いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

いかなる権威にも屈することのない人民の言論機関

文字サイズ
文字を通常サイズにする文字を大きいサイズにする

猿とインテリ

著者:福田正義

発行:長周新聞社

B6判 175頁

価格:1,000円

福田正義・日中戦争前夜のコラム集。武士は食う/国策の乱立/ヨーロッパの宿命/オリンピック出し抜き合戦/猿とインテリ/生き甲斐の問題/下関測候所/他95編収録

猿とインテリ  (1936年8月11日門司新報掲載)

 熱心な訓練者の異常な努力によって、 動物仲間で1番頭脳の発達している類人猿が少しばかり人語を解するようになって、 白痴の頭脳と比較されることがある。 が所詮(しよせん)猿は猿で、 ついにいかなる努力にもかかわらず人類の最下等の頭脳にすらおよばないのである。 
 人類の社会生活が複雑化し、 非自然的な世紀末的現象を呈し倫理とかモラルとかいわれるものが混沌としてくると、 人類は改めて自分がいかに動物よりも優位であるかを証明して安心してみるのである。 
 まず第1に確かに人類の頭脳は優秀である、 人類には整然たる社会的モラルがある……と高らかに叫ぶ。 
 よろしい、 確かにその通りである。 
 そこで、 この優秀なる人類の頭脳も、 それが正当に使われなければ大して賞賛するには値しない事も同様である。 
 人智の限りをつくして人を殺す武器を生産したり、 人類のために築きなされた偉大なる文化の書を火で焼いたり、 優れた科学者、 哲学者、 芸術家、 社会運動家を虐殺したりあるいは国外に追放し、 または獄内に閉じ込めたり、 あるいは非文明国に近代的な武器をもっておびただしい殺戮(りく)をあえてしたり等々々まことにもって動物以下ではないか。 
 今日は言いたいことが言えない時代である。 と同時にもちろんしたいことができない時代である。-胸に手をおいてそれをよく考えてみて、 なおかつ今日の言いたいことが言えないこと、 したいことができない時代をもって、 社会的倫理に出発したものといい、 人類の誇り得るモラルの現れといえるか?
 言いたいことが言えないのはインテリの悲劇である。 ある過渡期においては 「首は斬(き)られてもいいから頭だけは残しておいて欲しい」 とインテリは叫んだ。 ところが今日ではインテリの頭は砂の詰まった空骸のごときであり、 何のために生きているのか判別しがたくなり果ててしまったのである。 
 してみれば科学者の証明した人類の頭脳の優秀性もついに架空な抽象論でしかあり得ないのである。 
 そこで心のうさの捨てどころはいよいよ氾濫(はんらん)する。 
 科学者先生よ! インテリが悲嘆に暮れていますから、 時々お暇の節には、 人類と動物の頭脳の差を明らかにしてやって下さい。

 

手紙 ヒトラー様 (1936年12月5日門司新報掲載)

 たいへん寒くなりましたが、 あなたは四六時中、 大きい目玉をぐりぐりさせ、 手を振り上げて御奮闘のようでございますが、 定めし目からは涙がながれ、 手は霜やけで赤黒く腐った熟柿のようにはれあがっていることであろうと、 新聞であなたのお姿を拝見するごとに、 日夜ご推察申し上げている次第でございます。 
 あなたのような大英雄が治められているドイツ国民は、 たいへん幸せな国民であろうと信じていますが、 なにぶんにも日本におりましてはさっぱりわからないので残念に思っています。 日本国の官僚さんや脊髄(せきずい)が右の方へ少々歪(ゆが)んでいる人たちは、 あなたの勇敢な演説に涙を流して手を叩(たた)いているのも、 もっともなことと存じますが、 それにしてもわからない人間というものは仕方のないもので、 日本国の人民どもや、 インテリと称する知識階級などは、 どうした間違いからかあなたが猿に似ているの、 ナチスは文化の破壊者だのと、 まるで頭のないゴロツキのように申しております。 そしてドイツの人民は決してあなたを信頼などしていず、 あなたが無理押しに口を塞(ふさ)いでいるのだ、 などと考えていますが、 これは何かの間違いであろうと存じます。 あの盛大なオリンピックで、 ドイツ人民たちが 「ハイル ヒトラー」 「ハイル ヒトラー」 とあなたへの親愛の情をあふれさせているのを、 「サルニ ニトラー」 と言っているのかなど、 まことに言語道断なことを申したりします。 日独防共協定が結ばれて日本国にもナチス旗が売り出しの広告にまで使用されることになりましたが、 「あのマンジを反対にした葬式の旗はどこの旗か?」 などと申しますので、 「あれはヒトラー様主宰のナチス党旗でハーケンクロイツです」 と申しますと、 「ナニ剥(は)げん黒い尻(けつ)? それではヒトラーは瀬戸物屋の親分か」 など、 まったく学問のないものは仕方のないものでございます。 
 それにしても日本国の官僚さんは、 あなたを手本にして、 一生懸命で努力いたしていますからお喜び下さい。 もっとも今までのところでは何もかもみんな人民の反対をくらって、 例えば芸術統制なども、 文展はボロボロの醜態ぶりですし、 映画統制雑誌などもテンデ人民は読みませんので、 ホトホト困り果てている模様ですが、 いまに上手になることと思います。 人民が生活に困ることより国防の方が大切だと考えている点など、 日本国の官僚さんのイデオロギーは段々あなたに近づきつつありますし、 ことに公債政策など、 世界中の誰よりも日本国の官僚さんは、 あなたのおよびエチオピア 掠奪(りゃくだつ)の英雄ムソリーニ様のイデオロギーを手本とし勤勉これつとめている証拠でございますから、 以後もどうぞ可愛がってやってください。 ではこれで失礼いたします。 乱文で意に満たぬふしふしは何卒ご賢察のほど、 お願いいたします。  かしこ  大和撫子 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone