峠三吉の詩 ー原子雲の下よりすべての声は訴えるー

058 絵 助ける人もなく座ったまま 

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。