いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

君の名は…

 近所の公園に1匹のメス猫が住み着いている。ベンチに人間が座っていると、およそ7~8㌔㌘はありそうな豊満な身体をゆっさゆっさと揺らしながら木木のなかから姿をあらわし、こちらの様子をうかがいながら絶妙な距離感でゴロンと寝そべっている。「おいで」と声をかけるとのっそのっそと寄ってきて、やはりゴロンッと寝っ転がって腹を出す。まるで「さすれ」といわんばかりだ。野良猫なのに人慣れしすぎだろうに。

 

 公園のそばに住んでおられる高齢のご婦人曰く、名前は「みーちゃん」というらしい。飼い猫ではないが毎日エサを与え、ブラッシングもしているのだという。どうりで毛並みも艶艶だ。飼い猫ではないが、保健所に連れて行かれないようにと首輪だってつけている。そうして半分飼い猫、半分野良猫という自由きままなポジションで、誰にも飼い慣らされることなく(逆にみんなに飼い慣らされてる?)公園で暮らしているようなのだ。

 

 そんなみーちゃんにたいして、別の日に公園で出くわした近所のお爺さんは、「おい、トラっ!」と声をかけていた。恐らくキジトラの柄だから「トラ」と名付けたのだろう。お爺さんは「こいつが食いっぱぐれたらいけないから」といいながら、みーちゃんことトラを撫でながらせっせと煮干しを与えている。一日に何食食べているのかわからないが、そうしてエサを与えてくれる人たちの無償の愛に甘えながら、あの豊満なボディは仕上がっていったのだろう。

 

 別の日にも、そしてまた別の日にも、ベンチに腰掛けたサラリーマンやOL、道路工事のお昼休憩で弁当を食べているお兄さんたちなど、幾人もの人にお裾分けをもらって腹をさすらせている姿を見かけた。誰の飼い猫でもないが、みんなが飼っている猫。既に小さな公園の主みたいに存在感を放っている。わんぱくな子どもたちが追いかけようものなら、前述のご婦人が家から出てきて「みーちゃんをいじめないでね。優しい子になってね」と子どもたちを優しく諭している。「優しい子になってね」のお願いは、まるでトイレによく貼ってある「いつも綺麗に使っていただき、ありがとうございます」と似た先制効果をもたらすようで、子どもたちも「みーちゃんを追いかけない優しい僕たち」になるから不思議なものだ。

 

 こうして猫一匹をみんなして慈しんでいたりする光景が、師走の忙(せわ)しさの中で、なんだかほほえましいように思えた。    吉田充春

関連する記事

  • 「今までにない発想」の弊害「今までにない発想」の弊害  ここまでくると、本当にこの国のトップは危機管理能力のない連中揃いなんだろうか…と笑えないものがある。アカデミックな人々のなかで小綺麗に「反知 […]
  • いつまで続くのだろうか…いつまで続くのだろうか…  新型コロナパニックによって年度末の街中は散々な様相を呈している。飲食店や飲み屋街は閑古鳥が鳴き、そうした小売店や学校給食などの仕入れが減るた […]
  • 力量問われる社会の指導層 力量問われる社会の指導層   新型コロナウイルスによって世界各国で外出規制や入国禁止措置がとられるなどパニックが拡大している。高齢化や医療体制の脆さが追いうちをかけたイタ […]
  • アベノミクスの末路とは…アベノミクスの末路とは…  新型コロナパニックの伝播なのか、3月9日のニューヨーク株式市場ではダウ工業株平均が史上最大の2013㌦安となり、取引が一時停止に追い込まれる […]
  • 検査不要論の不思議検査不要論の不思議  パンデミック宣言が出た新型コロナウイルスを巡って、WHOが語気を強めて「積極的な検査」の実施を呼びかけ、米国も含む各国が検査体制を強化してい […]

この記事へのコメント

  1. ちびめろ says:

    いいお話でした。うれしいにゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。