをつけると、NHKのアナウンサーが「オスプレイ不時着」を伝えていた。ところが次の瞬間目に飛び込んできた映像は、海岸の浅瀬に沈み […]
  • 狙撃兵 二度と返ってこない20歳の命  どうして散歩していただけで殺されなければならないのか。何の罪もない女性が狂った性欲のはけ口にされた挙げ句、ナイフで刺し殺され、ゴミのようにト […]
  • 狙撃兵 再選挙の背景に見える事  米空母艦載機の発着訓練の移転先として挙がっている馬毛島を抱える鹿児島県西之表市の市長選が1月29日に投開票を迎え、6人の候補者が誰一人として […]
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。