いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

狙撃兵 年金返せ!

 朝起きてニュースでニューヨーク・ダウの暴落が伝えられた日は必ず日経平均株価が暴落する――くらいは日頃から株などに縁遠い者でもわかるほど、この何年間か同じようなことがくり返されてきた。今度は「世界の工場」といわれてきた中国経済の成長鈍化や、原油安に伴って中東のオイルマネーが引き上げられること、アメリカ経済も芳しくないことなどを理由に世界同時株安が起き、欧米、アジア、中東など世界中が連鎖していっきに信用収縮が進んでいる。


 ITバブルがはじけたのが2000年、その後のサブプライムローンがはじけてリーマン・ショックが起きたのが2008年。その度に次なるバブルをひねり出して、さらに金融派生資本が焼け太りして投機をくり広げてきたが、おかげで今回襲ってくるであろう金融メルトダウンは、これまで見たこともないような巨大なものになるという声がしきりだ。いったいどんな事態が待ち受けているのか、私たちが生きているこの世界はどうなっていくのかと思わせている。


 ただ株など持っていない者にとっては実感がないためか、こうしたハラハラやドキドキからは基本的に蚊帳の外である。むしろ金融投機に浮かれてきた財界や銀行、セレブとか「勝ち組」気取りをしてきた人種が青ざめるのだろう…とどこか冷めている。失う株がない、失う財産がない側は、もともと何もないから悲しみようがないのだ。株価が下がったところで悔しいとも思わないし、悲しいとも思わない。残念とも思わない。一つだけ思うのは、「おい、安倍晋三! 年金返せ!」だけである。目下、GPIF(年金基金)が市場に突っ込んできた何兆円ものカネが溶け出しているという。この落とし前をつけることなく「腹が痛い」で逃がすわけにはいかないと思う。                                        武蔵坊五郎

関連する記事

  • 次男坊に依存する長男次男坊に依存する長男  米朝会談は70年近く戦争状態にあった米国と北朝鮮のトップが直接会って共同声明を発表し、非核化と体制保障に向けて新たな段階に進むことをアピール […]
  • 安倍事務所への過剰な忖度安倍事務所への過剰な忖度  もう随分前のこと、文科省事務次官だった前川喜平が下関市民会館に講演に来るというので、とりくみに協力した者は多かった。首相お膝元に乗り込んで来 […]
  • 「蚊帳の外」の意味「蚊帳の外」の意味  蚊帳の起源をたどると古代エジプトでも使用されていたそうで、デング熱やマラリアと格闘する亜熱帯地方の国国をはじめ、全世界で利用されてきた長い歴 […]
  • 潔さなきタックルとその後潔さなきタックルとその後  ひどいタックルをかまして物議を醸している日大アメフト部の学生は、その後「監督の指示だった…」と周囲に漏らしているのだという。一方で、試合前に […]
  • 非を詫びたタックル選手非を詫びたタックル選手  日大のタックル選手は二十歳にして公衆の面前に出てきて、しっかりと非を詫びた。相手選手や関西学院大学のチームに対しては当然だろうが、それを公開 […]
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。