いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

それを言ってはおしまいの老後2000万円問題

 金融庁が発表した老後に2000万円貯蓄して備えよとの報告書が物議を醸している。財源を預かってきた国の責務はどこかに忘れ去り「もうじき年金財政が破綻するから、自助努力で生きていきなさい」というのである。何十年と集めるだけ集めておいて、いざ老後を迎えると放り出される。これは国家的詐欺といわなければならない。戦後からこの方、財政投融資等等で散財した後、近年ではGPIF(年金資金)を通じて株式市場に突っ込み、わずか3カ月で15兆円もの赤字(外資ファンドに弄ばれた)を出したり、デタラメの限りを尽くしてきた。そうした運用側の責任は無罪放免にしたうえでの「財源がありません」宣言であり、ふざけるのもいい加減にしろと思う。老後の面倒を見ないのであれば年金制度は廃止し、社会保険事務所による過酷な取り立てもやめなければならない。同時にこれまで集めてきた資金は全額国民に返さなければならない。年金制度の建前を投げ出す以上、国民としても支払いの義務を負う筋合いはなくなる。

 

 今回の報告書には、NISA(少額投資非課税制度)など金融市場に誘導していきたい金融庁の意図が含まれているのだという。しかし、いかなる意図があろうと、その行為は政府が年金財政を管理運用する能力を持ち合わせていないとみずから暴露し、年金制度の解体宣言をしているようなものである。「年金をあてにしても無駄ですよ」→「支払っても無駄ですよ」と開き直られると、もらえない者としては「では、なぜ支払わないといけないのか?」を当然考える。“100年安心”というから曲がりなりにも信用して支払っているのに、「安心じゃないよ」といわれて、支払う意味、支払ってきた意味を考えない者などいない。

 

 それにしても、貯蓄ゼロ世帯(100万円以下)が2~3割ともいわれるなかで、麻生太郎なり金融庁の官僚たちは2000万円もの金額を蓄えられる国民がどれほどいると思っているのだろうか。この「老後2000万円」報告は、まず現実からの乖離が甚だしいことに特徴がある。月収にして30万円未満の労働者が全体の6割を占め、30~50万円未満が3割、50万円以上は1割もいないのが現実である。もっとも多いのが16~28万円未満の層だ。そして、現在でも貯蓄が2000万円ある層は全人口の1割にも満たない。還暦過ぎた世代のおよそ7割が貯蓄2000万円以下である。つまり、自助努力に委ねられた場合は半数以上の国民が大変な思いをしなければならないことになる。「老後に2000万円」を持ち合わせていない人人は生活保護として国が抱えることにもなりかねない。高齢者の生活保護受給者が現状でも大半を占めているが、その割合がさらに増し、国家財政でまかなうことになるのだ。貧困社会の反動は結局のところブーメランとなって国家に跳ね返る。そこにあるのは、みなが豊かに稼いで豊かに生きていける社会ではなく、超少子高齢化社会で大勢が介護や老後の生活苦に喘ぎ、社会不安や憎悪の渦巻く衰退国家としての未来像である。誰しもが明るい未来や晩年の安定を思い描きたいが、2000万円の貯蓄などできる訳もなく、満たされた2~3割未満に対して満たされない8~9割超が共生する社会が到来することになる。

 

 子どもを産み育てることができず、社会全体の年齢構成も高齢層が圧倒的多数を占め、今になっててんやわんやの大騒動をくり広げている。国家100年の計なり遠い将来を見据えた社会運営ができていないこと、財界が目先の利潤に汲汲として搾取をやりまくり、政治が国民のために機能しないことに年金財政破綻の根本問題がある。国民の老後のためではなく、その資金を別目的に使い果たしてきた者がいることを忘れてはならないと思う。吉田充春

関連する記事

  • 恐れていたコロナ禍の集中豪雨恐れていたコロナ禍の集中豪雨  恐れていたことがまたしても起こった――。集中豪雨による大規模な土砂崩れや球磨川(くまがわ)の氾濫によって、八代市、人吉市、球磨村や芦北町をは […]
  • 東京都知事選 大手メディアはステイホーム 東京都知事選 大手メディアはステイホーム   東京都知事選は前回あれほど小池劇場を煽っていたのとは打って変わって、今度は逆にメディアが見事なまでの黙殺を貫いている。視聴率1%で100万人 […]
  • 配川筆頭秘書を取り調べたらどうか配川筆頭秘書を取り調べたらどうか  昨年の参院選広島選挙区の買収疑惑を巡って自民党の河井案里・克行夫妻が公選法違反容疑で逮捕された。94人に対して2500万円超をばらまいていた […]
  • バンクシーが描いたコロナ後の価値観バンクシーが描いたコロナ後の価値観  コロナ禍で多くの人々が外出自粛をよぎなくされているなかで、一方では外出せざるをえず社会の動脈を支えている人々がいる。食品スーパーで働く人々や […]
  • 黒川、アウト!黒川、アウト!  週刊文春に賭けマージャンをスクープされた黒川弘務東京高検検事長が、事実関係を認めて辞意を表明した。次期検事総長ポストを巡って、安倍政府が「余 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。なお、コメントは承認制です。