いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

狙撃兵 年金返せ!

 朝起きてニュースでニューヨーク・ダウの暴落が伝えられた日は必ず日経平均株価が暴落する――くらいは日頃から株などに縁遠い者でもわかるほど、この何年間か同じようなことがくり返されてきた。今度は「世界の工場」といわれてきた中国経済の成長鈍化や、原油安に伴って中東のオイルマネーが引き上げられること、アメリカ経済も芳しくないことなどを理由に世界同時株安が起き、欧米、アジア、中東など世界中が連鎖していっきに信用収縮が進んでいる。


 ITバブルがはじけたのが2000年、その後のサブプライムローンがはじけてリーマン・ショックが起きたのが2008年。その度に次なるバブルをひねり出して、さらに金融派生資本が焼け太りして投機をくり広げてきたが、おかげで今回襲ってくるであろう金融メルトダウンは、これまで見たこともないような巨大なものになるという声がしきりだ。いったいどんな事態が待ち受けているのか、私たちが生きているこの世界はどうなっていくのかと思わせている。


 ただ株など持っていない者にとっては実感がないためか、こうしたハラハラやドキドキからは基本的に蚊帳の外である。むしろ金融投機に浮かれてきた財界や銀行、セレブとか「勝ち組」気取りをしてきた人種が青ざめるのだろう…とどこか冷めている。失う株がない、失う財産がない側は、もともと何もないから悲しみようがないのだ。株価が下がったところで悔しいとも思わないし、悲しいとも思わない。残念とも思わない。一つだけ思うのは、「おい、安倍晋三! 年金返せ!」だけである。目下、GPIF(年金基金)が市場に突っ込んできた何兆円ものカネが溶け出しているという。この落とし前をつけることなく「腹が痛い」で逃がすわけにはいかないと思う。                                        武蔵坊五郎

関連する記事

  • 7万人が仮設住宅で暮らす国7万人が仮設住宅で暮らす国  4月14日、熊本地震から2年を迎えた。仮設住宅で暮らしている避難民がいまだに3万8000人おり、現地では住宅をつくろうにも業者不足が深刻で手 […]
  • 「一流の属国」の先進国偽装「一流の属国」の先進国偽装  安倍晋三は再登板にあたって、アメリカのシンクタンクCSISでリチャード・アーミテージやジョセフ・ナイに向かって「私は戻ってきた!」「日本は二 […]
  • 無理がある土地取引の正当化無理がある土地取引の正当化  「それはいくらなんでも、それはいくらなんでも、ご容赦ください」の太田理財局長が9日、森友学園への国有地払い下げに伴う8億円値引きの根拠となっ […]
  • 揺らいでいるあべこべのMIX揺らいでいるあべこべのMIX  トランプショックを受けた23日(金曜日)の日経平均株価はNYダウに引きずられて974円も暴落し、金融市場では空売りの嵐が吹き荒れた。ブラック […]
  • すべてが頭越し みんなが頭越しすべてが頭越し みんなが頭越し  電撃的だった米朝会談実現の発表に続いて、今度は北朝鮮労働党委員長の金正恩が中国を訪れ、国家主席の習近平と会談して驚かせた。さらに、4月には非 […]
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。