いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

狙撃兵 年金返せ!

 朝起きてニュースでニューヨーク・ダウの暴落が伝えられた日は必ず日経平均株価が暴落する――くらいは日頃から株などに縁遠い者でもわかるほど、この何年間か同じようなことがくり返されてきた。今度は「世界の工場」といわれてきた中国経済の成長鈍化や、原油安に伴って中東のオイルマネーが引き上げられること、アメリカ経済も芳しくないことなどを理由に世界同時株安が起き、欧米、アジア、中東など世界中が連鎖していっきに信用収縮が進んでいる。


 ITバブルがはじけたのが2000年、その後のサブプライムローンがはじけてリーマン・ショックが起きたのが2008年。その度に次なるバブルをひねり出して、さらに金融派生資本が焼け太りして投機をくり広げてきたが、おかげで今回襲ってくるであろう金融メルトダウンは、これまで見たこともないような巨大なものになるという声がしきりだ。いったいどんな事態が待ち受けているのか、私たちが生きているこの世界はどうなっていくのかと思わせている。


 ただ株など持っていない者にとっては実感がないためか、こうしたハラハラやドキドキからは基本的に蚊帳の外である。むしろ金融投機に浮かれてきた財界や銀行、セレブとか「勝ち組」気取りをしてきた人種が青ざめるのだろう…とどこか冷めている。失う株がない、失う財産がない側は、もともと何もないから悲しみようがないのだ。株価が下がったところで悔しいとも思わないし、悲しいとも思わない。残念とも思わない。一つだけ思うのは、「おい、安倍晋三! 年金返せ!」だけである。目下、GPIF(年金基金)が市場に突っ込んできた何兆円ものカネが溶け出しているという。この落とし前をつけることなく「腹が痛い」で逃がすわけにはいかないと思う。                                        武蔵坊五郎

関連する記事

  • 尻ぬぐい選びに口を出す放り投げ尻ぬぐい選びに口を出す放り投げ  誰がなっても同じなのに、来る総選挙の「顔」を巡ってにわかに自民党が総裁選の前哨戦をくり広げ、メディアも大騒ぎしている。コロナ禍で政権を放り投 […]
  • 河村たかしの噛み癖河村たかしの噛み癖  他人の金メダルを本人の了解もないのに、なんのためらいもなく噛む――。衝撃の光景をニュースで見て、デリカシーのなさに唖然呆然とし、汚れたものを […]
  • 「日本モデル」ならず「日本モデル」ならず  アフガン戦争の終結は、いかなる民族であれ屈服しなければ大国の侵略支配など成し遂げられないことを証明した。第二次大戦からこの方、朝鮮戦争、ベト […]
  • デルタの猛威デルタの猛威  デルタ株の感染力の強さを証明するかのように、首都圏をはじめとした都市部はこれまでと比較にならないほど感染爆発の局面を迎えている。日々伝えられ […]
  • 足りないならなぜ増やさないのか足りないならなぜ増やさないのか  東京が医療崩壊を迎えているなかで、病床に余裕を持たせるためとして菅政府がコロナ感染患者について「重症患者や重症化リスクが高い人以外は原則、自 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。