いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

狙撃兵 年金返せ!

 朝起きてニュースでニューヨーク・ダウの暴落が伝えられた日は必ず日経平均株価が暴落する――くらいは日頃から株などに縁遠い者でもわかるほど、この何年間か同じようなことがくり返されてきた。今度は「世界の工場」といわれてきた中国経済の成長鈍化や、原油安に伴って中東のオイルマネーが引き上げられること、アメリカ経済も芳しくないことなどを理由に世界同時株安が起き、欧米、アジア、中東など世界中が連鎖していっきに信用収縮が進んでいる。


 ITバブルがはじけたのが2000年、その後のサブプライムローンがはじけてリーマン・ショックが起きたのが2008年。その度に次なるバブルをひねり出して、さらに金融派生資本が焼け太りして投機をくり広げてきたが、おかげで今回襲ってくるであろう金融メルトダウンは、これまで見たこともないような巨大なものになるという声がしきりだ。いったいどんな事態が待ち受けているのか、私たちが生きているこの世界はどうなっていくのかと思わせている。


 ただ株など持っていない者にとっては実感がないためか、こうしたハラハラやドキドキからは基本的に蚊帳の外である。むしろ金融投機に浮かれてきた財界や銀行、セレブとか「勝ち組」気取りをしてきた人種が青ざめるのだろう…とどこか冷めている。失う株がない、失う財産がない側は、もともと何もないから悲しみようがないのだ。株価が下がったところで悔しいとも思わないし、悲しいとも思わない。残念とも思わない。一つだけ思うのは、「おい、安倍晋三! 年金返せ!」だけである。目下、GPIF(年金基金)が市場に突っ込んできた何兆円ものカネが溶け出しているという。この落とし前をつけることなく「腹が痛い」で逃がすわけにはいかないと思う。                                        武蔵坊五郎

関連する記事

  • 「できちゃった」を祝福せよと迫られても…「できちゃった」を祝福せよと迫られても…  小泉進次郎・38歳と滝川クリステル・41歳の「できちゃった婚」についてまず思うことは、特に「おめでとう」とも思わないが「けしからん」とも思わ […]
  • 「イカサマ野党」の烙印「イカサマ野党」の烙印  「今日は、こども食堂で一緒にカレーを食べました。夏休みで給食が休みになった子どもたちにとっては、子ども食堂は、なくてはならない存在。関係者の […]
  • 日韓貿易摩擦の深層にあるもの日韓貿易摩擦の深層にあるもの  ここにきて日韓両政府はなぜもめ始めたのか? 目前で取り沙汰されているように徴用工問題への対応や貿易手続きを巡る細細な問題はあるにせよ、それは […]
  • 劇場型と黙殺型の二刀流 ~選挙におけるメディアのお作法について~劇場型と黙殺型の二刀流 ~選挙におけるメディアのお作法について~  大手メディアときたら、劇場型選挙を仕掛けるときはショスタコーヴィチの交響曲第5番(第4楽章)なんぞをBGMで流しながら、まるでプロレス中継の […]
  • 書ける理由と書けない理由書ける理由と書けない理由  「大手メディアがれいわ新選組の活躍を黙殺しているなかで、どうして山口県に拠点を置いている長周新聞は1面トップで自由に報道できるのか知りたい」 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。